Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51hrwrbgg%2bl

木についた傷や足跡などからシカやイノシシの気配を探る。網をしかけ、カモやスズメをとる。手製のワナをつくる。かかった獲物にとどめをさし、自らさばき、余すとこ... 続き

コメント

すごく面白いです。京大卒で猟師になった男の近代的な狩猟生活。衰退する狩猟文化のなかでこういう新しい人が出てきて、次に繋げていって欲しい。害獣被害は深刻だし。自分にも出来そうと思えちゃう。

京都の大学生が猟師になるきっかけ、なってからの体験が綴られた本。
食や動物に対する向き合い方がとてもおもしろい。
カップラーメンに罠で捉えた鹿肉を食べることもあるそうですよ。

「実際に狩猟をはじめてみました」
という狩猟生活について、かなり詳しく書いてあります

イノシシの狩猟方法ひとつにしても
ワナの作り方、仕掛けるポイント、トドメの刺し方
捕まえた後の解体、精肉、料理のレシピも!(写真つき)

「自分で食べる肉は自分で責任を持って調達する」
ただ、それだけ
いいなあと思います

一人の大学生が全くの素人から狩猟の世界に飛び込み、罠猟の免許を取り、初めて鹿を仕留め学生寮のみんなと食べた体験談、社会人として定職に就きながら狩猟と自然に一年を通して向き合っていく話が書かれています。我々があまり知らない狩猟の世界を知るにはうってつけの一冊です。

狩猟について、とても分かり易く書かれている。著者の命に対する思いも素敵だ。”人間が生態系の頂点に位置していると思いこみ、多くの動物を工場のような施設で飼育・肥大化させ、考えなしにむさぼり食べている現代社会のほうが野蛮に思えてきます。”という一文が心に残った。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c23b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9F0b408f0 d16a 41b6 b8ce 72248095783aBf028033 dabe 4213 af83 05f747855a5cA6eeb60e 6e2b 44a9 9f3c b1dbac2f8bfb64142c52 9253 46a9 9da4 4c1d9bfa364f3b1672ec 50ab 4dbf 94c8 bfbef284ac49 10人

文庫

湖底のまつり

湖底のまつり

07481935 d34a 4f94 8c18 6247d9892169

あかり

慎ましやかな干物

2017完全復刻ということで購入し、レズビアンの描写で少し苦手なところありつつもサクサク読了。 おまけさんとなり清算されたはずが、清算されない過去の繋がり。村のお祭りがいい味をだしていました。ミステリーかと言われると?ですが面白かったです。

約11時間前

B63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d54eeffc2d 9a1c 4fee 9df5 c2f9ef8eb2ff
すべてがFになる

すべてがFになる

5e69e95b 1bf5 47fc 95c8 b333b94adffb

takbook

初心者です

テンポはちょうど良いくらい。 科学的にも明らかな違和感は少なめだけど、そのコードは、わかるんじゃない?という気が… 少なくとも「意味のわからないif文が、一行だけあったわ」という発言は、まともなプログラマからは出てこないかと。変数、すぐたどれているし。島田さんは、素人の設定ではなかったはず… プログラムのところは、書かない方が良かったかなぁ。

2日前

Icon user placeholder0c53408a c7f3 4a99 98b9 25df17f3965aIcon user placeholder 92