Btn appstore Btn googleplay
41wdibvyn%2bl

天災ですべてを失った中学生の信之。共に生き残った幼なじみの美花のため、彼はある行動をとる。それから二十年後、信之の前に、秘密を知るもう一人の生き残り・輔が... 続き

コメント

人物像全て暗い…から、あえての「光」かぁ誰もが自分をわからず、ごまかしながら生きてる怖さ。
津波というから生死の人間模様かと思いきや⁈あの震災前の作品で、テーマは暴力。津波という自然暴力よりも恐いのが、人の中に潜んでる暴力の萌だよね
「自分のせいじゃない」と言い訳をする無責任。
「自分には関係ない」と遠巻きに眺める自覚のなさ。

何を守るのか。誰を守るのか。ラストの行く末が気になって仕方ありません。

人の残酷な部分や醜い部分をなんだか冷静に描いてるように感じた。
残酷行為をしているその本人がそれを俯瞰しているような感覚を感じる。
家族や、愛や、お金、綺麗事にはしていない話。
なぜタイトルが光なのか。
私には最後もあまり光は見えなかった。
出来事がすべて衝撃的なのに、どこかとてもリアルに描かれている。

重い…
人間の業を描いた一冊であった
話は少し違うが、とある有名作家の話と最初似ているかな?とは思ったが違った

映画化されると知って読んでみたんだけど、この2016年に読んでよかったと思う。この作品の次に書かれたのが『舟を編む』だったことに、意義深さを感じる。

暴き出す、隠す、光。そして、島と海。女と男。
映画化された記事と音楽 ジェフ・ミルズ⁉︎の文字に俄然、興味が沸き、買い求め、読み始めたのだった。
だからか、かの四つ打ちの重低音が規則的に鳴り続けるかの如くページを進め、進む。好きではないが嫌いにもなれない登場人物達。やがて、彼らの到達する地点は想像に易いと言えば易い。
とは言え、何かスゴイものを読んだ。そんな気にもなった。
原作を読むと映画はいいや、となりがちなのだが、これは映画も観てみたい。

まあ三浦しをんぽくない。けど、これを最初に読むと三浦しをんぽいなぁと思う。

重く問いかける作品。多分、あの震災の前に読んでいたら印象も変わっていたと思う。作者がこの作品で投げかけてくるものが、痛いくらいわかる。わかるからこそ、読み進んでいってもこの重さが『光』になる事はなかった。

お、重い…。

風が強く吹いているが良かったので、
苦手な内容、ちょっとこわい

三浦しおんらしくないけど、面白かった。

読者

Icon user placeholder3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aDd8a0aee 2079 4d2b 8b25 e07129582e1bD9e7f322 0783 4529 8281 28033be58a70259c99d9 d5a1 4074 9618 472b931cefbd75427b58 3ff0 4cf6 bf64 ff9bbfba28e9637a9027 784d 4e10 9636 55968ebfff4b05e7d16f a937 4cb4 b53b c35cba24dc71 48人

三浦しをんの本

舟を編む

舟を編む

6ecd17a4 411f 4245 a2ca d3fe8fd7dffd

Naoko Takebe

人から本をオススメしてもらうのが…

いい話だった。 一生懸命打ち込めるものがある幸せ、それを理解してくれる仲間がいる幸せを感じた。

11か月前

Ee29613b 0434 4882 bfe9 3fbc1b4e623864830e11 229a 45cf b9a6 188c833899ac18a729e2 09a7 428c a81d c8c13db9b1b0 355
お友だちからお願いします

お友だちからお願いします

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2

山奥

花屋 植物担当 から転職 書店員…

しをんさんのエッセイ 今回も絶対笑わせてもらうぞーと ハードル高めでも大丈夫 安定の面白さです

約1年前

E3a0d100 22bc 4e9c 8170 d70fefefd82eF78266a2 b0d7 492e 9a81 9919899a2195Cbda7f18 b4b3 417b 9513 712e1d292184 15
ののはな通信

ののはな通信

Picture

渡辺洋介

神田村経由専門書版元

物語は山手の女子高に通う二人による昭和59年より平成23年までの手紙のやり取りのみにて進行する。10代の過剰なまでの情熱と40代に入ってからの諦念というべき静かな感情の穏やかさに過ぎた歳月を思う。 「高校生のころ、あなたが学校を休んで連絡がとれなかったとき、私は半狂乱で手紙を送りまくり、家へ電話をかけまくったでしょ?あのときは夢のなかでもあなたの姿を探して涙を流していた。  けれど、いまとなってはもう、風のように吹く時の速さに押し流されるまま、淡々と日常を営み、ある種の諦観とともに、あなたからの連絡をひたすら待っているだけ、私の精神は鈍磨したのだ。中途半端に」P.386 「どこかで自分に愛想を尽かし諦めて折り合っていかなければ中年になるまで生きのびることなんてできないわよね」P.414 日劇もとっくに無くなってしまった。

約1年前

0a8261be d1bc 4543 bd01 f88e0ad6835bDac65a9b 3335 4888 acc9 e29fcb3a56a9B4b02055 014a 40a7 9950 b5e0475332b1 68