Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51bnfjahbwl

三井財閥と久能木一族が争った一等地・日本橋室町、薄幸の皇女の影をひきずる林野庁宿舎跡地、天海僧正が京都を模した上野の山…。どのような土地にも、時を経ても消... 続き

コメント

江戸幕府誕生時に鬼門除けとして設計された上野は、幕末に彰義隊最後の地となり、明治政府にとっても特別な場所となった。
大久保利通暗殺の地に作られた、紀尾井町司法研修所のその後。
昭和天皇の皇后の実家である、広尾の久邇宮邸が、後に聖心大学となり、今上天皇の妃となる学びの場となった話などなど……。

本書で示す「地霊(ゲニウス・ロキ)」とは、その土地にかつて起きた神秘的、悲劇的な事情により、感性的な影響が残り、いつしかその場所そのものが、独自の精神を持つに至ったものとされている。

数奇な運命を辿った土地には、人々の想いが残り、その後の歴史に影響を与えていく。無論「そうでない例」も枚挙に暇はないのだろうが、いつまで経っても処分できない土地、悲劇的な事ばかり起きる因縁の地は確かにある。

無念の想いが籠る土地、いわくつきの場所には、誰しもが近付きたくない、関わりたくないと思うものだろう。遺された人々の怖れ、尊重の想い、鎮魂の念がこうした土地を作っていくのではないか。個人的にはそのように感じた。

読者

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ノンフィクション

焼き餃子と名画座 わたしの東京 味歩き

焼き餃子と名画座 わたしの東京 味歩き

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

東京の町の隅から隅まで日常的だけどそこでしか味わえない食を丁寧かつ軽妙に掬い取った珠玉のエッセイ。 「堂々の厚さ、美しい短冊に切り揃えられた一片を、箸でつまみ上げる。すると、どうだ。きつね色に染まった衣の下からのぞくピンク色のつや。肉がむちっとふくらんで、あたしだけのもの。がしとつまむと、しっとりつややかな肌からほのかに滲み出る肉汁。はじにはきらきらと真珠色に輝くロースの脂。長い一切れを口の中へ運ぶ。嚙む。じゅわあ。嚙む。とろーっ。閉じこめられていたうまみが一気に炸裂して、舌から順番に溶けてしまいそうだ。」 P061 「とんかつの聖地へ新橋」 オノマトペを使って今にも空腹時注意もしくはお腹を鳴らす描写でありながらどこか上品さを残しているのも良いところ。 ちょっとした現実逃避をしたいとき息抜きをしたいときパラっとめくる。現実世界につながっているので逃げていることを感じさせない首の皮一枚つながっている感とでもいうべきか。日記「春隣の日々」の素敵な虚構世界に浸る。 単行本版は表紙のデパート屋上が郷愁を誘うが 本文中にデパート屋上の話は出てきません。

3日前

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

Fe1c0b88 3afa 4cc0 b017 136c4a3765a5

Taichi

表紙を指でタップする音が好きです…

人間とはチクワみたいな形状で、口から入れたものを分解吸収し、内側から新しくなって、代謝によって古くなったものを脱ぎ捨てるだけ… そう考えるといろんなことがどうでもよくなって楽しくなってきた。満員電車の隣の人も、週刊誌のグラビアの女の子も、ミミズも、オケラも、アメンボも… みんなチクワみたいなものなのね。 生命として明確に定義できることって、意外とシンプルなんですね。 なんとでもなるような気がしてきてなんか楽しい。

8日前

A8d20716 a555 47ae b305 5908daa3c877978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2Icon user placeholder 17
小説の言葉尻をとらえてみた

小説の言葉尻をとらえてみた

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

言葉尻をとらえると聞くと揚げ足取りなのかと思いますが、そこはまったく逆でした。 それは単なる誤字では?笑という言葉にも誠実に向き合って、他の用例を探したり歴史をたどったり。「時代小説の言葉は工夫された人工言語」という指摘には納得しました。そりゃー、全部その時代の言葉で語られたら意味がわからなくなって、楽しさも半減しちゃう。そんなところから、作者の工夫ポイントも探れるのかも。 普段は一気に読んでしまう物語世界の言葉をじっくり味わうと語彙も豊かになりそうです。

14日前