文芸

心霊探偵八雲11 魂の代償

心霊探偵八雲11 魂の代償 神永学

ええ?ここで終わり? なんてことなの? 八雲は暗い話だけどハッピーエンドなのよ基本! これは前後編で出すべきでしょう。 春香ちゃん頑張れ。

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5A2d0b282 e632 4433 97af bdf521d93f3e
火花

火花 又吉直樹

「お笑い」というものは奥が深い。 ただ単に馬鹿げていること、阿保なことをしていれば良いというものではない。 周りから見たら馬鹿げていて阿保なことであったとしても自分の信念を貫き通すこと、それこそに真の格好良さが潜んでいるのではないか。

83b1071f c8f8 4cfb aee0 a42eb8b438ecC86ffa11 bd1a 4657 baf6 1f2830f735c7Icon user placeholderIcon user placeholder8b940a8d 626d 48d7 b125 b4fa44978a61Cd93293a 2784 4579 9200 3f437c9ef4724dc45e58 ea2b 4509 8f80 51dbfe67f5e9 463
キャプテンマークと銭湯と

キャプテンマークと銭湯と 佐藤 いつ子/佐藤 真紀子

スポーツもの普段全然読まない…と思いながら読み始めたけどすごく良かった。 うまくいかない悔しさ、不甲斐なさ、他人への伝わらなさ、いろいろなものを抱えながら進んでいくんだけど自分にとって大切な場所が明確なことが大事なんだなと思わされる。

響野怪談

響野怪談 織守きょうや

春希の周りでは怪奇現象が日常茶飯事だけれど、恐怖より兄達とのほのぼのとした関係の方に気持ちが持っていかれる。 この家族は、不思議な怪しいものを感じとる一家だ。 冬理兄は、ほんと不思議だし。。。 次々と語られる怪談話にのめり込み、ズブズブとあやかしの世界に踏み入れたのではないかと、不安になる。 その不安が恐怖に直結することを、つい忘れて、油断してしまう。これでは、春希と一緒じゃん。怖い怖い。 次回作待ってます。

22f12ffc cd73 46f4 b484 2de14c579783Icon user placeholder
キンモクセイ

キンモクセイ 今野敏

警察小説は実働隊がメインになることが多いが、今回は官僚達が大活躍だ。事件の内容も難しい。守っているモノも大きい。しかし、根っこは変わらない人間とその生き様が問われることになる。日本の国は私が思っているより数倍危ういのではないかと、不安になった。官僚隼瀬には出世してもらって、日本が間違わないように目を光らせてほしいものだ。

ミナトホテルの裏庭には

ミナトホテルの裏庭には 寺地はるな

咲くのは花だけではないし、大切なものはちゃんと手の中にある ミナトホテル、そこはわけありのお客だけを泊める変わったホテル そのホテルの裏庭で前オーナーの一周忌をすることになったのだが、肝心の裏庭の鍵が行方不明 主人公、芯は裏庭の鍵探しを祖父に頼まれたのだが、ミナトホテルのフロントのバイト、行方不明の猫探しまで引き受けることに⁉︎ 心温まる物語です

D50f2539 ebd5 4e29 9864 d294f89a05e92cfb38dd d698 4ead 8b37 a889ebec5c4880d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aC0d7f1f6 fc86 4ddf 9f88 91b5eda7b98c7078e00b 88b9 4d23 b2d2 4294d2f878926502914a 62b7 4fcf b2d0 51bd350ec756Fcd78a68 5507 494c a56a b3dcf49699db 19
ひと

ひと 小野寺史宜

題名から重苦しい物を想像していたが、人は悪い人ばかりでないと思えるハートフルなものだった。 突然世の中に放り出された柏木の実情は、厳しく苦しいものだったが、何かを恨むということは無かったのだ。 辛い中、淡々と緩やかに誠実に生きることは、大切だと思った。

C6541c1a af4c 4abd a981 30e7891f96bd01ed1e15 1ba1 4093 95e6 ef497caa0736Cf2696c2 2b3a 4fd6 9146 4fa873b1752773421d2a 2686 4fd7 b3fc cd7ee4f264bb354675bd 2507 4ded 8766 8f5376fb0bba20bdbde9 151e 4f80 baf3 01d3999b8546Cd9f5084 b66f 40aa 81f0 7f14cd4b9903 15
信子

信子 獅子文六

0109 2019/04/10読了 女の話。大人たちの争いもあるけど、少女たちの純粋さとかかわいいところもあって楽しい。 元気な女性はいいねえ。 終わり方も爽やかで好き。 女版・坊ちゃんとのことで、坊ちゃんも読み返したくなった。

