51ewmoyr5tl

少ない服で「あの人素敵!」と思わせる極意。ファッション誌には載っていない本当におしゃれな人の「服の買い方」。キャリア30年超のスタイリストが初めて本音で語った! 続き

コメント

「おしゃれな人」とは「ダサいものを着ない人」ーーーー
着こなし方とかコーディネート集とかじゃないスタイリスト本。
ファッションて、心技体だな。

靴にお金をかけること。

自分の好きなネイビーとグリーンばかりになってもいいんだ!!
と、買い物前にもう一度復習したい本です。

目からウロコな内容が多かった...!

日本の女子には、毎日違う格好をしなければならないという思い込みがあり、バリエーションのためについ混ぜてしまうイマイチな服こそオシャレ度をさげる、というのが本書の主張。

⚫︎ださいの印象はおしゃれの印象より百倍強い

⚫︎おしゃれテクを研究するよりも、ダサい服を排除するほうがおしゃれ度があがる。そのためには
→いらないものはすてる
どうでもいいものはかわない
ことが大切。

⚫︎着こなしのバリエーションを広げるために、それほど気に入っていない服や安い服を
何枚も買うのではなく、そのお金を本当に気に入った上質の一枚にあてる
定番のものをアップデートする

⚫︎この時代に輝くのは、自分の好きなもの、本当に大切なものを知っていて、それ意外をきっぱり切り捨てる勇気がある女性

⚫︎すべてのジャンルの服を着こなす必要はなく、自分の担当分野、自分の似合う分野だけ揃えれば十分

⚫︎コストパフォーマンスは、何回着れるかで考える。
毎日使うものにお金をかける。
名刺入れや長財布、バックなど。

少なくても、それぞれ良いものを。ワードローブを見直して、気に入ったファッションをアップデート…今年で30代に突入する今、考え直してみよう。

フランス人は〜の次に読んだ本。少し似ている部分もあり。より実践しやすく感じられました。

フランス人は10着しか服をもたないが入門編なら、こちらは実践編かというのが、素直な感想。でも、いってることは似ていてるようでなかり異なる。

大人の服選びについて。
シーズンに何回着られるかで買う服を選べ、シーズン後半に始まるセールは全然得じゃない、に納得。

気持ちのいいくらい、ズバッと言ってくれる本。

ファッション雑誌によく載ってる30日間コーデ、ずっと疑問に思ってたけど絶対変なコーデになる日あるし、毎日変える必要なんて無いと思ってた。

自分の好きなテイスト・ジャンルの服なら同じようなのが何枚あってもいい、と言ってくれて嬉しい。

「何にでも合う服は何にでも似合わない服」

「これ安いし買っとこうかな」ってことが多かったけど、この本を読んで無駄買いをズバッとやめられた。

これからは、店員さんに普段持ってない色の服を勧められてもはっきり断ろうと思う。

自分の服に対して、真剣に考えさせられる。
素晴らしい本に出会えてよかった。
2017,11

服を見直したくなる本。
ちょうど、服を減らしていたので
読んで減らす量に拍車がかかった。

自分に合う服は何か
自分が着ていて幸せになる服を選ぼう。

ださいの印象はおしゃれの印象より百倍強い

おしゃれテクを研究するよりも、ダサい服を排除するほうがおしゃれ度があがる。そのためには

着こなしのバリエーションを広げるために、それほど気に入っていない服や安い服を
何枚も買うのではなく、そのお金を本当に気に入った上質の一枚にあてる
定番のものをアップデートする

コストパフォーマンスは、何回着れるかで考える。
毎日使うものにお金をかける。
名刺入れや長財布、バックなど。

「今の時代、一生ものの服なんてそうない」。
言えてますなあ。
最近、今まで着ていた服が似合わなくなってきた。この本を参考に見直しを図るか。

「ダサい」の印象は「おしゃれ」の印象の100倍強い、まさにその通りです。私もかかってしまっている「バリエーションの呪い」から抜け出すために、今日服を捨てよう!2015.11.10

