51r2znq8nnl

嘉永六(1853)年、ペリーの率いる黒船が浦賀沖に姿を現して以来、攘夷か開国か、勤王か佐幕か、をめぐって、国内には、激しい政治闘争の嵐が吹き荒れる。この時... 続き

コメント

司馬遼太郎さんの、歴史小説とは思えないほどに溶け込んでくるような文章が、ますますこの時代や吉田松陰や高杉晋作の奥行きを深くしている気がする。
ますます知りたくなる。

鼓舞される一冊。
大学受験で失敗して浪人のために家を出る際、唯一持って来た小説。
暗唱できるくらい、毎日読み込んだなぁ。
吉田松陰と高杉晋作の壮大な人生の前では受験勉強など取るに足らないことだぞ!と励まされる気がした。

吉田松陰と高杉晋作を中心としたお話。

乃木神社のなかにある吉田神社にお参りしたことがあったが、吉田松陰のことは歴史で少し勉強しただけだった。

とても読みやすい文体で、かなり勉強になります。
この巻は、吉田松陰に最初の弟子ができるまでの話

大学時の課題図書
吉田松陰と高杉晋作を描いた本。

松陰の純粋さと行動力。

花神と同時進行で読んでみたらまた深い

読者

66a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a97dbe1017 5961 4343 9c49 42015dfffc94638bc5b5 6516 43d7 a9ab 1df9167abe430c3a474c 97c7 4bd3 8ee7 0bbdcf5c39f1Ffbc885d da14 46ed 9174 07e5c72bc3feD0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179fBa324b96 b5c2 4e42 81fe fe1ad1a8db45056f2447 b2c2 4776 82ba 336ae8b71d6d 12人

司馬遼太郎の本

坂の上の雲〈6〉

坂の上の雲〈6〉

85ec4a4f e167 402d 8adf 3d8cce16dbf6

keikeikeita

自動車業界勤務のひよっこ生産技術…

ついに完結した(単行本の6巻)。 達成感あるけど、先にドラマ見ちゃったから内容知っちゃたのが少し残念。

4か月前

Icon user placeholder54b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd17E838e091 bdb6 4601 8377 189daf22e9eb