Btn appstore Btn googleplay
9784022517159

異常なほど娘に執着した母親。やがて彼女は薬物依存症に陥った。「いっそ死んでくれ」と願う娘と「産むんじゃなかった」と悔やむ母。母に隠されたコンプレックス、そ... 続き

コメント

図書館本。
薬物依存(この場合、鎮痛剤のオピオイド)に陥った母親との葛藤。
「寂しいネズミ」という章を読んで、思わず某元プロ野球選手の姿が浮かんでしまった。
家族や友人に依存者(薬物に限らず)がいる人は一度は読んでみるといいかなと思う。なにかの助けになるかもしれない。そうでない人も知識としてオススメできる一冊。

読者

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a0b0fe38f 579a 4952 bd4f 5d5737d9c1ae

文芸

アイネクライネナハトムジーク

アイネクライネナハトムジーク

5cef2405 2710 4cb7 89d6 a4e067fea66d

にんざぶろー

20代、基本文庫本

サブスクで映画を観たので懐かしくなって。 伊坂さんの作品では、織田一真のようなキャラがいつもいい味を出してくれる。一つネジが外れてるけど、とても良いやつ。 何でもない日常だけど、暖かみに溢れてる。

約5時間前

204
同志少女よ、敵を撃て

同志少女よ、敵を撃て

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

旧ソヴィエト連邦は、女性を戦地の最前線に送った国として知られてます。 第二次大戦中のソヴィエト連邦。ドイツ軍に家族を殺された少女が、志願して狙撃兵となる。 敵味方合わせて200万人が亡くなった、第二次大戦最大の激戦地スターリグラードでの攻防戦。 母の仇を追い求めるヒロインと、仲間たちとの絆。正義も善悪も曖昧に溶けていく戦場のカオス。最終章の怒涛の展開。最後にヒロインが撃った「敵」とは何だったのか。 年間ベスト級の一冊。デビュー作でこれは凄いな。 スヴェトラーナ・アレクシエーヴィッチの『戦争は女の顔をしていない』を読んでいたので、より深くこの物語を堪能することが出来た。

約12時間前

親王殿下のパティシエール(3)紫禁城のフランス人

親王殿下のパティシエール(3)紫禁城のフランス人

69f23578 a4a8 47e4 9f5c 89219e32098f

ひろむ

(2017年2月から2018年1…

2021/11/27読了 歴史ファンタジーとしても面白いし、頑張る女の子の職業ものとしても面白い。 パティシエールを職業としているマリーの作る洋菓子が美味しそうなので、読みながらマカロンやシュークリームが食べたくなってしまった。

約17時間前

カケラ

カケラ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

読むの遅いのが玉に瑕 (2016…

美容外科医のサノちゃんこと橘久乃は クリニックにきた幼なじみから昔の同級生、横網さんの娘の自殺を聞かされる それを調べるため サノちゃんの元カレやその息子、亡くなった娘の同級生や高校の時の担任、その娘の義母である横網さん本人から話を聞くことに 世の中はイケメンや美人、スタイルのいい人がちやほやされ デブやブスはイジメやからかいの対象になっているのが現実で 容姿というのがその人の判断基準になるのはおかしいのに 目に見えるものだから仕方がないのかもしれない だけど容姿と中身が必ず一致するわけでもない 先入観を捨てて 中身を知ろうとすれば 傷付く人は減るのではないでしょうか サノちゃんの言動は 私はちょっと理解できない はっきりした物言いの割に 肝心な時に何も言わなかったり 差別が垣間見えたり 横網さんが言ったように 娘の音声をもっと早く関係者に教えてあげれば違った未来になったかもしれない

3日前

12