51a gv0opol

広告アートディレクション、ブックデザイン、イラストレーションから著作まで、ジャンルを超えて活動してきた著者が、これまでの実例を交えて書き綴った絵と言葉によ... 続き

コメント

寄藤さんの頭の中を覗いてるよう。デザイン制作の過程がすごく分かりやすくまとまっている。

デザイン系読み物の中で一番好き。赤瀬川さんの本の装丁の、パターン集が面白い。デザイナーの思考プロセスがわかりやすい!

どういう発想で描いてデザインしてるのかと思って読んだ。思った以上に複雑だけどその複雑さからわかりやすいデザインが追求されたのだと思う。

0078
2018/11/19読了
寄藤さんの発想方法がわかるのと、その視点が面白い!
こんな風に考えていくのか。
装丁の案もこんなに出るのか…。寄藤さんにしてみれば少ない方なのかもしれない。
伝えるためには絵だけ、言葉だけ、にならなくていいんだよな。分かりやすければ。

読者

1d75e22c 36d3 46fe b821 fb77f48725440023de40 54f1 41ba ba84 80dbfed96b7c7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa585c76b42 4588 453e bd62 20057fc81ee8Cd9ff15c 8d1c 4af0 a6d4 60e40f188e60D83b6695 3143 4a9f 9dff 36f8cf4e6fd6A877b7de 66db 4c67 8629 33764d1b20b219e8a202 1d56 4bb7 be49 e82e590853d7 10人

寄藤文平の本