読者

Icon user placeholderFaf14b11 b8ee 46f0 806e 2837316c0b435106e22c d818 4bc7 92f2 940667568e632d94322f b964 4753 9022 73f03c72a25cIcon user placeholder7d5d48e5 a82a 42e5 920b f47070d0b9d4939d38a2 dde9 4b6e bdf8 3e33a298405d5a7e1120 95ce 462b b8e5 fefacc08cf25 60人

暮らし

世界で一番恐ろしい食べ物

世界で一番恐ろしい食べ物

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093

まこと

二児の父親

昆虫や臓物など、世界中のグロテスクな食べ物を写真とともに紹介。 自分にとっては「カミキリムシ」や「ゲンゴロウ」といった昆虫類、そして「ヒツジの頭」が衝撃的だった。 とはいえ、この本の中には「ウナギ」や「牛タン」、「納豆」など日本人が大好きな食べ物も紹介されている。 結局のところ、何がグルメ食材で、何がグロテスクなのかは生まれ育った文化圏が決めるということ。そして大雑把に言うと、ヒトという生き物はなんでも食べるのだということに気付かされた。

3日前

6bf5c971 2043 4e74 a761 fb331b62e1a6Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc808634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c
No.1キャバ嬢が教える男の本音を知る技術~幸せな結婚ができる女性 なぜか結婚できない女性~

No.1キャバ嬢が教える男の本音を知る技術~幸せな結婚ができる女性 なぜか結婚できない女性~

Qhra suj normal

梨沙∈( º____º )∋

昔から本ばかり読んでいます

どうすれば良い恋愛が上手くいくか、とてもわかりやすく書かれています。恋愛に疲れたときとか、不安なときとか、ネットで検索して読むとキツイ表現がおおくて余計疲れる気がするので、この本は読み手の気持ちを考えた優しさが伝わってくるのでおすすめです!ただ、相手のことを信じるのが基本スタンスなので、自分には向いてない、、ってこともあるかも。ですが、今まで読んだ恋愛指南本の中では一番かなあ、よくある極端な意見、変わった考え方で上手くいく、という感じではないので信頼出来ると思います!

3日前

きみは赤ちゃん

きみは赤ちゃん

4714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2

snowparade

漫画多めです。小説も読みます

笑いあり、涙あり、つらさあり、痛みあり…。 もう何でもありました。 川上未映子さんの語り口調のおかげか、読んでてこっちまで辛くなる!なんて思いつめたりはしなかったけれど、この体験は壮絶だな…母親って偉大だなあと感じさせてくれる本でした。 川上未映子さんの「妊娠→出産→子供の一歳記念」までが語られているのですが、どうしたってうまくいかない様子が読んでいても伝わって、自分の体から他人(赤ちゃん)を産むのって本当すごいことだなぁと思います。 特に、旦那であるあべちゃんにはイライラしてしまうことの連続みたいでしたが、そのイライラすらも少し客観的な立場で分析出来ているのが、さすが作家さんだと驚きました。そういう意味では、「あ、私のこの感情ってこういう理由なんだ!」と同じ状況にある方はほっと安心するかもしれないし、あるいは「あ、あの時のってこういうことだったんだ!」とストンと腑に落ちるって方もいるかもしれないです。 エッセイってだけでなく、この本を読んで「私だけじゃなかった」と孤独から救われるお母さんは実は多いんじゃないかなぁと感じました。 男性・女性とか、妊娠・出産の経験の有無に関わらず、いろんな人に読んでほしいなぁと思う内容です。きっと、「自分はこんな風に大切にされて生まれてきたのかな」とか「あ、これわかる〜」とか、何かしら自分の中で「妊娠・出産・育児」に対する考えや感じ方が変わるんじゃないかなと思います。

3日前

3a848d7f c836 4d90 8520 8095cf00cfe25aad0610 8005 4190 b54f 5622c0f4f5beC4488e75 bce2 4e69 8e73 c9c66b6bf26c 12