Btn appstore Btn googleplay
9784065234273 1 2

大陸公路の強国「パルス」の若き王子・アルスラーン。永遠と思われた国の栄華が終わりを告げた時、すべての運命が変わる!! 荒川 弘×田中芳樹の最強タッグで描く... 続き

コメント

アンドラゴラスとアルスラーンの再会。
そして扱いの酷さ。
タハミーネの無関心。
この親子は本当何なんだろうと思ってしまう。
この秘密は絶対知りたいと思う。
この扱いを知ったヒルメスが何か変わるのか?
.その辺も気になります。

読者

9b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

荒川 弘/田中 芳樹の本

アルスラーン戦記(13)

アルスラーン戦記(13)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

ペシャワール城の、アルスラーンの戦い。 王都での、アンドラゴラスのゴタゴタ。 そして、ヒルメスの目論見。 まだ交えてはいないが、きっともうすぐだろう。 ギスカールが自由になり、彼の頭のキレは今後面白い材料になるだろうなと思った。 アルスラーンとはタイプは違うが、いい王族な気がした。 14巻はアルスラーンの戦いがピックアップされそうで、まだまだ熱くなりそう!

約1年前

アルスラーン戦記(12)

アルスラーン戦記(12)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

アンドラゴラス、一体何者か⁉︎ってくらい強かったのか…。 タハミーネと因縁がありそう。 やはり、アルスラーンの出生には何かあるな!、と伏線をはられた感じ。 物語が進んでいって楽しいです。

約1年前

アルスラーン戦記(11)

アルスラーン戦記(11)

247d0cda 45d3 43e7 9daa e56b7e0783f5

HR

マンガ好きです。

「ギーヴ‼︎」…って思ったけど、良かった(笑) アルスラーンとエトワールが、遂に腹割って話す事に。 各々の立場、価値観、宗教観、少年漫画とは思えない深さを感じました。 アルスラーンは自分の生い立ちから自らの足元に自信がないように思うけど、でも、ああいう風に真っ直ぐ成長できるのは素晴らしいと思うし、だからこそ慕ってくれる部下もいるわけで、ほんと…大人が読んでも感じることあるなって。 改めて、すごい漫画だな。

約2年前