Btn appstore Btn googleplay
41k5qdh1y%2bl

コメント

恋愛をおざなりにしてきた私。唯川さんの経験に驚嘆、驚愕しつつ、自身の恋愛について考えてみました。楽しいこともあった、幸せなこともあった、怖いこともあった、辛いこともあった。恋愛でしか得られない感情はやはり宝物でした。私にとって恋は活力にもなる、恋のアンテナは常に張っていたいものです。難しいのですが、、、。

読者

6c297c28 f15b 4bd1 b046 0af57a8709c9Icon user placeholder2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b9fb37280 03c5 4882 9d53 8efeb56507b1Feead139 1717 40ab 982e cdf562210300 5人

唯川恵の本

彼女の嫌いな彼女

彼女の嫌いな彼女

D813a3cb 04c0 4bfc 9e55 97d89fdaf4f9

K2

読んだ本の備忘録につけてます

2021.11.20読了 久々に読んだ小説 唯川恵さんの本を読んだのははじめてでしたが、女性の感情、話の流れに飽きること無く一気に読み終わった一冊。唯川さんの他の作品も読んでみたくなりました。

2か月前

燃えつきるまで

燃えつきるまで

454e4e42 58da 45f3 b6c9 30eff85efb90

march

読んだ本の記録。

すごく心臓にきました。ドキドキしました。 失恋により負った傷を、他の人と比べて『自分はこんな風にはならない』『この人の不幸よりはマシだ』と思い安堵する気持ち。 自分の惨めさを認めたくない気持ち。 恋を失った時、相手じゃなくてそういう自分と向き合うのが面倒だから恋愛に億劫になるのかもしれない。 やらないよりやって後悔だというのは、普段なら、前向きでポジティブでいい心構えだと思うだろうけどそうやって自分を決死に奮い立たせて起こした行動だからこそ犯罪になっていることに気づかない。 色々な要素が合わさっていて考えさせられました。 共感するってことは私にもその可能性があるのかなと、、、怖い。

約3年前

16
愛に似たもの

愛に似たもの

D4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82a

taboke

5678

母親のようにはなりたくない。美貌と若さを利用して、すべてを手に入れてやる(『真珠の雫』)。親友の真似をして人生の選択をしてきた。ある日を境にふたりの立場が逆転。その快感が(『ロールモデル』)。過去の失敗は二度と繰り返さない。たとえ自分を偽っても、今度こそ結婚までこぎつけなければ(『教訓』)。など、幸せを求める不器用な女たちを描きだす8編の短篇作品集。第21回柴田錬三郎賞受賞作。

約3年前