Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
41%2bf0uhnphl

強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺... 続き

コメント

映画と合わせて楽しんだ。人の不幸の上に幸福は絶対に築けない事を再確認した。

「非常にオススメ」兄は弟の進学を心から願うあまり強盗を決行。そのはずみで殺人を犯してしまう。 強盗殺人者の弟となったあとは何をやっても世間から避難されることになる。「まわりは誰も助けてはくれない。兄が殺人者とわかれば差別される」  おそらく大半の読者はこの気の毒な兄弟に対して救いがあって欲しい気持ちで読むことになると思う。私もそうです。   しかしその読者の道徳心では解決できない現実の差別に対して真っ向から考えさせられる作品となっており、これまでの自分の価値観を再度見直すことになりました。大変感銘をうけた

犯罪者の家族を取り巻く厳しさを描いた作品
映画もぜひ見て欲しい

弟の為にと一生懸命だった兄が起こした犯罪によって、弟の人生を狂わせる。。辛い作品です。

懸命に弟を想う兄。
その想いに苦悩する弟。

基本進行は、弟の一人称。兄の言動などは「手紙」という手段にて描写されている。

主人公である弟の感情とシンクロし、感動の渦にいざなわれる。

こんな事ってきっとあるんだろうな。世の中の厳しさと真実を突きつけられた

加害者は加害者家族も罪を背負って生きていくという事。オススメの一冊です。

加害者遺族の気持ちなんて考えたことなかった。遺族もまた被害者。
犯罪は全ての人を巻き込む。
兄が殺人罪で服役中だと周囲にバレる度に全てを失う弟。
中盤でいつも泣いてしまいます。
視野が広がる一冊。

中学時代に読んだ本を再読
当時と違う感情で読めました。
解説にあるように、重い小説であると思う。

久しぶりに本を読んで泣きそうになりました。映画もとても良かったです。

泣ける!
読みやすくて言葉がすっと入ってくる

重い小説でした。でも、頑張っていこうと思わせてくれる話です。

たった1回、愛する弟のために許されざる過ちを犯した兄。
その兄のせいで暗い人生を狂わされた弟。
関わる人物、年を変えて繰り返される理不尽な仕打ち。
しかしその「理不尽」を私たちも知らず知らずのうちに向けてしまっているのかもしれない。

犯罪者の弟という事で様々な差別を受け、幸せを手に入れる手前で全てを失ってしまう。
そういう環境にいない自分にとっては「可哀想」で済ませてしまうのだろうが、実際同じ境遇の人がいれば自分もきっと差別してしまうのだろうと考えさせられる本。

評価★★★★☆
弟のために犯罪を犯し、囚人となった兄。
兄からの手紙と弟の成長と心境を綴った物語。
犯罪を犯すものと、犯罪を犯した家族をもつもの。両者の心境を考えさせられる一冊。

重い!重過ぎる内容。でもズッシリとくる感覚は不快ではない。

兄が殺人を犯した。加害者家の目線で書かれた小説です。読んだあとは頭から言葉が消えました。

読者

Icon user placeholder3a12060b 4cd8 48ec 9733 fdbcc60eb8aa57dd0b18 294e 4c45 b7d2 83c49e342e6eF94d5b5c da84 4a88 a858 4b76264525e6Icon user placeholderIcon user placeholder3590b799 a9c8 44d3 8631 92299c7033e3Icon user placeholder 77人

東野圭吾の本

片想い

片想い

85c24291 c4b4 4b87 8d57 b9672f2a95f0

saki

よろしくお願いします

初めての東野さんの小説でした。あまりミステリーを読まないので、最初は軽い気持ちで読んでいましたが、だんだんと惹き込まれるあたり、さすがだなと思いました。物語を楽しむだけでなく、性についても考えさせられました。真実がだんだんと結びついていって、最後にひとつの線になる所がミステリーの面白さであり、その面白さにハマりそうです。

13日前

Icon user placeholder3050068d 9168 4f07 889b c0669ec7def6A74cabe8 fc19 4afa aa44 e14f1ca54519 16
マスカレード・ナイト

マスカレード・ナイト

014253d4 6080 4951 9119 24735184a696

くすまり

読書だいすき

このシリーズ、全く読んだことがなかったけれど、いきなりシリーズ3作めから読み始めた私でも十分楽しめました!もちろん、シリーズ制覇したくなりました。ホテルでの大晦日のパーティーという設定や、コンシェルジュの存在など、三谷幸喜さんの「完全無欠のコンシェルジュ」や「THE有頂天ホテル」を思い出しました。

約2か月前

660e5ad5 0062 4ed7 8533 71d6eebd2f8dIcon user placeholderC7ab8fdb a970 44b0 9fc0 c3793c6e85eb 41