51 g7ou unl

成功はさみしさから生まれる。ディズニー、ジョブズ、坂本龍馬、酒井法子、山口百恵……世界を変えた偉人やスターは、いかにして精神的「飢え」を生きる力に変えたの... 続き

コメント

芸能界や各業種で成功している人は寂しさをバネにしている

と言うことを具体的に説明している 引き込まれて一気読みしてしまった

母の為に必死で書いた本だからかとても読みやすかったです

寂しいという感情に素直になっていいんだよ、と思わせてくれた一冊。時間をあけてまた読みたいです。

読者

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb065efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5fF58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be989e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e402ef02f 62ef 4324 af17 52f675c5368fA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c6641c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2 8人

新書

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

D6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0

lAube

本と映画と旅が好き。

「聖なる巡礼者/俗なる巡礼者」という二分法を丁寧に解体し、「宗教が自明のものでなくなった現代世界において、聖なる場所や聖なるものがどのようにして社会の中に姿をあらわすのか」(p.v)考察した1冊。 聖地は以下の4つの類型に分けられる。(a)制度的聖地、(b)共同体的聖地、(c)イベント的聖地、(d)個人的聖地である。 著者は、多様な価値観や世界観がフラットに存在する現代社会を背景に、個人と個人が何かを共有できる可能性をもつものとして、聖地に可能性をみる。 宗教と社会が新しい関係を結ぶ中で、記憶ー場所ー共同体といった概念が今後どうなっていくのか(べきなのか)、考えさせられます。

3日前

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c8b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a