この嘘がばれないうちに

この嘘がばれないうちに 川口俊和

シリーズ二作目。複雑な(笑)条件をクリアして初めて、望んだ時間にタイムスリップできる喫茶店のお話。 一度だけ大切な人に再会出来るなら、あなたは何を伝えますか? 制約が厳しすぎるので、似たような話になりがちなのだけど、今回は「嘘」をテーマに様々な別離の姿を描いていく。 大切な人の死。でもその人は決してあなたの不幸で、あり続ける事を望んでいない。残されたものが幸福になってこそ、初めて死者も救われる。 全編を通じて解き明かされていく数ちゃんの秘密が切ない。間接的にしか数ちゃんの話を書かないのはもどかしいけど上手いなと思った。今回も手堅いウェルメイドな出来栄えでした。

Baf98fe1 5cc8 406d 8c43 3fec35b363d14c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b5F4226424 2a79 49de abf1 5eb72cdc321384083a5a 1350 45bf bb71 e8bfe1970860E9c2cede c000 474b befd 18b8eb96ab24763975fe 96d4 4bf4 b507 10749544f460073520ad 76d6 42c6 a61a 577d771599c8 109
オリーブ―Girls & Boys

オリーブ―Girls & Boys 吉川トリコ

恋の病、という表現がありますよね。 本人の意思に関わらず突然陥り、治すすべもなく、熱が冷めるまでは苦しむしか無い。そんな所が確かに病気っぽいようです。 そんな病に冒された4人の男女が、取り繕った分別をなくして四苦八苦する。その様を俯瞰してにやにやしながら読めるのが、この作品です。 恋は病なので、相手だって選びません。理性では分かっていても、やめられない止まらない。 はたから見れば愚かにすら見える事も、本人達には真面目な事。恋って変。

思わず考えちゃう

思わず考えちゃう ヨシタケ・シンスケ

『りんごかもしれない』 の絵本作家、ヨシタケさんのイラストエッセイ。 ニンマリ笑いあり、ほっこりあり、悩みの深みありと、 「めっちゃヨシタケさんやんんん」ってなる一冊でした。 こういう瞬間を表現して、人に伝えられる人でいたいなあと思いました。

8f887fb4 66c9 4b6e a1f5 7eff775449cfFf23d80d 3ba4 49e0 a3ea 6595ceda2d0f0cc7542b cbc6 4d51 8f41 e187082e66daC8afdf3a 9ef7 43bb 844c 873405613213060fabb6 e250 405a bae0 4c00cce28d08Icon user placeholderF9ed6367 e960 4960 9836 90617222a3a0 14
超短編を含む短編集 枝付き干し葡萄とワイングラス

超短編を含む短編集 枝付き干し葡萄とワイングラス 椰月美智子

主に家庭や夫婦生活に焦点を当てた短編集。 産婦人科の待合室で、何かの縮図のような人間模様を見たり。 若い夫婦二人が夜のドライブで取り留めもない話をしたり。 何年もぶつかり合い、ついには互いの事を「平面」のようにしか感じなくなった夫婦が離婚届を出しに行ったり。 ちっぽけな私達の日々の出来事、ささやかな揺らぎを丁寧に描写した一冊。

とめどなく囁く

とめどなく囁く 桐野夏生

父親より年上の資産家と再婚した塩崎早樹はかつて海釣りに出かけたまま失踪した夫がいた過去があった。 ある日元義母よりその夫を目撃したとの情報が入る。 死亡認定も出し、新たな人生を歩み始めた早樹であったが、区切りをつけたはずの過去が迫ってくる。そして新たな事実が次々と判明し失踪の謎に肉薄していく。 知っているようで実は全く知らない夫婦という赤の他人の恐ろしさ、地獄の淵から甦る「人間失格」的な独白に底なしの救いのなさと哀しみを感じた。 舞台となる逗子の母衣山はおそらく披露山をモデルにしたのであろう。

18511618 542e 424f a9c0 020484758922Icon user placeholder
鯖

鯖 赤松利市

62歳無職、住所不定の作者のデビュー作、しかもこの装丁にこのタイトル、ということでかなりの期待と共に手に立ってみた。 本当にそんなものがあるのかは知らないが紀州には固定した港を持たず全国を渡り歩く一本釣り漁師の一団がいてその末裔というか成れの果ての一団が主人公。海の雑賀衆と言われた漁師弾も今ではトラウマや異常性を抱えた5人だけとなり日本海の無人島の小屋に雑魚寝、その日暮らしでなんとか生きている。彼らの作るヘシコの存在に目をつけたIT長者とそのビジネスパートナーの中国人女性が彼らへの投資とアジア市場への展開を申し出たことから生活が一変し…という話。正直なところ作者の背景とタイトルなどから中上健次のような重厚な作品と思い込んでいたので生臭く現代的な展開は意外だった。どちらかというと桐野夏生的な作風かな。嫌いとかダメとかではなく勝手な期待と違っていたので個人的にはダメだったけどよく出来た作品だとは思います。

150f52c9 f997 4380 bb7a 0766d92c8c6fIcon user placeholderAbb8e1fe aa2b 43fc a57f 7c4ac75ca141Icon user placeholder
次のページ