41b1w94pisl

そのひとの横顔はあまりにも清洌で、凛としたたたずまいに満ちていた。19歳の予備校生の"僕"は、8歳年上の精神科医にひと目惚れ。高校時代のガールフレンド夏姫... 続き

コメント

何年ぶりかわからないけど再読。名作には違いない。これ以上なにを書いても伝わる気がしない。

 今、大切な人がいる人がこの小説を読み終わった後、理由もなくその人に連絡をしたくなるような、そんな恋愛小説でした。
 世の中ってやつはどうも理不尽で生きづらくて、時として甘い夢を見させやがる。
 今が過去になって、それは思い出として、今を生きる自分を傷つける。
 痛くても辛くても正面からそれと向き合った時、そこにある本当の意味に気づかされるんだろうなぁ。
 過去と向き合うことで、今と向き合う力を得て、その力を武器に未来を生きることを想像する。
 そして、それを得ることが出来る最上級の経験っていうのは恋愛だと思う。

読者

458ad271 7b87 4f58 b6c8 2174cd27c5c2642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df74A20082ed d295 42eb 90be 13906f650b32087bcd6b 9bac 4ee8 8cf0 a8bb23b811ed092cbdb9 5d32 448d b9e6 9296d2afb7f913270021 7db5 4940 9051 2599bbe4f0c79437c007 975d 417c abab 9115cb62841492262c23 5b2b 4468 9d6d 325af50c031c 21人

村山由佳の本

〆切本2

〆切本2

C779f4d6 6d86 4cd1 807e 98e65ce8e488

tvdinner78

趣味はドリアン。

まさかの第2弾! 表紙・見返しに掲載されてるパンチラインは健在。

7か月前

Icon user placeholder014253d4 6080 4951 9119 24735184a69607acc6ed ac6d 4f63 87b7 11b2054d6589 8
La Vie en Rose ラヴィアンローズ

La Vie en Rose ラヴィアンローズ

427c6b74 d757 4a90 b196 eb453196302b

リトル

小説も漫画も絵本も読みます

旦那からモラハラを受けていて 何をするにも旦那の許可を取らないといけない主人公の自由のない生活 それでも幸せなんだと思いこんでた 「歳下の男」と出会うまでは この旦那さん めっちゃ嫌い なんか 自分が全て正しくて 奥さんのやる事なすこと全て自分の思い通りにならないと気がすまないところが異常

約1年前