Icon stand

ストアでダウンロード

Btn appstore Btn googleplay
51stfqnzyol

仕事のことだったら、そいつのために何だってしてやる。そう思っていた同期の太っちゃんが死んだ。約束を果たすため、私は太っちゃんの部屋にしのびこむ。仕事を通し... 続き

コメント

「あのさ、一番やばいのはHDDだと思うのさ」 確かにな。死んだ後のパソコンほど恥ずかしいものは無いかもしれない。
働く女性に読んでほしい生きる短編集です。すごく読みやすてあっという間に読んでしまいました。

芥川賞なのに面白くてビックリした。働くアラサー女子にオススメ。

もう一度読み返したい作品、ここから絲山さんの本を読んで行くきっかけになった。

主人公の会社員の女性が、突然亡くなってしまった同僚の男性との約束を守る小説。この小説は読んでいて登場人物の行動、思考の探りがいがあるというか。なぜ亡くなった同僚の男性は主人公に亡くなったときに自分のパソコンを使えなくなるようにして欲しいと奥さんではなく主人公に頼んだのか。そして主人公はなぜ同僚の男性からの願いを受け入れたのか。危ない橋を渡ってまで願いを成就させたのか。会社員の仕事、出来事、日々と水面下での思考、願望の混ざりあい。お互いの信頼関係が最期まで崩れなかったのが読後に爽快感がある理由なのかもなと。

読者

88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c3b983510 95dc 4e01 a8ee 4738e0f27d88642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7400036308 68e1 4d20 8431 4933bd646510E94f8ff0 5578 4082 9a48 36ad15b20e9f1736f417 e343 4c8a b171 c664e6727679E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45d 12人

絲山秋子の本

離陸

離陸

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

離陸。彼、彼女達の突然の死と不在を掌にじっと握るうち、語り手たる佐藤弘、サトーサトー、イローはその比喩に到達する。 文庫帯文にある彼、佐藤本人の言葉にあるように '' 距離というものは、自分とどこかにいる人との位置関係にすぎないのではないか。相手がいなくなれば、二点のうちのひとつが消える。距離も消える。消滅する。'' サトーサトー、佐藤、イローにとって彼、彼女たちはいなくなったのではない。離陸したのだ。まだ距離は存在する。消滅などしていない。いつか近づける。そばに行ける。その願い、祈りは確かに胸を打つ。 のだが、のだけど。

6か月前

8c8005ce c3bc 4d7f 8b23 4ff3bc9a1e967e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522 16
スモールトーク

スモールトーク

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f

さすらいのアリクイ

兵庫の山の中で暮らしています

参加予定の読書会の次のテーマが「会話」で、何か会話が特徴的な本はと探していたらこの本を思い出し、発表の準備で再読。画家の女性の主人公が昔付き合っていたらしい音楽プロデューサーの男と色々な外車に乗って色々喋りながら色々な場所へ行くという車の小説。互いに「外車が好き」という共通点があるということでが小説のキーではないかと。相性が悪そうな二人が何故乗ってる車や互いの性格などをペラペラ喋りながらあちこちに行くのか?それは互いの外車好きさ加減を確認したかったからなのではと。会話は軽いが、その会話の軽さから人生のコクの深さが味わえる小説ではないかと僕は思います。

7か月前

ラジ&ピース

ラジ&ピース

5dbe0e4b bc3f 440a b73e c5fedd4f340f

cobo

昔の記録に

東京生まれの自分にいまひとつ自信が持てないラジオのアナウンサーが北関東の群馬に心機一転してFM放送に再就職。そこで起こる日常を描いた作品、「ラジ&ピース」と、男と女の関係の妙を女の側からある意味本音で見せた「うつくすま ふぐすま」の2本の短編集です。 絲山さんは他者との関係性の微妙さを描き続けていると私は思っているのですが、今回はその他者が飲み友達だったり、同僚だったり、昔の彼氏だったりするのですが、今回はさらにその上に匿名の不特定多数のリスナーを相手としているところが今までと大きく違うところだと思います。それだけに意欲作ともいえると思います。もちろんいつもの絲山さんの文章ですから、非常に読みやすく、それでいて気持ちの良い距離感があります。しかし、私には閉じた関係、2者か3者くらいがやはり面白く感じられます。 それでもラジオのパーソナリティの特異性というか、可能性を感じさせる出来栄えに、また現代日本の女性の生態にリアリティがあり、スマートでそしてちょっと変わっていて、良かったです。主人公の野枝がラジオという媒体の内向きか、外向きかに気付かされる場面は好きです。 また、短いながらも「うつくすま ふぐすま」も本音と、男気ある女の生態がストレートに語られていて良かったです。飾らない言葉と態度が微笑ましいですが、昔からきっと女の方が男気あるんですよね。最後のセリフがあまりに凄くて私は好きです、たとえ言われる側に立っていたとしても。 現代の女の生態(のひとつであることは間違いない)に興味がある方に、ラジオが気になる媒体だ、という方にオススメ致します。 2008年 11月

7か月前

5ee634e1 842e 438e 980f 0406d3b58a1fEc3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e04fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde9