Btn appstore Btn googleplay
41e2g19syzl

イタズラ小僧と父親、イスラム原理主義者と米国、若者と老人は、なぜ互いに話が通じないのか。そこに「バカの壁」が立ちはだかっているからである。いつの間にか私た... 続き

コメント

・自分が知りたくないことについては自主的に情報を遮断してしまっている。
・科学は多数決ではない
・万物流転、情報不変
・知るということは根本的にはガンの告知だ。
・日常生活において、(人生の)意味を見出せる場はまさに共同体でしかない。
・無意識を人生の中から除外してしまっている。

話し合えばわかりあえる、という幻を信じ続けている方に渡してあげたい本です。

「話せばわかる」は大嘘。

気がついていないけど
みんな思い込みで
生きているんだ

万物流転、情報不変

2003年のベストセラー、解剖学の養老先生のよる無意識を意識する話しです。

私もベストセラーはそれほど手にとって読む方ではありませんが、知り合いの方にオススメいただいた本「唯脳論」が見つからず、とりあえずどんな方なのかを知るのに良いかと思い、読んでみました。とても刺激的な本でしたし、この本がベストセラーになった事が私にはとても凄い事だと思います。基本的に私はベストセラーになる本は、普段本を読まない方が買ったときにベストセラーになると思ってます(違うかもしれませんけれど)。ベストセラーでも良い本もありますけれど、自分で読んだ経験からは、『私の個人的好みからベストセラーは外れていることが多い』なのですが、この本はその経験が当てはまりませんでした。もちろん読んでいない本もたくさんありますけれど。

まず、やはりセンセーショナルなタイトルですよね、本は読んでもらってなんぼ、伝わってなんぼですから、良いタイトルだと思います。話し言葉で、とても読みやすく楽しいのですが、かなり私には難しい話しがたくさんあって密度の濃い本でした。安易に自分が知っていること、常識だと考えられていること、知識として知っていることでも、それだけではない自分の理解を超える取り方が存在するかもしれないことを認識しろ、という事です。「バカの壁」という言葉のインパクトで刷り込みができてしまい、なかなか本当に言いたいことが理解されないところが酒井 順子著「負け犬の遠吠え」に似た展開に私には感じられました。

また、この知識として知っていること、私という自分が知っている常識なりが、受け手として他人には違って取れられている可能性を考慮しましょう、そしてそのあやふやな状態だという認識から物事を確認してコミニュケーションを取ることが重要なのではないか?という問いには全くその通りだと思いますし、それって内田先生や春日先生の中腰力とほぼ同じ話しだと思いました、ちゃんと繋がってますね。

それに養老先生の例えとして持ってくる話しが、どうにも可笑しくて、ツボを付いたものが多くて(「NHKは神か」という章では公平・客観性・中立がモットーだなんて、誰が何を基準に!と考えるわけです)納得させられます。この辺の話しはリテラシーの話しともかぶってくると思います。常識は時代の変化やテクノロジーの発達、そして多くの人の考え方でいかようにも変わってくるものであると私は思いますので、目新しい話しではないかもしれませんけれど、そのことを説得力持って、しかも面白おかしく語ることができるセンスに養老先生の面白さを感じました。第1章の最後 確実なこととは何か を読んでいただければ、この本があなたにとって興味があるか、ないか、がよく分かると思います。僅か見開き2ページ分ですが、だいたい判断できる部分ではないでしょうか?

また、それ以外にも脳、身体、教育、共同体、個性と共感の重要度の違い、一神教と多神教、無意識を意識する、などなど、楽しくも密度の濃い情報がたくさん詰まった本です、とても楽しく見方を広げてくれました。「バカの壁」とは何か?が本当に気になる方にオススメ致します。また、客観性を持ちたい方に(日本ではきっと恥から客観性を見に纏う必然が出る文化だと思うので)オススメ致します。

ただ、やはりこの本がベストセラーになったのなら、もう少し「世間」(あえて世間と言いたくなる本です)が良くなって良いと思うのですが、やはり難しいのでしょうね。

2008年 8月

「知らないこと」を知ること

親戚からもらって読んだけど、
んー、難しかった(笑)

びみょう

読者

E78f830e 41fe 490f 9404 3da2efd79eeeIcon user placeholderC9566bfc f1bc 42ac a46f f3b8d7f4e40a98069941 6e43 435e 8b89 e9dd11905b7eFc094348 c25e 401c 93d3 68d96a4611cfIcon user placeholderIcon user placeholder1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fd 112人

養老孟司の本

形を読む 生物の形態をめぐって

形を読む 生物の形態をめぐって

A80b23ae d6c3 4088 909d e7a4fd93be4f

白鯨

作品を楽しみ、その感想、考察を漏…

学生時代からずっと氏の書籍は読ませて頂いていた。 大人になってもその魅力は変わらず、 時折、なにかの拍子に読みたくなる。 そういう本が多い。 だが、東大の解剖学者故に、 中には少々難しい本もあり、この本もその類かと。 学術的な言い回し、専門用語が散見され、 凡俗の自分には些か内容が上手く飲み込めないことも。 なので完全には感想と考察を述べる事は出来ない。 あと数回読まないと。 今の時点で分かる事は、 人間、だけでなく、地球上に存在している生命、 いや、かつて存在した生命全てが対象になる学問。 進化という事象を、あらゆる生命が範疇に入る その膨大なデータを扱う学問を実践し、 生命が辿ったであろう軌跡を明らかにする。 何処がゴールなのかも分からない。 というか何がゴールなのか。 既にとうに還暦を過ぎた著者がそれでも思考する。 長年考えてきた生命への疑問。 同時に、それは自分という存在への疑問にもなっているように見えてしまう。 気のせいだろうか。

5か月前

59fe6ba2 c1bc 49c0 95dc d3b31d41afb6Icon user placeholder0970f3da 8bc1 4a63 b77a adf191cda81a