51ek9y52mtl

3・11が生み出した「傑作」見つかるはずのない場所で見つかった「ぼくのコート」の謎を追う武夫は、やがてこの世界の秘密に触れる。「白石文学」の新境地! 続き

コメント

白石一文氏は、どこへ向かおうとしているのだろうか?どうも、迷走しているように思われる。全く同じコートが、同時に別の場所に存在する謎。その謎を追いかけて読む進めていく作業は苦ではなかった。しかし、「過去も現在も未来も全部ここにある」と太字で表記されている(201ページ)氏のこの主張に共鳴できないと、モヤモヤが残るだけだ。

読者

28c73358 fcf6 472d 9f4e 8b84c4b63a67Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218cAd9cce0f 7d05 4a59 961c bf7d1854fee12269fd78 70c6 4cd3 964d 71156b40eb8d 5人

白石一文の本

愛なんて嘘

愛なんて嘘

4039f9ab 21e0 46d2 9d46 6d4b2f6d8b25

おかめ麦酒

本とお酒と映画が好きです。

恋愛は言葉にできる感情だけじゃない 説明できる関係だけじゃない 愛「なんて」、 嘘とはフィクションなのか幻なのか。 みんな歪んでるけど、だからこそ理解らないところがわかる気がする。かなり刺さる短編集だった。

12か月前

A5fc3031 925f 4f2b a242 c27c8968968138aecb1e ab6d 44a9 8407 9f126a093a21Ff847fe3 22c2 4444 b1bc 60bfb27b599a