41wel38cnol

コメント

ふと読んでしまう本。不思議だが身近な感じがする。

私も京都の丸善に檸檬置きたい

学生の頃を思い出して読みたくなって読んだ。熱帯びた顔に冷たい檸檬。たまらねぇ。そんな通勤電車が密かな楽しみだった。
仕事が憂鬱だった時。早く帰り道に檸檬読みたいと思ってた時。後輩くんが疲れてた私にc1000武田をくれた。檸檬の味がいつも以上にすっぱくて、沁みた。ありがとうございます。

檸檬革命バーン‼︎ なんども読んでしまう。

読者

044abe3d 44a3 4c18 a114 62addfd81004640f728f e769 44af ba9a 68ef8e0f4aff82d317db 536e 490a 9a61 5a2a13affd1cD77c02dd 32db 4f9b 9551 437bd2d1e99e1de89c3f 8172 4db4 a4d1 df85a332742fBdfaf019 e010 42c2 9aaa ed5cb5b4adc14f0ea177 743f 4ed5 8718 2763ce43fdae8e410532 95ba 41bb 9afd 9b57a614ae7e 12人

梶井基次郎の本

檸檬

檸檬

220a4b3e 19d8 45d1 934e b33adf8cdbd5

kei

温泉好き。雑誌編集者

何年かごとに読み返したくなる短編。病弱な作者の霞みがかったような視界のなか、紡錘形のレモンがみずみずしく、色鮮やかに浮かび上る。京都の寺町通辺りを歩くと必ず思い出す。

3年前

F7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cacA93c4d85 1b90 4d47 85f3 ed44e623a8224c536203 10e6 47f8 805f a11471e72d76 79