Btn appstore Btn googleplay
9784122071445 1 3

恋のライバルが人間だとは限らない! 洋食屋の青年・藤丸が慕うのは〝植物〟の研究に一途な大学院生・本村さん。殺し屋のごとき風貌の教授やイモを愛する老教授、サ... 続き

コメント

愛ある人々による愛なき世界の研究。登場人物みんながそれぞれ研究・仕事に真摯に向き合っていて清々しい。ずっと読んでいたい。

読者

Icon user placeholderB7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d5

三浦しをんの本

三四郎はそれから門を出た

三四郎はそれから門を出た

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2021/08/15 読了 書店の中を2周3周しても読みたいと思う本に出あわないことが長く続くこともある。そんなときに手元にあると便利な本。久々に中井英夫とマルキ・ド・サドの名前を見た(^.^) 小説や漫画の紹介以外のエッセイも面白い。

4か月前

ののはな通信

ののはな通信

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a

まる

発芽マニア? 旅と文庫本とビン…

本屋さんのポップに大河小説なる文字が踊り、どんなストーリーだろうと思い買って読んでみた。横浜のミッション系の女子校に通う少女二人の10代から40代までの往復書簡で綴った物語。はじめの頃はちょっと飽きる部分もあったのだが、章を追うごとに、え? 彼女はこんな人生を送ってきたの? 二人はどうなるの? というちょっとミステリーのような要素もありつつ、ついついページをめくってしまう。私はののとはなと年代的に近いし、いろんな意味で共感できる部分があって、自分の物語のようにも感じた。物語は40代で終わるが、またいつかどこかで二人は交差していくだろう。

4か月前

8
エレジーは流れない

エレジーは流れない

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2021/06/30 読了 怜が自分の生い立ちを知る場面に涙。題名の意味はラストで明らかに。 自分の高校時代を思い出しながら読了。プライベートのない田舎で、仲間達とバカなことをやりながらさしたる目的もなく大学受験。その結果として今ここにいる。さて、高校生の自分に何と声をかけようか。 「迷惑なんてかけあえばいいってことだよ、うん」

5か月前