Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51eywvhmspl

万城目ワールド10周年。新たな幕開けを告げる、最強の「奇書」が誕生!! 俺を追ってくるのは、夢か? カラスか? 作家志望の雑居ビル管理人が巻き込まれた、... 続き

コメント

もう少しで読了。オチはどうなるんだろう?のこれ。

そんな、
ハッピーエンドじゃないなんて

万城目さんらしくない、、

まんまと作者の策にハマり、期待をいい意味で裏切られた読者の1人です

ひさしぶりの万城目ワールド。

いつもよりダーク(?)な世界観で、
不思議さは相変わらずに。

大九朔の動機がよくわからなくて、
ラストも救われたのかどうなのか・・・

湖の力って『しゅららぼん』と関係あるのかしら?

僕的にはまた関西を舞台にしたシリーズが読みたいです。

今度は和歌山とか!

直前にBSでしゅららぼんを見たのでマキメワールドを期待したのに読後感の消化不良が甚だしかった。私は深読みができないエンタメ嗜好体質なので直ぐに続編が出るのかと思ってしまった。

帯に「奇書」と書かれていたとおり…読後ポカーンとなった。万城目氏、行き詰まってんのかな…。個人的にはデビュー当初のようなバカっぽい妄想の方が好きなんですが。
ちなみに初めて買ったサイン本(笑)。

個人的にはヒットしなかったものの、笑いを除かれた本作は今までとは異なる万城目ワールドがある。
夢を見ている人、夢をあきらめた人どちらが読んでも琴線に触れるだろう。

読者

Icon user placeholder90049a56 142a 4133 b389 c842e470feb63a22042c 4cc3 4067 a0ee d898a900b992E1cfc9bc dd9b 4678 8e4c 69bdd0749a6a0fcb38d0 fe2c 4697 9a13 83cc59c626b23093beb7 8006 419a afcb 85a34b18a5567d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb 13人

万城目学の本

パーマネント神喜劇

パーマネント神喜劇

Dd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f

しつちょー。@書店員

かけだし書店員

これぞマキメ・エンターテイメント! 最近の万城目さんの本は、時代モノや古典など、 ちょっと固めな題材が多かったように思うけど、 僕はやっぱりこういうファンタジーが大好き! とある神社でお勤めをしている縁結びの神様のお話。 優しく笑えて、最後に泣ける。 最近涙もろくなっていかんと思うのだけど、 昔はわからなかったようなたくさんの知識や経験をしたから、 感受性が良くなったのだなぁとポジティブにとらえるようにしました✨ 「?」なタイトルのネタバラシの仕方がGOOD!

4か月前

B524559e 279a 42aa 8b57 2271a5f3dd54D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef316a732c0a a460 4f5d 9189 99c2559dd834 9
とっぴんぱらりの風太郎 下 ()

とっぴんぱらりの風太郎 下 ()

D04e7f91 000f 46dc b634 d5c77f2cef31

ぬっぴー

川端康成好き。

よかった。人を蹴落としてなんぼな、孤高で孤独な忍びの道。戦で心が荒みきった風太郎が見出した、誰かを救う、という一筋の道。風太郎を導くのが術使いのひょうたんというのも万城目さんらしいトリッキーさ。おしまい、おしまいという意味だけど、続編やらないかなぁ。2017.3

8か月前

悟浄出立

悟浄出立

0c5f0435 8852 4ed7 be9a 27f721c6fad7

mai

((*゚∀゚))

万城目学といえば日本の歴史×ファンタジーというイメージだったけど、中国の古典を題材にした小説があったとは!小学生の頃に初めて読んだ西遊記や、教科書に載っていた山月記を読んでその圧倒的な筆力に衝撃を受けた中島敦、歴史の巨人司馬遷など、自分も過去にすごい!と思った物語や人がテーマになって万城目さん流の物語になっていたり、触れられていて嬉しかったです。

8か月前

Bdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb8c2e3305 ae04 4bae b596 15d812009c0b 10