Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51%2b1fhmnnel

クレイトン・クリステンセン教授 強力推薦! 私のクラスで目覚ましい才を発揮した玉田氏による本書は、日本経済の「失われた20年」の原因を解き明かし、日本再... 続き

コメント

スタートアップよりもどう既存の大企業が自社の主力事業をつぶして新しいものを生み出すかの本。無消費の状態を見つけるか過剰満足を探すか、は勉強になった。

第1部 破壊的イノベーションとは何か、は入口としてわかりやすい。
日本は過剰サービス、もりもりで付加価値を出してると勘違いしているものが多い。アイデアで、マイナスする勇気(単価を下げる)は難しいが、既存事業者はチャレンジが避けられない課題。
第2部は実例だけど中弛み。
第3部は、破壊的イノベーションに限らない内容だが、その切り口で見ると新しい視点も見えてくる。

読者

A9504c83 10b8 4512 a256 3f075c9db5312d0bcb9a 404d 4bfd 80e1 c0018c7fc7ff

玉田俊平太の本