Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
510jc7z0wxl

「バブル入社組」世代の苦悩と闘いを鮮やかに描く。巨額損失を出した一族経営の老舗ホテルの再建を押し付けられた、東京中央銀行の半沢直樹。銀行内部の見えざる敵の... 続き

コメント

半沢直樹のような資質や度胸があればなぁとつくづく思う。
彼の行動力や信念は、ビジネスマンなら誰もが羨むスキルじゃないかな。

面白かったが、いち次長が頭取の前でここまでやるかぁ?って思えたが、フィクションということで納得した。

ドラマ同様、スカッとする展開にあっという間に読了しました

これだけストレス発散出来た小説は初めてかも。

悪人っぷり炸裂。

上司の責任転嫁、粉飾、根回し等、銀行の黒い部分を暴いていく半沢が痛快。銀行に限らず企業において黒い部分ってのは少なからずあるよねって思った…

銀行に限らず何処の会社も派閥や同族会社の理不尽さを持っているが、銀行の一度レールを外れたらアウトはちょっといただけない。

半沢直樹シリーズは安定のおもしろさ。

前作に引き続き、再読。
手に汗握る展開に、スカッとする半沢の決め言葉。

★5 読者にも手の内を見せないことで前作より面白さが増している。問題のある融資先が金融庁検査の焦点となり、損失をめぐる駆け引きがエリートたちを翻弄する。また、一度鬱で休職し、出世コースから外れた半沢の同期も、もうひとりの主人公として見所だ。

大人の本音と建前がややステレオタイプに面白おかしく描かれており、前作より毒気は薄まったが、やはり子供に読ませるのは「?」続きが気になる終わり方をしているため続編もいずれ読む予定。

ドラマ半沢直樹の原作
大阪市内が舞台。
しかも、私の地元だから親近感があって臨場感ありまくり。
ドラマのままの内容だけど、文章で読むのもまた面白い。

読者

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378669e0a3d d98c 41e2 8abd d820bc925b020102e448 d3aa 473f bf9b 235d8dfafd34E101218d 49a2 40ac 8c3e ea9f80c66afd66a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a9382ac57a 4c2e 47c1 aeed a9c97d224dd89fb79438 eab9 4d97 a4b8 f0c92db68343E1dbc716 7c4d 4ec5 a5bf c8fdd08efed6 28人

池井戸潤の本

銀翼のイカロス

銀翼のイカロス

3e223e12 b768 4f8d 9a12 56e647614378

REO

趣味:読書、カメラ

やっと読めた。半沢の芯の強さを見習いたい。やっぱり、読んでよかった!

21日前

Icon user placeholder27975ca8 a059 4dff 8868 6373d3a65c41669e0a3d d98c 41e2 8abd d820bc925b02
民王

民王

052a661e 4f81 47ce b2ab 6c7ccb990fda

なおこ

歴史・事件もの好き

池井戸さんらしい、細かく刻んで上り詰めていくサクセスストーリーだった。必ずしわせな気分になれる池井戸さんの作品はたまに読んだ方がいいな、。

約2か月前

Icon user placeholder13270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c7A889990f 3313 414b a1b1 617c76c38922 12