Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41fmw bptll

2014年に著者が自費出版し反響を呼んだ同名冊子を中心に、『働けECD〜わたしの育児混沌記』(ミュージックマガジン)後の5年間の日記と散文で構成。震災直後... 続き

コメント

前知識なく、装幀からほんわりした読後感かと思って手に取って読み始めたら、とんでもない文章だった。一気読み。確かにこれは植本さんの物語なのだけれど、恐ろしいことにこれは私のことだ、私のことが書かれていると思ってしまった。誰かのことを強く抱きしめたいと思った気がしたけれど、私は誰かに強く抱きしめられたいのだろう。

二重の「かなわない」に揺られている。私もそう。

個人的に育児は未体験で、想像の域を出ない。でも、子育てって「子ども可愛い」って感覚だけで軽々と乗り切れるようなものではなくて、自分と向き合う修行みたいなしんどい側面もある、ということを思い知らされる。そして一方、母親との関係や自己肯定感については自分と重なる部分が多過ぎた。辛い。決して、読んでいて楽しい本ではない。でも、出会えて良かった。今読めて、良かった。これからの人生で何回も読み返すと思う。

あぁ、もっと人を愛したい、愛されたい、家族が欲しい。この本を読んでそういう気持ちになった。
他人にしたら絶縁になってもおかしくないようなひどいことも、家族にされたら怒りつつも許してしまうのが不思議だ。
植本さんが疎ましく思うことが、私にとっては羨ましく思える。
けれどもきっと、自分が立場に立たされたときには、同じように文句を言ったり暴れたりするのだろうな。隣の芝生はどこまでも青い。

淡々とした日常が植本さんの文章によってアドベンチャーとなり読み進まずにはいられない。

生きづらい世の中をそれでも前を向いたり後ろを向いたり立ち止まったりなんとか日々一生懸命過ごしていることが伝わってくる。子育て中に孤独になる時「誰かとこうして話ができるだけでなんだかすごく気が楽になった」社会全体で子育てを支えられればと思う。P221に登場する古書店店主が読んでいる本おそらく「ルポ虐待」ちくま新書かと思われるが年月的に私が売った本かも。持っているのがつらくて売ってしまった。

率直な、余計なものを剥ぎ落とした文章。
文章を書くとき、読み手を意識してしまい、格好つけたり、嘘とまではいかないが誇張したり、必要以上に綺麗にしたりしてしまいそうだが、著者の文章にはまるでそのような側面は感じず、その瞬間感じたこと、思ったこと、あったことをそのまま書いているという印象を受ける。それで読み手がどう思っても、それでも私は書かずにおれない、という切迫したものも感じる。

今の時代、SNSで簡単に人の生活を垣間見れて、そこにあふれているのは「幸せ」な家族だったりして、でもそれはどこかよそ行きの家族に見えて、著者の書く「しんどくて」「めんどくさくて」「イライラして」、決して楽しいだけじゃない、辛いことのほうが多いのが、家族であり育児なんだなと納得できた。

著者と私は同じ歳。母親との関係性に悩んでいるところも重なり、共感できるところも多かった。生きるってつらい、しんどい、けど今日も生きてく、ということの繰り返し。
将来、もし子どもを授かることがあったら、またこの本を開いてみたいなと思う。

読了。脱力。すごい本を読んだ、、末井昭さんの自殺を読んだ時と同じ、読了後の心地よい疲労感、、

「愛はこういうことだよ」

読んでいて自分も辛くなった。私は子育てをしたことがないけど一子さんの気持ちが乗り移ってきて、読んでる期間なんだか私も不安定になってしまった。

とても強い力をもった本で、向き合うのがつらい。日々の苦しさを、ぼかすことなくくっきりと写し取っている。敵わないし、叶わない、そんな無力さとそれでも生きる強さが共存している。

とにかく読みたくて読みたくて、育児の合間にいっきに読了。こんなにも赤裸々に、淡々と綴られる日記にこわさを感じつつも、共感できる自分も、重なる部分も多く、自分を見つめなおすきっかけをくれる一冊。
夫婦、子ども、恋愛、家族、親、、これはきっと、すべての人の心に宿る、物語。
それをこんな風に、言葉で、カタチで世の中に吐き出したって、やっぱりすごい。

そう、何もかなわない。

何もかなわなかったと後で思い出したときに、別のことがかなっていたんだと気づいて、どうしようも切なくなる。

子供のいない自分に子育ての体験がないので実際の苦痛はわからないんだろうけど、
読んでるだけでキツイなと思う。
そして何より20代の若い時代にはとてもキツイと思う
赤裸々に書く事によって少しは浄化されて居れば良いなと思う。
彼女が変わってるなんて思えない、むしろ共感出来る部分が実は沢山ある日常だった

読者

D560a034 941d 4c62 88a2 ecf4b20b504bIcon user placeholderBba98bee dc8a 4928 b105 a6ee52d0ce9bF11603e6 7980 4853 ba71 c021c99f74caA9dfae95 289e 4552 8d69 27fdda1b293e789cbacf 1869 44af b7d7 a7c6cf9821bb3541e3c1 5be5 4209 a6da 469862481d50E0847e01 2d22 4357 9d04 e6c28170c4c8 47人

植本一子の本

51omxrpboal

家族最後の日 植本一子

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元/皆様よろし…

「かなしくなったらグッドして」「えんにあいたくなったらグッとして。えんもパパに会いたくなったらグッてしてるからね。」小さなこどもが何とか踏ん張りながらけなげにふるまうところで涙腺がゆるむ。家族最後となっているけど新たな形での再生もほのかに感じ取れる。

6か月前

1167ff52 1883 453a b364 cae2b2a4a5f83880908b 3c3f 4c07 ab15 4efd38d6c5a84a014dcc b7a9 41f2 9acb 3e78d921841a 43