9784101201948

発行元から

小学六年生の夏。ぼくと健太、陽介は、勉強も運動もできない落ちこぼれ。だが『アーサー王の物語』に感動したぼくの発案で、三人で「騎士団」を結成。クラスメイトにからかわれながらも、憧れの美少女、有村由布子をレディとして忠誠を誓う。彼女を守るため、隣町で起きた女子小学生殺害事件の犯人探しを始めたが――。あの頃のみずみずしい思いが蘇る、ひと夏の冒険を描いた最高の少年小説。

百田尚樹の本

野良犬の値段

野良犬の値段

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

「罪の声」を読んだとき、こんな事件は現代では成り立たないと感じましたが、フィクションでは可能でした。 防臭剤で悪臭を誤魔化すような人間たちがリレーしてハチ公前に生首を置いても、「誰も気づかなかった」とだけ書けばいいのですから。防犯カメラも「死角になっていた」というのは、都合の良すぎる設定と感じました。 作品としては面白かったのですが、ちょっと力技でやりすぎた感があります。

3か月前

13
夏の騎士

夏の騎士

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2021/08/06 読了 予定調和物語。少年の物語がワクワクしながら読めるのは何故だろう。同じような体験をしているからか?  ボクのレディーは今どこでどうしているのだろう(^.^)

6か月前

29