9784867320044

発行元から

大きな話題を呼んだデビュー詩集『点滴ポール』につづく、
岩崎航の第2詩集が完成いたしました。

人工呼吸器を使い、経管栄養で食事し、生活のすべてに介助が必要な体で過ごす、
筋ジストロフィーの詩人、岩崎航。
自殺願望や病による苦しみを越え、詩を生み出し続ける姿がNHK ETVで
特集番組として放映されるなど、広い層の読者の皆様に支持を得ています。

『震えたのは』装丁を手掛けたのは鈴木千佳子さん。
折り重なる波を連想させる青いカバーがとても美しいです。
本文も全体が空や海を連想する淡い水色となる予定です。

【本書刊行にあたり、岩崎さんからのメッセージです】
うれしい。こわい。
震えたのは、懸命に生きようとしているからです。
自分の暮らしを作っていくなかで湧き出す
その震えを言葉にして一冊の詩集にしました。
岩崎航

岩崎航の本

いのちの花、希望のうた

いのちの花、希望のうた

396aadaf a05f 4879 9989 61dd9ab82f77

桶田貢

いま、詩の世界にいます

傍らに置きたいほん。 哀しいとき、行き詰まったときに、ちからを もらっています。 自分が大事にしているひとにも贈りたい!

約3年前