51ztm3mvk8l

コメント

掴みはOK、出だしっからおもしろい。船の中パートは読んでてうっすら悲しくて好きです。

読者

2a89e5de e4a4 4eec 9114 9cd0f9fb8653

浅田次郎の本

降霊会の夜

降霊会の夜

2b1007a8 5549 4aea a9a1 fe745f0a855b

_lilysan__

時々、読書。

「忘れちまう罪は、嘘をつくより重いんだ。」 浅田さんの仕掛ける伏線、泣くまいと思いながらもまんまと涙してしまいます。 “ゆうちゃん”が蓋をした出来事。 小学生から大学生へと年月は流れますが、人は国や時代に翻弄され、幸福の本質を見抜くことが出来ないままに日々を過ごしているのではないでしょうか。威信、虚飾、これらは時に人を傷つけてしまうものです。 経験や過去を忘れることは、生きることへの糧にはならない。 決して強さではないのだと心に深く刻まれました。

21日前

おもかげ

おもかげ

1525b978 75b4 4758 ae92 afa4d5728ad4

ノノハル

my本棚の前で立ち読みしてしまい…

寝たきりの意識不明の方達が、こうやって自由に(といっては、語弊があるが)意識を飛ばしているとすれば。私達は、心せねばならない。これは、奇跡の話だ。竹脇だけが知っている。誰も知らない奇跡。戦後の人生を隠して生きた男の、復活の話とでもいったらいいだろうか。

8か月前

08c4b35f c5fb 4a62 b6ea 45951ec25ea784bc05e8 c086 4730 8280 90cd749500af
オー・マイ・ガアッ!

オー・マイ・ガアッ!

5543d474 6380 4c2f b69a f80530976777

ぱんだお

歴史、ファンタジー、ノンフィクシ…

浅田次郎の趣味をただただ詰め込んだ本。 作者がカジノについて語る部分が一番面白かった。 とりあえず確かに年に数回はラスベガスでカジノにふけるなんて正気じゃない笑笑

11か月前