Btn appstore Btn googleplay
9784098506163 1 2

鉄のカーテンが降りた日本。仮想戦後活劇! 冷戦最前線の街、1962年のトウキョウ。 壁によって東西に分断されたこの街で 脱出請負人として生きるエ... 続き

コメント

第二次大戦後、東西に分割統治されてしまったアナザーワールド的な日本のお話。亡命請負人エミーリャちゃんの活躍を描く。

横川-軽井沢間が東西日本の国境になっていて、亡命者を逃すために、信越本線の碓氷峠区間を歩いて踏破する。鉄オタ的には垂涎の展開で、これは堪らん感じですわ。

共産国モードの釜飯おぎのやのビジュアルも笑える。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

池田 邦彦/津久田 重吾の本

国境のエミーリャ(3)

国境のエミーリャ(3)

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

戦後日本が米ソに分割占領されていたら?という仮定に基づく、国際謀略マンガ。 都内に出来た巨大な壁。東東京から西東京へ。亡命請負人エミーリャちゃんの活躍が今回も楽しい。 帯のキリル文字が、なんて書いてあるのか分からん!と思ったら裏に日本語でも書いてあった。 本屋で青年誌の棚を探したら見つからなくて、まさかの少年誌コーナーに置いてあった。 ゲッサン連載らしいけど、こんなマニアックな話、少年誌連載で大丈夫なのかな。

9か月前

国境のエミーリャ(2)

国境のエミーリャ(2)

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

日本が東西分割占領された架空の戦後世界を描く第二弾。 東北本線が広軌化されて、ソヴィエト製のエレクトリーチカが走ってたり、廃墟化した後楽園球場に秘密の地下通路があったり、ワクワク感が堪らない。 新刊が冬には出るみたいなので楽しみ。

11か月前

国境のエミーリャ(1)

国境のエミーリャ(1)

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

戦後、東西に分割統治された日本。「壁」に分断された東京で、亡命請負人として生きる少女エミーリャの物語。 聖橋が国境になってたり、上野駅の前にはレーニン像があったりと楽しい。 ソヴィエト支配下の東京の描写が面白い。池田邦彦作品らしく鉄道成分も濃厚!いいね〜。

11か月前