41sdejjrenl

なぜ残業をしないあの人に成果が出るのだろう?終わらない、余裕がない、目標に届かない完璧主義から、終わらせる、余裕が持てる、目標に届く手抜き思考へ。 続き

コメント

・習慣化で安定させる
・すぐ手をつけてみる
・人の分まで背負い込まない
・異様な作業に没頭しない
・鈍感になって幸せにはたらく
・限りある時間内ではたらく
・時間に余裕をなくしてみる
・なんでもかんでも明かさない
・大事にする人を逆にしてみる
・他人目線に立ってみる
・ゆるく仕事に挑んでみる

読者

Fe400ef2 da70 43f7 bcf9 524e23af68c4Icon user placeholder6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc79e49237 2c0c 4e1a abb5 f56e82e2db8474912335 138b 480d ab00 0baf0be8aab4Aeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a86840a890 6b9f 4f3d 95e7 dfbccff07461#<actiondispatch::http::uploadedfile:0x007fe160d92210> 10人

佐々木正悟の本

記録するだけでうまくいく

記録するだけでうまくいく

72683f41 6d7d 44ea a18f 5b1dac3d9663

しごたの

「シゴタノ!仕事を楽しくする研究…

記録と記憶の違いについて考えるとき、最初に言えることは自分でなんとかできるのは記録だけだ、ということ。記憶は脳の中にいるもう一人の自分。記録に残 すことでそれを重要なものだと記憶に学習してもらう。記録をせずに「これは大事なことだから忘れないだろう」などとうつつを抜かしていると記憶も一緒にう つつを抜かし、何が重要なのかを自分で判断するすべを失う(何を聞いても「記憶にございません」としか答えてもらえなくなる)。記録は記憶のエサのような もので、自分にとって大事だと思うことを記憶にせっせと与え続けることによって、記憶はどんどんシャープな感性を身にまとっていく。何かを見聞きしたとき に、「これは記録して活用したい」と思わせるのは記録を与えることで育て上げた記憶の差し金。ゆえに、記録するだけでうまくいく。

約3年前

先送りせずにすぐやる人に変わる方法

先送りせずにすぐやる人に変わる方法

17268cb9 58bd 41e1 9a77 1c0d711ed5ca

Mai Hidesima

あだ名はぬままい

評価:★★★☆☆ 要するに、「考える前にやれ」ということでした。 やりたくない これ後からしたほうがいいかも とか考えてしまうやつは 大体すぐ終わらせたほうがいいもの 未来の自分も今も自分も忙しいんだから、今しなさい ということを訴えられた本でした

約3年前

566582a3 d526 4a43 a87a 1ae5380ae6842e5dc871 06cd 477d a58b 269c9a235209