41dxphp16kl

コメント

自分の卑しさ、健康の悩み、不平不満は他人のせいでも外部環境でもなく自分自身が形成しているもの。
宗教でもなくスピリチュアルでもなく真理は宇宙の法則。
宇宙の法則とずれた考え方が不幸になることに気づかせてくれる本だ。
30分程度で読めるボリュームなのも凄くいい。

成功を手にできないでいる人たちは、自分の欲望を全く犠牲にしていない人たち

この世は秩序 それに穏やかに順応することが成功する秘訣

この結果がでる。ということはこの原因がある。つまりその原因を使えば、その結果はでる。

どん底の時、偶然この本を手に取り救われました。決して宗教の本ではありません。

原因があるから、その結果がある。

当たり前のことですが、このシンプルな言葉が真理であることを、繰り返し教えてくれます。

辛い時でも、辛抱して努力をすること。
自分の心の主として、ざわめく心を鎮めること。

心の中の雑草を抜き、気高い理想を持って耕しつづけること。

それが実を結ぶときつまり、内面の変化という「原因」は、もはや同じ環境に身を置くことはできないという「結果」をもたらす。

その言葉に救われます。

今でもこの本を手に取り、ランダムに開いた箇所を読むことがあります。

非常にシンプルな真理ですので、当たり前のことが書いてあると思われる人には響かないのかもしれません。

この本が必要な人にちゃんと届けばいいなと思う、そんな本です。

追記:全くの余談ですが、この本は聖書のつぎに世界中で読み継がれてきた本だと書かれています。

また、現在の自己啓発の本はこの本の焼き直しであるという指摘もあるそうです。

100年以上前に生まれたこの本の著者は、英国以外での著作権を放棄していたそうです。その印税だけでも果てしないものになったであろうに…

でも、この本を読むとその著者の意図がわかる気がします。

読破後に余韻がなかった。
ふーんって感じ。

人生を設計し、制作するための本。
この本では小手先のテクニックやライフハックは一切述べられていない。人生を根源的に変える方法について書かれている。
「すぐに役立つものはすぐに役立たなくなる」ーこの言葉を知っているならこの本からより多くのことを学ぶことができる。

目標を達成する方法は何か。
ーそれは不安や恐れを排除して自分自身を信じることである。
勇気が出でくる。希望が見えてくる。消えかけた自信がしっかり私を包む。
閉ざされた扉が今ひとつ開いた。

コミック版込みで何度か読んではいるが、はっきり言うとただの宗教本。そんな簡単に良くなるなら、この本の作者はビルゲイツを超える大富豪にでもなっていただろう。

結局、人は自分の蒔いた種の分からしか刈り取れない、みたいな事を色んな表現で何回も何回も書いてる本ではなかろうかと感じた。自己啓発本って、ちょっとお高い感じの概念的な本と、実践的で俗物的な感じの本の二種類があるイメージだけど、これは完璧に前者。書いてある事から読者がどんな考えを導き出すのかが重要で、具体的な実際の行動へと落とし込む所は本人に任されてるから自分にとっては少しレベルが高く感じた。けどそこは読み手が自分に何が得られるかを考えなきゃいけないんだよなー。多分あと20回くらい読まないと本当の理解までは至らなそう…深いなぁ。

読者

Icon user placeholderC7a19790 321e 4939 a105 2c0000cf5c4dD9429e6d a22d 4bf6 8cdf e7e857719efaE638be73 d93b 4e1e 9581 7524f4f02714E96be402 f5d2 4380 85c1 ffca9f55aaed43ee9770 28c5 4f8d 90ac 92e411d9fb142f526087 9792 4478 b63b dc5f9bca29cb89c51717 821f 4c07 b125 8768fd5bbbe3 52人

ビジネス

1分間資本論

1分間資本論

Cfcac1ce 1906 4eb5 b246 12ed0104cd61

Toyohiro Kanazawa

ジャンル問わず

短くまとめられているので読みやすかった。原本も訳本も読んだ事はないけど、研究などではなく教養として資本論を知るなら充分だと思う。 共産主義とはどういうことか書かれているかと思ったが、資本主義の先に理想となる国があるという風に書かれている印象を受けた。

約11時間前

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

ヤフーの1on1―――部下を成長させるコミュニケーションの技法

Akiaivjyeuyp25rambwa

juuuun_o

スタートアップ起業→メガベンチャ…

ヤフーの1on1での目的は、部下の行動や経験学習を深める事と定義しており、1on1で起きがちな上司が状況把握するためのものではないことを強く提言している点が印象的です。部下の学びを支援であり、そのための対話であることを意識する必要性を説いています。 気づいたら上司主導の報告/相談に陥りやすく、自分の考えを主張し誘導する場面もあったのかなと学びがありました。苦手意識を持つ人とほど1on1を活かしてコミュニケーションを密にとり、互いに苦手意識を緩和する場にしていくことも非常に重要であり、1on1を行っている立場として、一段踏み込む意識改革にもなったので、実施側は必読で良いかと。

2日前

92657f91 27f8 414c af22 c37a7811e65e14721248 300e 4250 8018 eecc0a8186ed84004e98 17b9 4395 9c00 1c992add9326
超一流の雑談力

超一流の雑談力

Cb52a2ca af51 4f45 9431 e2e2f11d48e8

しょうちゃん

人にオススメされた本を読んだり購…

普段、友人や後輩家族いろんな場所で、コミュニケーションをとる日常のなかで、勉強になることが書いてあって実践してみようと思った。例えば、いつもより3音高く話すとか電話の時のトーンを高くするなど、意識しながら生活してみようと思う

3日前

005bb929 b288 426c b48a adce95c0a5d8Af6207e9 11a9 4c10 abe6 a9f3f9c0e351Cc841888 d781 4e59 9578 49d990362871 67