Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51su5vajt9l

痛々しくガーリーな少女の世界を描く「トラウマテクノポップ」の旗手・アーバンギャルドのリーダー松永天馬が、バンドの代表曲を小説の形で再構築する。十二作品収録... 続き

コメント

前衛的テクノポップバンド、アーバンギャルドで活動されている、松永天馬さんの短編集。
現実と非現実、わたしとあなたが曖昧になるトリップ感ある文章に、MVのようにテンポ良くめまぐるしい展開が、独自の世界観を作り出しています。小説と詩の中間という風に感じました。
そして独自の世界観を確固たるものにしているのが少女のデティール。長年少女を解体し続けているだけあり、独自の少女哲学が全開です。16歳くらいの女の子が心に住んでいるんだと思います。
天馬さんの美意識ある言葉選びが以前から好きだったのですが、今回は特に色や動きを感じる描写に圧倒されました。前述のトリップ感もそうですが、ショートアニメになったらすさまじいものが出来そうです。(ぜひ!)

推理小説を最後から読む人は…とある歌手が書いたがまさにそうで、小説は最初の一文から読むのが良く。言葉の連続に思考を委ねて順番に、それが魅力!
この作品は短編で、それぞれにテーマを設定し、キャラ立ちした登場人物が良い味を出す。言葉の連なりや音の響きに拘って構成され、最後読者を良い意味で騙される(笑)。
速読が流行ってる中、小説の魅力を再び教えてくれた作品。

読者

52757853 4979 4685 8f0e 2287b9d2298c632383ed 6e1b 4578 882c a2dc1fb70cb5

文芸

祐介

祐介

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

タイトルと表紙に惹かれて読んでみた。 売れないバンドマンの話。 酷評すると、 ファンが買うから出版されたのか?という印象。 売れなくて、もう諦めのバンドマンのしょうもない日常を淡々と描いている。 良いところを挙げるとすれば、売れないバンドマンの日常ってこんな感じなんだろうなという生態が分かるところくらいか…。

約4時間前

9e66700e 2e7e 41db aeeb c94aa48d43a968429948 b589 478a 8135 7d867c133303006b57b4 fea8 4d00 ac9e c75f9078ff52 12
GO‐ONE

GO‐ONE

C42d6697 e1a1 432b 9292 c6b9c7119ea2

天パ太郎

特になし

『ジョッキー』ですばる文学新人賞を受賞した松樹剛史が再びジョッキーものに挑戦。 三人の騎手と厩務員の四つのエピソードからなる。 ・豪腕が持ち味の地方競馬騎手の日下部一輝 ・その妹で厩務員の日下部一那 ・競馬学校を首席卒業した若手女性騎手の一ノ瀬早紀 ・その同期であまり成績がさえない騎手の田京康友 どちらかと言えば、漫画的な作りなストーリーなので、そこまでの捻りはないが、スカッとした爽快感はある。 前作のスポーツドクターよりもハマっている感じがあり、やはり競馬小説が上手い作者だなという印象。

1日前