Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51k7%2bu36uml

夢想家のお嬢様たちが集う読書サークル「バベルの会」。夏合宿の二日前、会員の丹山吹子の屋敷で惨劇が起こる。翌年も翌々年も同日に吹子の近親者が殺害され、四年目... 続き

コメント

5本のそれぞれ独立しても成立する短編を読者サークル「バベルの会」を中心に1冊にまとめた作品。
上品な語り口調により展開される物語とは裏腹に斬れ味抜群の結末ばかり。
特に4篇目の「玉野五十鈴の誉れ」のラストは鳥肌モノです。

バベルの会とは、幻想と現実とを混合してしまう儚い者たちの聖域なのです。現実のあまりの単純さに、あるいは複雑さに耐えきれない者が、バベルの会には集まっています。わたしたちは、いわば同じ宿痾を抱えた者なのですp288

最後のどんでん返しがとてつもない。結末を知ってからもう一度読んでみても、興奮が全く冷めない。

こんなにもだいどんでんがえしという言葉が似合う物語に出会ったことがなかった。米澤穂信の作品で一番好き

叙述トリックは、麻薬みたいなものだと思う。最後のどんでん返しが気持ちいい。『カニバリズム論』を読んだばかりだから、「メデューズ号の筏」や、「アミルスタン羊」のワードでピンときた。わかっていてもドキドキするし、面白い。

ぺろっとめくると芝居がかったレトロな文体に引き込まれ買って帰っていっきに読んだ。
説明が多すぎないほったらかし感も適度な湿度で濃厚すぎないとこも好き。人物や情景の描写もまわりくどくなくて脳内で映像化しやしすいのかとにかくあっとゆうまに読了。

読後、文体は優美で素晴らしいなと感じたものの、物語を貫く狂気のようなものに感情移入はうまくできなかった気がします。自分は実際家なんでしょうかね。

この作者の作品は初めて読みました。なんか西炯子の「セクレタリー」を思い出す。簡単に殺人が起こるが、陰惨な感じがしないのはなぜだろう?ちょっと想像出来ない殺人者。それがサラリと描かれる。なぜかファンタジーにも思える。でもイヤミスなのかな?

本当に上手く組み立てられた五つの短編。どんでん返しすごい!!

上品な文章で読みやすいのにも関わらず要所要所に仕掛けがあり、後味の悪さが堪らない。

「玉野五十鈴の誉れ」が好き。最後の一文に鳥肌が立った。

「玉野五十鈴の誉れ」でゾッとした。

全体的にダーク。でも重くない。アリだと思います。

結果でなく過程にある情景や言葉遊びを楽しむ短編なんだろうなあ

読者

C2671f09 9410 46bc 883d e39853f2165d4798581c a703 4097 b3a0 2250982a7b05681218a9 ecf3 48b8 921b 1f66eefff9a9D55b8599 4319 47be 8218 2223afa4e9f977f51409 4b4d 4122 9a71 3913d352d3f4F7d21f15 b0e3 42c2 8b26 58bc2b0dda82Ebb09403 2d11 48e9 8205 e3d48af895c00287a917 741f 4692 b89b 011f58ca1e47 39人

米澤穂信の本

いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

05049b6a 0554 46c0 9e8b 281361aaecbe

Erina Takahashi

物語、ミステリーが好きです

古典部シリーズ。 これを読んで確信したけど、私と折木奉太郎は似てた。すごく共感した。 悲しいけど、真面目がバカを見てしまった時が私にもあったから。適当に流したいのだけれど、真面目な自分が考えてしまう時がある。 学生らしく将来について悩むのだけれども、それは夢や希望ではなく、現実を突きつけられたものだった。

5か月前

C2671f09 9410 46bc 883d e39853f2165d326e1be1 7e1f 4af0 b0ef 0d9531dc622eCba3d74a 00cc 4ab6 9c0d 95e707e65e12 33