Btn appstore Btn googleplay
9784898155387

飲食界随一のエンターテイナー、稲田俊輔(イナダシュンスケ)による初のエッセイ集。 どんな食べ物にも喰いつき、「おいしさ」をトコトン暴きだす天才! 人気店... 続き

コメント

語彙が豊富な人が、大好きな食べ物のことを語るとこんなに面白く奥深いんだ、ということを教えてくれる、食べ物エッセイの名著。
元々大好きなエリックサウス創設者というところとも繋がって、一気に親近感も増した。

美味しい物好きの熱を、うざくない暑すぎないレベルに絶妙に溶かすのらりくらりとした(?)語り口はセンスを感じる。
そのおかげで、気持ち悪いくらいの食へのこだわりを平然と語ることができている。

特に好きだったり共感覚えたのは、「サンドイッチの薄さ」「ホワイトアスパラガスの所在」「幕の内大作戦」「ポテトサラダの味」。魅力を言葉で伝えづらいけど、でも確実に薦めたい作品。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholder6f6c2857 92db 498e b970 3cc9337a944d 3人

稲田俊輔の本

人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本

人気飲食チェーンの本当のスゴさがわかる本

Bf7b6cac ec2c 42a1 8c3d e94159cf5c97

nebe

本好き

有名チェーンのメニュー分析の深さに脱帽。 この本を読むと、安くて無難な飲食チェーン →わざわざ行きたくなる店に! チェーンだからこそ実現できている努力と商品開発力に気づかされる。 サイゼリヤのこだわり食材 (タダで扱ってるオリーブオイルと粉チーズが相当やばい) 松屋の、とにかく米をたくさん食わすための味付け など、読むだけで直行したくなるウンチクの数々。 純粋に美味しい料理を、所詮チェーンだからという勝手なイメージに反省。 プロ(!?)の評価と利用方法をしることで、あえて飲食チェーンを利用したくなるくらい得した気分に!

1年前