41tukds9cul

DVに憑かれた冷酷な夫から逃げ出したわたしが、職場で偶然知り合った既婚者の彼。その導きで始まった密会のたわむれは、わたしを絶望の淵から救った。甘い官能に溺... 続き

コメント

願っていたのは、死だった。
死んでしまえばいいほど、好きだった。

美しささえ感じられる、愛のかたちだった。

不倫は、孤独だ。
周りに知られてはならない、秘密。 二人の世界で蜜のように甘いそれは、二人が離れた途端、持ち上がりそうもない足枷へと変わり、
彼の家庭というぬるい世界が、彼女を ひとり へと追いやる。

私も、彼も、互いのものには完全になれない。
まして、彼はそう願ってもないだろう。
私のために、家族や社会から身を投げる覚悟はないのだから。

こうして、彼女が行き着いた先は諦念だった。

幸せを感じるには、それと同等の苦しみを味わなければいけない。
それが真実なら、元凶で、悪で、どこまでも愛しいあの人が死ねばいい。そう、死んでほしい。

彼を愛するが故の、彼女の悲愴な叫びだった。そして彼の死を願い続けながら、目の前の彼を愛し続けた。
いよいよ女はよくわからなかった。

多くの場面で、彼女は泣いた。
シャワーを浴びながら。彼の腕の中で。
一人枕を濡らして。

彼女の涙は、この上なく儚くも強く、美しいものだった。

女なら、ちいさなかけらは持っているであろう、歪んだ愛の結晶が詰まった作品。

読者

8e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9fC17115a3 000b 4bb4 b640 4e90004965a6

小手鞠るいの本

きみの声を聞かせて

きみの声を聞かせて

Cdeb69a0 8550 445f bcea 85badbbe9778

Fleur◗◖˟

ただの読書オタク

7月1日 2人の特別な子の話。 2人とも傷ついて、成長して、 大きな1歩を踏み出した。 自分の言葉が誰かを動かすことが出来たら、どれだけ嬉しいんだろう?

1年前

022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241E4221da0 872a 47ba b2cd 4218ac819b52