51qfsrp6h2l

ある日、目細の安吉一家に客分として現れた、時代がかった老侠客。その名も山本政五郎-すなわち幕末から生き延びた、清水の次郎長の子分・小政だというのだが…。表... 続き

コメント

スリの話 面白い

読者

Ffcb6635 3673 4a2c a264 800ba9415806

浅田次郎の本

珍妃の井戸

珍妃の井戸

0a215ffe 9748 4334 a6a8 e4409efafbfb

cover maker

蟲師はいい話だと思う。

蒼穹の昴から続くシリーズで、こうも書き方や視点が変わると、雰囲気が変わるのかと驚かされました。芥川龍之介さんの『藪の中』風でありながら、浅田次郎さんの人間愛があふれる一冊です。 そして僕は『中原の虹』へと誘われるのであります。

5日前

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3aIcon user placeholderDbe11d5f 0396 4926 bacd df75432591e2
プリズンホテル〈3〉冬

プリズンホテル〈3〉冬

9bf08c61 71ea 457c bc63 c574c7067a2c

ジュニ

サスペンス、ミステリー、推理、ホ…

"なんて運の悪い子だろう。- でも、もしかしたら - もしかしたらこの子は、恋人の投げた手桶に偶然あたったのではなく、手桶の下に頭を差し出したのではないかしら"

2か月前

3ef80c12 d699 4f71 936c 83e0da095c3a4ca4ec68 d5a1 41f9 b014 2153953b80093bce1cfc b9a0 4efa 8d09 a4ed17561955