51huuqtumal

「あいつをめちゃめちゃにしてやりたい」-。40年近くの年月を経ても、被害者はあの事件を引きずっていた。歳月は遺族たちを癒さない。そのことを私たちは肝に銘じ... 続き

コメント

人を殺した時点でその人に人権なんていらないんだよ。証拠が出揃った時点で被害者と同じ形で苦しんで死ぬべき。それでも被害者家族の傷は癒えないだろうから、少年でも人殺しは絶対許されないし守られるべきではない。
ネットで色々書かれてるけど、加害者が100%おかしいでしょこんなん。

読者

7fce8781 13dc 4e0c a5af d59a0310ec513575c357 f03c 4e6b 91ad 79f4dd0a84d3Ade649a0 b968 4906 b665 cd24f67f023eD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86Fcdc96f5 aee1 42f7 8cc1 6abb3b9274859bcf1d24 14bb 4deb bda4 1a2d15d743f865d881a7 fa14 4e34 b06b 2dfb907942bc 7人

奥野修司の本

再生の島

再生の島

39fe78b1 42a3 400d bfa8 5f21d59a91f3

hokachin

商社でセキュリティエンジニアをし…

本書の舞台となる、久高島留学センターは離島型の山村留学施設である。 山村留学とは「都市部の小学校や中学生が長期間に渡って親元を離れ、自然豊かな農山漁村で生活をすることのこと(by Wifipefia)」で、本書は久高島留学センターに密着し、そこへ集まってきた子供たちの生活、成長を追ったノンフィクションである。 山村留学自体は、世間的に言われる「問題のある子供」を更生させる仕組みとしてある訳ではないのだが、久高留学センターには様々な問題のある子供がたまたま集まり、規則正く健康な生活、島の温かいコミュニティによって見違えるように成長していく姿には目を見張るものがある。 面白いのは、主役である子供たちだけではなく、その親であったり、施設の運営側の大人たちも決して器用ではなくそれぞれ不器用に問題を抱えながら生きている、という事実。結局のところ人が子供から大人に成長していくこと、大人として生きていくということは一人ではどうしても不完全で、様々な関係性がそれを補完していく必要があるのだと、このある種の社会実験を通してまざまざと見せつけられた気がした。 最後に、この本の文庫本あとがきに書かれた事実に、ノンフィクションや取材の難しさを感じた。ここは個人的には非常に残念に思うが、施設に関わる多くの当事者はもっと切実な、複雑な思いを感じていることだろう、と思う。

3年前