51o1w89wqzl

すべてのビジネスマンに捧ぐ。 本屋大賞の話題作、早くも文庫化! ページをめくるごとに、溢れる涙。これはただの経済歴史小説ではない。 一九四五年八月十五... 続き

コメント

第10回本屋大賞受賞作 百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』を読んだ。文庫本で上下を合わせると900ページものボリュームがあったけど、間延びしたところが全くない。一代で出光興産をつくった出光佐三の生き様を書いたこの本は、すべてのビジネスマンにオススメ。特に若い人にぜひ読んで欲しい。

読み終わった後、ガソリンは出光でしか入れない‼️と思いました^ ^

国岡鐡造という一人の男の生涯を書いた物語。
一代で、石油会社を立ち上げ、世界に匹敵する程の大企業まで成長させた経緯を書いている。
めっちゃ面白いので、是非おすすめです!!

感動した!タイトルの海賊からして悪い事までして事業を成したかと思いきや、正義を貫く姿に人々は畏れを抱いて海賊と呼んだのだとわかった。この人が今も存命であったなら、どんな道を行くんだろう。

新年1冊目。

映画鑑賞をキッカケに気になり手に取った。

そしたらどうだ、
原作の方が俄然おもしろいではないか!

鐡造の熱さに胸が高なるのだが、
原作の熱さはマグマである。

こんなにも国を想った日本人がいたとは。

おもしろさのベクトルがぜんぜん違う。

両方楽しめるので、
ぜひ映画→小説の順で見ていただきたい!

下巻も楽しみだ!

国岡鐵造(出光佐三)とはそんな豪快であり芯のある人だったんだなぁーそんな日本人がいたんだなと感激。

人間を信頼することの大事さ

以前に本屋大賞を受賞し、気になってる所に映画化だったので購入した。終戦〜終戦2年後と生まれてから終戦まで書かれてるのが上巻。当時の日本の事が全体を通して書かれているので、勉強になった。そして、面白い。

今、利益のためにではなく国のためにと仕事をしている人はどれほどいるのだろうと考えずにはいられませんでした。
昔と比べてほとんど見かけなくなってしまった出光のGS見るたびに考えてしまう。

永遠のゼロよりも好き。出光石油創設者の生き様を関係ないのに誇りに思う。

ただの経済歴史小説ではない
が納得
学ぶことだらけの作品です

日本男児、一人の生き様に感動させられた。

仕事に限らず、人から信頼され、ヒトモノカネを動かす人はこんな人だったのか。
目先の利益、楽さを求める心ではなく、自分の中でやるべきこと、やりたい心を強く持つ心こそが、

人を育て、会社を大きくし、日本国に貢献していく。

この表紙の鐵造の背中のような、追うべき背中を人生で見つけていきたい。

出光創業家が合併に反対する理由

読者

5e202d0e e477 41e5 8418 bbf415032d38Da064af1 82f3 4940 98f7 907b6d0a66be802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad83294ecfa9b 97b8 42a1 b1c9 a562d901bbb2Bec4bcab 3707 4a22 9b1c 5c52d306b32a3bebc3fc c2d2 4600 a1cc 673138e81bf92e93f14f 5e55 42e7 87aa 5cc2e4ca66b9Icon user placeholder 119人

百田尚樹の本

雑談力

雑談力

F58430f1 de0e 47fc af25 b336342c4be9

misumi

30代

雑談力つけたくて手始めに読んだけど ただ楽しくて興味が湧いてきて読了 もう一回読み直します 啓発の観点で

約1か月前

Icon user placeholder67eaac3f 6068 417c a18a fddc182ea6d93907dacf 6ac7 4fb4 9c94 b5dd2298a125 20