9784344037731

発行元から

幸せな日々は、もう手放さなければならない。

遺体で発見された善良な弁護士。
一人の男が殺害を自供し事件は解決――のはずだった。
「すべて、私がやりました。すべての事件の犯人は私です」
2017年東京、1984年愛知を繋ぐ、ある男の”告白”、その絶望――そして希望。
「罪と罰の問題はとても難しくて、簡単に答えを出せるものじゃない」
私たちは未知なる迷宮に引き込まれる――。

作家生活35周年記念作品
『白夜行』『手紙』……新たなる最高傑作、
東野圭吾版『罪と罰』。

東野圭吾の本

透明な螺旋

透明な螺旋

B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

なかむう

小説が好き。

久しぶりにガリレオ。やはり引き込まれて、一気読み。 今までのも読み返そうかな。(たぶん今までの伏線忘れてそう)

3か月前