Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51hrwrbgg%2bl

木についた傷や足跡などからシカやイノシシの気配を探る。網をしかけ、カモやスズメをとる。手製のワナをつくる。かかった獲物にとどめをさし、自らさばき、余すとこ... 続き

コメント

すごく面白いです。京大卒で猟師になった男の近代的な狩猟生活。衰退する狩猟文化のなかでこういう新しい人が出てきて、次に繋げていって欲しい。害獣被害は深刻だし。自分にも出来そうと思えちゃう。

京都の大学生が猟師になるきっかけ、なってからの体験が綴られた本。
食や動物に対する向き合い方がとてもおもしろい。
カップラーメンに罠で捉えた鹿肉を食べることもあるそうですよ。

「実際に狩猟をはじめてみました」
という狩猟生活について、かなり詳しく書いてあります

イノシシの狩猟方法ひとつにしても
ワナの作り方、仕掛けるポイント、トドメの刺し方
捕まえた後の解体、精肉、料理のレシピも!(写真つき)

「自分で食べる肉は自分で責任を持って調達する」
ただ、それだけ
いいなあと思います

一人の大学生が全くの素人から狩猟の世界に飛び込み、罠猟の免許を取り、初めて鹿を仕留め学生寮のみんなと食べた体験談、社会人として定職に就きながら狩猟と自然に一年を通して向き合っていく話が書かれています。我々があまり知らない狩猟の世界を知るにはうってつけの一冊です。

狩猟について、とても分かり易く書かれている。著者の命に対する思いも素敵だ。”人間が生態系の頂点に位置していると思いこみ、多くの動物を工場のような施設で飼育・肥大化させ、考えなしにむさぼり食べている現代社会のほうが野蛮に思えてきます。”という一文が心に残った。

読者

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c23b152d10 d8f5 4a2d 85b1 b965be5e20b9F0b408f0 d16a 41b6 b8ce 72248095783aBf028033 dabe 4213 af83 05f747855a5cA6eeb60e 6e2b 44a9 9f3c b1dbac2f8bfb64142c52 9253 46a9 9da4 4c1d9bfa364f3b1672ec 50ab 4dbf 94c8 bfbef284ac49 10人

文庫

女官 明治宮中出仕の記

女官 明治宮中出仕の記

47447c07 c188 4a46 a700 79a4bc3d1a55

らいこ

ファンタジーハッピーエンドが大好…

明治天皇の皇后の晩年に仕えた女官さんの手記。 『パレス・メイヂ』という漫画がお好きな方には垂涎の一冊のはず。 穏やかで華やかで、宮中という特殊な世界。皇后宮との細やかな生活。一人の女官の目線で生き生きと描かれていて、物珍しく読んだ。 女ばかりの職場の苦労や、「お下がりもの」の裏話などなど興味が尽きない。「〇〇ではこんなことが書かれていたけど、あれは嘘、あんなことありえない。本当はこう」というような話は女官さんならでは。 明治天皇崩御と昭憲皇太后崩御は、著者の哀しみが胸に迫る。

約6時間前

ワイルド・ソウル〈上〉

ワイルド・ソウル〈上〉

417d400b 6de5 445e b47c 5122f205665f

まいむ

大学3年

この本の全てが正しいと鵜呑みには出来ない。そう分かっていても、国家という存在に対する恐怖の芽を植え付けられた心境である。力強い文章、登場人物達の緻密な心理描写、そして下巻に続く先の読めないストーリー展開にまんまと洗脳されてしまいそうになった。 暗雲立ち込めるような上巻のラストに、物語の行く末が気になってしょうがない。

1日前

Icon user placeholderIcon user placeholderE9118cf1 c3da 488c 85db 21fa174e1422 12