51stfqnzyol

仕事のことだったら、そいつのために何だってしてやる。そう思っていた同期の太っちゃんが死んだ。約束を果たすため、私は太っちゃんの部屋にしのびこむ。仕事を通し... 続き

コメント

「あのさ、一番やばいのはHDDだと思うのさ」 確かにな。死んだ後のパソコンほど恥ずかしいものは無いかもしれない。
働く女性に読んでほしい生きる短編集です。すごく読みやすてあっという間に読んでしまいました。

芥川賞なのに面白くてビックリした。働くアラサー女子にオススメ。

もう一度読み返したい作品、ここから絲山さんの本を読んで行くきっかけになった。

主人公の会社員の女性が、突然亡くなってしまった同僚の男性との約束を守る小説。この小説は読んでいて登場人物の行動、思考の探りがいがあるというか。なぜ亡くなった同僚の男性は主人公に亡くなったときに自分のパソコンを使えなくなるようにして欲しいと奥さんではなく主人公に頼んだのか。そして主人公はなぜ同僚の男性からの願いを受け入れたのか。危ない橋を渡ってまで願いを成就させたのか。会社員の仕事、出来事、日々と水面下での思考、願望の混ざりあい。お互いの信頼関係が最期まで崩れなかったのが読後に爽快感がある理由なのかもなと。

読者

2c2a0c64 6c1f 4af7 8c54 e72c2224df6f40f66a27 01a4 4b46 9365 4295a2f16609151a20ec 11c6 4572 b74d 1715202fc241Icon user placeholder88630391 ba3e 445e 9161 af839158ef3c3b983510 95dc 4e01 a8ee 4738e0f27d88642b02ad 0a3b 4660 bb08 574ec9e2df7400036308 68e1 4d20 8431 4933bd646510 16人

絲山秋子の本

離陸

離陸

2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d

aaooaui

読んだなら、書こう、なるべくなら…

離陸。彼、彼女達の突然の死と不在を掌にじっと握るうち、語り手たる佐藤弘、サトーサトー、イローはその比喩に到達する。 文庫帯文にある彼、佐藤本人の言葉にあるように '' 距離というものは、自分とどこかにいる人との位置関係にすぎないのではないか。相手がいなくなれば、二点のうちのひとつが消える。距離も消える。消滅する。'' サトーサトー、佐藤、イローにとって彼、彼女たちはいなくなったのではない。離陸したのだ。まだ距離は存在する。消滅などしていない。いつか近づける。そばに行ける。その願い、祈りは確かに胸を打つ。 のだが、のだけど。

約1年前

8c8005ce c3bc 4d7f 8b23 4ff3bc9a1e967e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5d71f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa4522 16