Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51f6ckzcfol

コメント

日本の首都東京、その狭い都市の中にも
格差は存在している。

都市計画のコンサルタントして、様々な地方都市の
まちづくりを手がけてきた筆者は、
近年、住みたい街の選び方が変わってきたと感じている。

東京を、単に外側から見る「憧れの街」としてではなく
生活する場として、身近な街として
「私にとっての暮らしやすい街」を求める傾向が出てきたようだ。

この「私にとって」が大切なのだと思う。
今日、セルフ・ブランディングとまでは言わずとも
皆が同じであった没個性時代を経て、
それぞれが個性を重んじ、自分らしさを追求している。
いつまでプライドの呪縛に囚われているべきかを考えれば
住みたい街は広がっていく。

23区中、所得最下位の足立区でも
大阪市(192位)や札幌市(285位)より所得水準が高いという、
東京自体が高所得の都市であること。
その23区内でもピケティ氏の説を裏付けるかのごとく
「富の集中」が進んでいること。

東京で生まれ育った私にとって
統計を基に次々と明かされる現実は、
薄々気付いていたとは言え、
喜んで受け入れられることばかりではなかった。

更に、日本の核家族化は大正時代から始まっており、
そして2010年の国勢調査でひとり暮らしが
夫婦と子供の世帯より多くなったという事実。

それでも、少子化が問題視される日本で
23区では子供が増えているという明るい側面もある。

結論として、住んでいい区はあるが、住んではいけない区はない。
あくまでも「私にとって」住みやすい街かどうかである。

個々人がそれぞれに描く未来像に応じ
意識的に「住んでいいまち」を選ぶようにすれば良い・
言い換えるなら、まちを未来につなげていく主役を、
私たち自身が担うということなのだと筆者は言う。

訪れたい街と住みたい街が必ずしも一致する必要はないと思う。
自分らしく暮らせる街は、ここ以外にもあるかも知れないと
今、少しワクワクしている。

年収、福祉、教育、犯罪、統計から読む23区の格差。人口減少社会にあって、東京の一人勝ちと言われがちな昨今だけど、その東京の中でも勝ち組負け組は生まれてきているよというお話。

でも、実際問題住むところって、そんなに考えて選んで無いというか、仕事や家庭の都合で、ある程度限定された選択肢の中から選ぶよね。
まあ、、その選択肢が限定される中で、ある程度の階層のセグメントが発生するのだけど。

って、考えると区の格差以前に、やはり相応の人それぞれの社会事情があって、それが住んでる場所に反映されているだけなのかもしれないね。

よく調べて研究しているなと思わせられる本。
でも、あくまでもデータは客観的なものなので、その客観性の要素のみで主観的な主張をするのはどうかと思った。

ただ、何でもあるけど何にもないというフレーズには吹いたw
流石‼︎

読者

Icon user placeholder60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a8359d0a2bfb cee4 4a56 8ee0 8d30ae78cfa23d1453a2 c7f8 4c03 8f78 f4d7f65df083 4人

社会

少年の名はジルベール

少年の名はジルベール

Bb8953ff 4ab9 4767 960f 764e3c93527a

mame3

Books

竹宮恵子と萩尾望都という二人の漫画家、そしてブレーンである増山さんという女性との出会いによって始まった同居は、後に大泉サロンと呼ばれるようになります。 少女マンガの世界を変革したいと叫ぶサロンのメンバーによる熱い議論は、たぶん、今もまだあちこちで解決されていない問題も含んでいておもしろい。 普通でも共同生活は難しいのに、漫画家が二人+サロンに集う漫画家志望の女の子たち。互いに刺激しあえるうちはいいですが、誰かに圧倒的な才能を感じてしまうと厳しくなりますよね。 たった2年でサロンは解散、ようやく読者の目を意識できた竹宮さんも迷路を脱出。本当に描きたかった、ずっと温めていた漫画を描けるようになります。そこまでの戦いもハンパない。 感性だけで描いていた表現から、技術の重要さに気付いて自分の表現を手に入れていく辺りは、読んでいてゾクゾクしました。 往年のマンガファンだけでなく、表現に関わる仕事をしたいと思っている方におすすめ。

1日前

Icon user placeholder00262ceb e827 42de bd86 ac14d32025851f2696fa 76a5 4a6e a1c4 14b532865fd3
民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか

民主党政権 失敗の検証 - 日本政治は何を活かすか

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

民主党政権の失敗について、民主党議員へのヒアリングを元に何故ダメだったかを質的に検証している。 少し繰り返しのように見えてしまう部分はあるが、総じて民主党政権失敗の要因と一部分の功績が分かる。 主な失敗要因 ・圧倒的な政権運営ノウハウの不足 ・選挙対策に小沢一郎を入れたことにより、自民党の票田を奪うものの、実現不可能なマニフェストとなってしまうジレンマ 主な功績 ・マニフェストという形で公約を実現したかしなかったを見える化したこと ・子ども手当 ・診療報酬の見直し どうしても自然発生的でないアジアの民主主義の中で、元々の与党がノウハウを蓄積し続けてしまうため、二大政党制が中々根付かないという印象を持った。

4日前

知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎

知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎

60729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835

ぬぬに

非ワカモノです

戦前、明治、時には藩政時代にまで遡り、現在の都道府県境界を定めるに至ったさまざまな因縁を紹介していく一冊。 都道府県境界は、通常河川や、山の分水嶺を起点として定められるが、歴史上の各種経緯により、びっくりするような例外事項が生まれている。 ネタ的に面白さの白眉は、幅1メートルの県境が新潟県と山形県の間に突き刺さった、延々7キロ以上も続く福島県の盲腸県境だろう。これは盲腸県境の末端にある飯豊山神社が古来から福島県側の信仰対象であったことによるもの。 地理好き、地図好きな方なら楽しく読める雑学本だと思います。

9日前