51c%2b35jez l

町会館の清掃中に本棚で見つけた『今昔奇怪録』という2冊の本。地域の怪異を集めた本のようだが、暇を持て余した私は何気なくそれを手に取り読んでしまう。その帰り... 続き

コメント

第16回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。
ハイカラな怪奇ものではなく、地に根ざしている不可解なモノへのホラー感のある作品だった。

読者

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad47d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf014253d4 6080 4951 9119 24735184a696C7f8a651 422d 47d7 8d7b 09d0515142a276bc0f85 8cb3 4e46 a3f5 c23b5baeb96d7b5a7494 d19d 4ce7 83e5 dc8e14676329 6人

文庫

FINE DAYS

FINE DAYS

0d7a8e2c e124 4267 88b7 b8d8d918e9c6

 

こういう本も必要なのだと思う、少なくとも私には。 ささやかな幸せと少しの苦しいこと。 うまく生きれないところに共感を持てる。 私自身長編の本が好きなのですが、この本はスラスラと読めてしまいました。

約16時間前

D5046ce6 09d7 48a4 90d2 fad3d78f67a80cf11b6c 9f4b 478e 8985 abd5899ecbce0e269e4b 9611 47e2 8dde 8ec5d54045e1 9
京都府謎解き散歩

京都府謎解き散歩

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

京都に関する謎(雑学)と、それらに対する回答を集めた本。 大納言小豆の由来など、読んでてなるほどと思わせるものもあるが、質問に対する答えになってないものも多く、ちょっと微妙だった。

約19時間前