Btn appstore Btn googleplay
9784065245873 1 2

おいしい野鳥が食べたい!――幕府の権力をもってしても、江戸のグルマンの食欲を抑え込むことはできなかった。失われた食文化の全体像を、初めて描き出す異色作! ... 続き

コメント

これはかなりの労作。作者は民俗学者で歴史や料理の専門家ではないところが興味深い。千葉は柏の辺りに手賀沼という湖があってたまたまその近辺の神社を訪れた際に江戸時代に百両もの寄進を行った町民がいることを知り、興味を持ってどういう人物か調べたところいわゆる任侠でありかつ、野鳥の卸売業者であったということを知って日本の鳥食文化について調べたという作品。上野には明治39年に閉店した願鍋の有名店があり江戸時代の料理屋番付では殿堂入りというかランク外の上位に位置されていたそうで日本人イコール魚食い、というイメージがあるけれど野鳥を食べる習慣はかなり古くからそして現在の我々が想像するよりもかなり幅広く行われていたものらしい。かなり丁寧に調査をされておりまたレシピなども載っていて興味深い内容。特に面白いのは贈答やもてなしに使われる鳥には順位があって、魚は鯉が最上位で次に鯛、という順番で不変らしいのだが鳥に関しては古くは最上位が雉、中世においては白鳥で近世では鶴だったということでこれは味ではなく生き物としての優美さとかそういうことであったらしい。捕り方にも差があって最上位は鷹狩で仕留められたものらしく、将軍が鷹狩で仕留めたものなどはとてつもない価値があったらしい。魚と違って鷹狩など将軍も自ら手掛けるからか猟区に関する規制や今で言うトレーサビリティもかなり厳しく運用されていたらしい。環境問題などで野鳥があまり捕れなくなったこともあり、また安価で飼育しやすく味も良い鶏が普及したこともあって野鳥食は一気に廃れてしまったらしいがそれでもまだ捕まえて食べてもよい野鳥は28種もいるらしい。個人的にはジビエの類はそこまで好まないのだが数年前に渋谷の焼鳥屋さんで頂いた鴨は確かに美味しかったな、などと思い返したりした。食に興味のある人や鳥料理好きには是非おすすめしたい。非常に面白かった。

読者

08634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c

人文

ガケ書房の頃 完全版

ガケ書房の頃 完全版

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋から転職 書店員見習い中

個性的な少年時代からガケ書房の経営、ホホホ座までとこれからのこと すべてを通してかっこいい生き方だなーと思います ガケ書房行ってみたかった! 私たちは自分の町に本屋がいるかどうかの国民投票をしているという一文にハッとしました

7日前

ジャパンバイシクルルート

ジャパンバイシクルルート

Fb6e4b2d fd53 4079 9d49 7cbaa0d5dfd8

Koppepantaro

身の丈五尺八寸、中盛無料と戦う日…

どこもかしこも走りたい、垂涎のバイシクルロード10選。北は北海道から南は九州まで、山も海も両方もすべてまるっと取り揃えました的なラインナップで、サイクルツーリズムの可能性に期待しかない今、まさに必携の書と勝手に認定。

7日前

マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル

マンガでわかる考古遺跡発掘ワーク・マニュアル

Fdc3df73 6ecc 4500 ae67 df733823d09f

ぐーるど

半世紀、本を読んでる

考古学にもいろいろあるが、その学問、研究の多くは発掘調査に携わる人たちの成果に拠っている、と実際にやってみて感じる。あの厳しい肉体労働をこんなに楽しげに、分かりやすく、発掘現場をくまなく、マンガで紹介されたら、遺跡発掘してみたいという人、増えるんじゃないかなー。

9日前

荘園

荘園

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

墾田永年私財法から応仁の乱まで。750年にわたる荘園の歴史を教えてくれる一冊。 土地や税制の側面から日本史を考え直すという視点を与えてくれていて、なかなかに新鮮。 守護と地頭、国司と郡司。複雑極まりない土地制度の変遷史を分かりやすく解説してくれている。

9日前