Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41u4brjadpl

まほろ市は東京のはずれに位置する都南西部最大の町。駅前で便利屋を営む多田啓介のもとに高校時代の同級生・行天春彦がころがりこんだ。ペットあずかりに塾の送迎、... 続き

コメント

読書と読書の間に、休憩の読書として読める手軽さ。ずっと手が出せなかったけど、退屈な長旅列車で読むのに丁度良かったです。スピード感があるような、ゆったり時間が流れているような、変な足取りの本です。登場人物が濃ゆい。

彼は松田龍平さんのためのキャラですね。そして痛快で読みやすかったです。むちゃくちゃだけど、ちゃんと収まる感じがやみつき!

こーゆー淡々としつつ、人情ある本が好きなときがあったな。

映画も好き。

人が人によって(多分)幸せな方向へと向かわせられる物語。

失ったものが完全に戻ってくることはなく、得たと思った瞬間には記憶になってしまうのだとしても。

この後に続く文章がこの小説の全てだと思います。この続きが気になった方は是非読んでみてください。

呑気であっけらかんとしてるようで大事なものが抜け落ちている。何にも頓着がないようで、本当は何かを求めてる。そんな二人。コミカルなところもあるのに作品全体がほの暗い所が凄く好きです。

今更ながら初の三浦しをんさん。
突拍子もない人々が実にリアルに本の中で息をしています。多田の想いは一般的な常識人のものだと思うのだけれど、その殻がちょっとずつ割られていったり自ら割っていくことにより、ちょっとした幸福感に繋がっていると感じました。
三浦しをんさん、続けてしまいそうです。

極力引き受けます。と言いながら結局なんでも引き受けてる。

行天みたいな人面白くて好きなんだけど現実として考えると絶対近づかないようにすると思う。
どちらかと付き合うとかで選ぶなら間違いなく多田にする。
キャラ的には行天なんだけどなぁ。

テンポよく話が進みところどころに印象深い言葉がちらほら。行天には戸惑わさせられるが憎めかなった。

読みやすくてあっという間に読んでしまった。話のスピード感とかキャラクターの緩さが街の雰囲気をよく伝えてるのかな。IWGPを思い出したけど、池袋みたいにエグい街じゃないね、まほろは。

読者

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c3Icon user placeholder4ccc9057 e8b7 4f21 925e d16c3ab9cb119d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb185Icon user placeholder36945955 20dc 45f7 9730 752febe642090402b13a 8dbe 4ffe a5cc 2ab6b6824a006c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b 60人

三浦しをんの本

舟を編む(上)

舟を編む(上)

32c25c04 6874 44c6 b646 8d917d1c4f66

Yui Hiroi

雑食読み。

上下巻。 本も、コンパクトにでっかい話が収まっていて好きだけど イメージしてた絵で読めるのが嬉しい。 うまいことコミカライズされてて面白かった。

約2か月前

Icon user placeholder72c73e32 8bab 4dc4 92f2 8fbe56ff74a6
〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

3か月前

1d9ec1ac 5b2a 468a a812 e13c9dc1682794d26871 82b8 4abb 850c 8c522b6799a308634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
舟を編む 上巻

舟を編む 上巻

09e86e0e d5e6 4e23 96d3 56e52adde6a7

Abekawa0706

ほとんど漫画

テンポがいいと言うよりは「ページ数の都合により切り詰めました。」という印象。原作もアニメも大好きな作品なので、もっと丁寧に作って欲しかった。香具矢の顔が男過ぎるのも気になる。

6か月前

B19d9309 55d7 44a5 952c f7071f8684a46c9f49e5 7325 4afa ac2f c4c58fbf626b
政と源

政と源

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

東京・墨田区のジジイ二人組による人情話。といっても、決して押しつけがましい行動をするわけではなく、逆に70を過ぎているというのにイジイジ、スネスネ。何歳になっても、悟るということは難しいのね〜。 腕一本で生きてきた職人ジジイと奥さんに愛想を尽かされた元銀行員ジジイの掛け合いが楽しいです。

7か月前

Icon user placeholder13e8a36a b366 4e90 a742 98a5d45101ba99243ee0 23bf 4299 8a2e 183607d5bf70 9