Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
419a915q1bl

女32歳、独身。誰かにのめりこんで傷つくことを恐れ、恋を遠ざけていた夏目。間島の絵を一目見た瞬間、心は波立ち、持っていかれてしまう。走り出した恋に夢中の夏... 続き

コメント

似たような恋をしました。
想いが重なってぎゅっとした。
思い出して少しだけ泣きました。

西さんの、どろっとした恋愛小説。わたしはとても好きだった。
狂っているけれど、こんなふうに人を好きになれたらたぶんしあわせ。

その人以外どうでもよくなるような存在への畏怖と欲

今まで自分の恋愛をちゃんと誰かに話したことなんてなかったなぁと思い出しながら読んだ。
当時は自分のことだけを好きにならない人といる惨めさやみっともなさを気づきたくなくて、自分は恋愛なんてしていなかったんだと自己暗示をしていたような気がする。
読み進めていくうちに、あぁ私は傷ついていたんだなと思った。すごく好きだったんだなぁ。

読み終わって、猛烈に誰かに今までのバカな盲目な話をしてバカだねぇって笑い転げたくなった。

ストーリーに現実味がある分、誰かの恋の話を聞いているだけのような、少し物足りない気がしました。

こんな恋死ぬまでに1度はしてみたい

この中の人たちは皆、強くて優しくて、醜さと恐怖も兼ね備えてて、とんでもなく魅力的で、最高に美しい恋愛小説。

泣いちゃうくらい好きになれた経験に、感謝したい。

心がぐさっとやられて
幸せって思う

狂わしいほどに好きになる。愛しい気持ちは一瞬でやってきて、気づいたらもう引き返せないところまで来ていて、うれしくて、かなしくて。
それぞれの、それぞれの愛情が溢れて止まらない、清々しいほどに。

友人から、自分に似ている人が出ていると言われて読みました。出てくる絵が見たことないのに頭に浮かんできました。とくにまじまさんの絵は、欲しくなりました。
恋愛の話なのですが、恋に落ちる時の距離を保ってる描写が好きです。
この本で絵画作品に対する見方も少し変わってきて、
エゴがあって見ることは全然悪いことじゃないし、赤は赤であり続けるだけで、見る人によって違う赤になるだけなんだと思いました。
勢いのある主人公が西加奈子作品らしいと思いました。

恋愛に関する小説を読んでると、暖かくて幸福な気持ちになれる場合と、鈍器で頭を殴られたような感覚になる場合があって、これは後者だった。

こんな小説を読んだ時、読書は違う世界に触れるなんて美しいものではなくて、読書は自分との戦いだと思う。

純文学の恋愛小説
心が揺さぶられた
読書後の余韻がすばらしい

読者

9ce2e64e 6f31 4d75 b26f 84574d0ac6c37046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dEe5be961 4ff4 4d23 a889 a8416bd0fac6Icon user placeholder4ccc9057 e8b7 4f21 925e d16c3ab9cb11Dbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e29d62825c 1436 4b41 918f 3b5e6affb18546180684 68a3 4ac7 9a96 28c49e42800d 91人

西加奈子の本

サラバ! 下

サラバ! 下

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/11/30 読了 自分語りの文体が心地よい。奇抜な姉の行動も気になり、グイグイと物語に引き込まれる。最後は読者にぶん投げても良かったかなぁ。

約2か月前

Icon user placeholder441eeb00 70ed 4f8a 952a ea945c6d742aIcon user placeholder 21
十歳までに読んだ本

十歳までに読んだ本

015dce07 cf3e 4648 a2ea 9129980e6554

まいさん

頭でっかちにならないように、ゆっ…

みんな昔はちいさな子供で、本の中で繰り広げられる物語にドキドキ、わくわくしていたんだ。 幼い頃の読書経験は、確実に今の彼らを形作ってる。私もそうであるように。

3か月前

27714fb8 9ca4 4093 a93f 3e7d387c0874B0d71fe1 59fb 4540 9b5f 9b77bc8cc06eF952a44d 5dab 46b7 9e98 b3860b547b44
サラバ! 上

サラバ! 上

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

ぱんだお

歴史、ファンタジー、ノンフィクシ…

姉の奇抜っぷりはまさに非日常的だけど、彼女を見つめる主人公の弟くんの考え方や周りの人の行動は本当に人間的で考えさせられることが多い。 舞台はイランやエジプトがでてきて、普通の場所ではないけれど、どんな家族でも抱えるような問題や悩みが描かれている。もうとりあえず駆け抜けるように読み終えました。下巻も楽しみ。

3か月前

7046ce21 ea1e 485e 97f5 3ad281c34a4dD388536e b831 46ce b265 8cd6787557fdE344ca04 c576 4479 85dc 7c3c83597ed4 31
短編学校

短編学校

721ff227 6404 486e a136 194741a375b4

付喪神

基本、何でも読みます

2017/10/19 読了 少年・少女が大人になる瞬間を描いたアンソロジー。米澤穂信、本多孝好、関口尚、辻村深月、今野緒雪、それぞれ楽しませてもらった。それにしても、なんでこの短編集のタイトルが学校なんだ?

3か月前

7d63272d 4edb 4f5c b64c f54f6b57d0c4Icon user placeholderIcon user placeholder