41lxg29uqkl

地震の前日、すみれは遠野くんに「最近忙しかったから、ちょっと息抜きに出かけてくるね」と伝えたらしい。そして、そのまま行方がわからなくなった――(本文より)... 続き

コメント

大切な人がいなくなった。亡くなった。
人を悼むこの気持ちは、大切な人に向かっているのか、自分の心を慰める為にあるのか、わからなくなり不安になった。
失った心の穴が、何か他のモノに変わっていく「時間」や「何か」は人それぞれだ。
湖谷さんの思いは、言葉になる前で形になる前で、読んでいて辛かった。
亡くなった彼女の死の動向が描かれているのが特徴的だと思う。残酷であるが、彼女の歩みは海へとーー。

大切な人を亡くし、苦しみや痛みを抱えている人
迎えに来てほしいと願っている人
ふと その人を忘れそうになる自分が嫌いな人

それぞれに、救いとなるものがあると思う。

いま生きている人に向けられた鎮魂歌。

東日本大震災が起きた。その時、旅行に行っていた友人が帰ってこなかった。
大好きな友人の死をどう受け止めればいいのか、どう捉えればいいのか、どう対処すればいいのか、悲しいと寂しいと辛いと、とにかく負の感情が溢れてしまって、前に進めない女性のお話。
自分が死んでしまった時、自分の1番近くにいる人にどうしてもらいたいか。逆に友人や恋人や家族が亡くなってしまった時、どうして欲しいのか。受け入れるってどういうことなのか。そんなことを考えさせられる。その答えは、本書にある通り、忘れる、とは違うと思う。でも、忘れない、とも確かに違う気がする。
すごく難しい問題だけれど、やっぱり、たまに夢に出てきて欲しい。会いに来て欲しい。自己満足なのは百も承知だけど、生きているときの幸せだった瞬間を思い出せたらいいなって思う。

東日本大震災で亡くなった人、その友人、恋人、家族を巡る話。大切な人を亡くした時、どうするか、どうなるかを考えてみるきっかけになりました。

読者

Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder3c38a038 ffd2 4538 be9d 0b6c6d704a9c89bb3154 f54a 41b0 8baf 480b249ffa7cE8e81cac 6685 4ea2 b690 c043a084e437E16ce4a9 9d8b 4d79 aac9 628a4699be443bb135fa 3fa6 4bca 860f 1151c8225bda 40人

彩瀬まるの本

珠玉

珠玉

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

「本物」という言葉が頻繁に出てきて、歩やジョージを悩ませ縛り付ける。 リサと繋がる真珠がストーリーテラーなのが奇抜だったが、これにもちゃんと仕掛けがあってーー。 後半、歩がジョージに思いを伝える台詞が好きだ、こんな言葉がひとを救うのだろう。

3か月前

E2b8cdc3 67d8 477a 9028 de9fac56ab670c563132 de53 41d1 9cfc c3d51d78b254C754595a 5f38 474f 9b4f a8132cb5904f
不在

不在

4ecb002b fa43 4e8f bc84 b0b84323bfb8

SGGK

サッカーとミステリとハードボイル…

自分の人生が普通ではないと感じるか?何を基準にそれを判断すれば良いのでしょうか。家族構成、家柄、収入など、判断基準は色々とあるかもしれませんが、人生など自分のもの一回きり、なかなか比較できるものではないでしょう。 というところで、このタイトルは一般性の「不在」なのではないかと考えましたが、その一般性すら人それぞれではないかとも感じます。結局のところ、人が他者を理解できるのは自分の常識の範囲内に過ぎず、その範囲をいかに広げられるかが重要なのではないかと。

6か月前

52bd9325 ad4e 4e79 bb55 f580f1d324aeD08c46be f694 44a1 8011 94d357c409b01525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4 20