516swqxo5zl

人間砂漠といわれる現代にあり、こそが、われわれに最も貴重なオアシスだとして、その理論と実践の習得をすすめた本書は、フロムの代表作として、世界的ベストセラー... 続き

コメント

頭の中を言語化されているようで、読んでる間終始不思議な気分だった。怖いような、ムカつくような。

愛は美しいものじゃない、ほんとは痛みも苦しみも伴うものだとずっと感じてきてたのに、あっさり言語化されちゃった。

わかってくれる人に出会ったことないけれど、これがわたしの愛の真実。

【愛し方なんて】
書物で教わるものじゃないと思ってた、この本を読むまでは

#本結

愛は技術であり、一時の感情や、対象や、自分が愛されるかどうかということは問題ではない。愛を育むには、まず人に与える喜びを知り、自分から愛することを始める必要がある。そして、そのために自分が精神的に自立している必要がある。自分の心の成熟と愛の深さは比例する。

愛は技術であるという言葉が印象的。また読み返したい本。

すぐには消化できなくて、これはどういうことだ?っていうこともたくさん書いてある。そのひっかかりをもったまま生活していると、あぁこういうことだったのか!と腑に落ちる場面に出くわすようになる。それが楽しい。

愛は技術なのか…
具体的な学び方には触れてはいないのがもどかしい。

技術というなら語らねばいけないと思う

原題は愛の技術
幸せになる勇気から飛んできた
愛することは感情ではなく技術であるという前提のもと
その人間の実存にとっての愛することの必要性や具体的に愛することができるようになるための修練の仕方まで書かれている。
愛されることばかり考えてきた自分にとっては衝撃だった。
これからは愛する人生を選びたい。

何度も読み直す価値のある本。精神分析のくだりが面白かったので他の著書も読んでみる。

愛するということが現代社会において、いかに困難であるかということが、ひしひしと。はっきり言って、無理なんじゃないか、と思えてくるが、あまり考えずに、動くしかないね。動けなくなるのがまずいよね。しかしこの本の対として紹介される、「悪について」は何回か読んだが、なんで対として解釈されているのかがよくわからないので、「悪について」をもう一度読もう。あっちは難しいんだよね。

読み終わりました。
今の私には難しすぎて、少しも理解できた気がしないです。これからもっと人生経験を積む中で思い出し、その時始めて腑に落ちるのか落ちないのか、、

■まとめ
愛する、というのは行為であり、
その行為は能動的なものである。
従って、自らがその行為を遂げるためには
そのための技術が必要である。

その技術とはすなわち
成熟した人になり、他人に与えること。

■感想
面白かった。

なんかいも、時々読んでます。

読者

0a3c772d a74a 4757 a7a8 b823b814d560E3329a10 e173 4104 866b 4c17ea3b1d28Adb68917 43d5 4a73 aea5 607ea09a90417c5e6497 c394 4456 bfa6 d948f42128749ef2222d 5692 4729 b00d 1c6de97ab3024e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc47c3a285 018e 49d4 83ed b449cf7d3f0fEabdc9fe d35d 44f5 a3a0 31be8e906c6e 99人

エーリッヒ・フロムの本

悪について

悪について

C15a8782 9534 4cb0 b5eb 5083ea7575c2

salute_salute

チェーンではない街角の古書店、友…

「愛するということ」と併読してみようと入手したまま積ん読中。夏までに読み終われるといいな。。

3年前