文芸

51rzwdh%2b5nl

中学生は いちばん微妙な年齢で イジメも 自分はやりたくないけど みんなと足踏みそろえないと 標的が自分になってしまうから みんなと同じようにしてしまう 夜だけ化け物になってしまう あっちーも クラスの嫌われ者の矢野さんに バレてから 夜だけの友達になって 友達になればなるほど 昼間の自分と夜の自分の違いに悩み始める ほんのちょっとの勇気で ほんとの自分でいられる、正しい自分でいられるんだけど 狭い世界の中で イジメに耐えるのは なかなか大変なことだと思う

90cb0094 04da 4198 91ba eb8f84bcdb8aC3369fa1 ad1f 45d3 809f 260e13a5fbdb239f4c4d 98d6 4af3 97ed 749e32b111ecBb6260b0 aeac 40ea 8bfb 40feab30df2cC9d3ecda e237 4c6e 8047 5fc4b5307b53Ffd5fefc 5b3f 40e0 989f 3095febea780Ad228ae1 9d47 4d0b 9b0b b9896aacfca9 37
31sbybl7gfl

これまで読んだ恋愛小説の中で、一番ぐっときた。この人の文体が合うんだろうな。ま、人それぞれだ。

51jzpjud7 l

短編と短編の繋ぎ方がなんとも絶妙で、長編を読んでいるようでした。これに連なる、連作小説「鏡の花」読むのが楽しみになりました。

51elx3%2be80l

穏やかなのですが、凛とした強さがある小説。今の自分がやっていることは無駄ではないと後押ししてくれる、美しい小説だと思います。

80c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f6930794fee9 42fa 41ca 8766 63230b8d1a3354b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd173bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662F3784693 6bf0 4c24 a78c 01ce22fe97668b21d536 8a5d 457e ae55 24cd1f5026d4Bf4e2ee2 617d 4a6a a4b6 639432801b62 104
51av1jrnljl

「アメリカ」が詰め込まれた小説。

510cfvadxll

このシリーズはどんな気分の時に読んでも読み終わったら幸せな気分になるから好き。堀田家で朝ご飯食べたいなー。。

98d9c063 652e 4206 9e86 46d5ae0e2f6971f179d9 4336 4ee3 957c 89270efa45229ee3c1b5 8d22 46ed 89fc e25993a46b6635405249 a27f 4fe7 bc68 96ec2fd5e942
51%2bpx9t8vnl

久々に恐怖を感じながら読んだ。「違う」から即「怖い」と感じる自分の傲慢さに気がついて、さらに怖くなった。

Fa1c9161 7df5 436b a6c6 a82075dd37949f4ff2d3 7428 41e1 aee1 67789964dd1bB4f0ccae 34de 47a8 a150 5c46e2c37306136cfd1f 6268 4af0 b07f 89097c7730feCd086107 8dc6 4d0d 8cf0 4c84f7ee23820794fee9 42fa 41ca 8766 63230b8d1a3355726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724 170
41utquserel

その下巻。 いまさら何をいうことがあろうか。って池澤夏樹の帯文にほんとそうだなあ、と。

3fffa52e 7fbd 4a53 b0f5 f61afeaf798bMaman putain6 normal
516lb3hk1al

記者目線と犯人の子ども目線で事件の真相に迫ります。当時子どもだった私には考えられなかった事件の裏側が、フィクションとノンフィクションの境い目がわからなくなるほどリアルに描かれており、終盤はちょっと興奮して読む手が止まりませんでした。事件を知っている人はその記憶が揺さぶられる力作です。事件部分はほぼノンフィクションなので事件を知らない人も興味深く読めると思います。

66a93fcb fedf 403a bb2d 31a5b5d5e9a9103d7ae9 bf09 4d0e 8b6a 246883db1672C9d3ecda e237 4c6e 8047 5fc4b5307b536545ed98 b57c 4156 853c f0ffaadce6a89e6d8f5b 9958 4d67 a4fe bd9d5b7594533a7960ae 8f51 4abb a815 b048d81cf67a69ea50dd efb5 4dad 87e2 46d0c1078ac1 39
61qfgsyeaol

とっても癒されて、勇気が出る本だった。

B9dfb243 6d9b 4040 b316 a4949b6c4fef2a83b852 93a3 4740 ac6c a4f492707a4b28f87ab7 1cd1 451f ad7b d36ec8fcadb35fce1051 d9ef 43ba bc7e 691331d5ce3f
41nec0rcskl

「ワム!の〈ラスト・クリスマス〉をゴーストライターとして作曲したいという日本人がいるんです」、その事実を追い求めるノンフィクション風小説。とっても面白かった!音楽好きな本好きにオススメです!

41631c2jsel

完全な恋愛小説ではないけれど、きゅんとしたり涙が流れたり、切なくて苦しくなったり、いろいろと考えさせられたり。読みがいのある一冊でした。

Ee0afcc0 4d0a 4ebf 966d 9cd1e480d48a42efc644 a74b 4417 9cb6 591a185787dcE7b02377 24b8 4102 a5af b06d83291547
41vpsy7duul

強く、強く生きたいと切に願う

410m56mvqrl

後で書くと、言っていたら読んでから5ヶ月経っていた。 とにかく登場人物誰もが愛おしくてたまらない。何度でも読みたくなる作品。独特の文章に中毒になりそう。

9638c2c5 e451 4d13 94d8 3bf3e8502a1cDdd9a97f 4e30 41f7 81fd 550ba5b402b0B9f65df6 87e6 49d8 9dfc ac7d3cf2b589C42bd57a cace 4290 a5e5 3b831ae687a38485250c 7600 4626 bf35 fc2083da34038210e25f d30f 4927 97af a6cd3a0c31e854b61ab2 431f 4207 86f5 192676cadd17 34
61o3yv2bfwl

漫画ピンポンにも通じるすさまじい天才の競演にただただ圧倒された。

Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1eB720ba56 a940 4cb5 8556 1ec21475192bD3a4d3dc b189 48b3 ab01 edcd89a7c0926d261940 d173 40d2 8d77 8ef0516a1422872d3c2d 3409 4500 b140 2a3e0c0a4083Cc990b10 a534 4f5b 90c7 498a921bf03bIcon user placeholder 127
51io 38uvfl

セクシーで色鮮やかなイメージの文章。 三つの作品が再構成されていて面白い。 表題作「ポーランドのボクサー」と「ポヴォア講演」のふたつを合わせて読むのとても良い。「文学は現実を引き裂く」のだろうか。

21%2bhz6n7ddl

幻想小説の隠れた(?)逸品…かな? 白水社から新書版での再販ですが、オリジナルのパラフィン紙に包まれたボックス版の装丁は最高です(^^)

616dddq q%2bl

わずか25歳で書き上げたと言う伝説的な小説。1950年代、戦争を終えて除隊したあとはなんにも長続きしない木偶の坊プロフェインを軸にしながらニューヨークの下水道地下世界、世紀末のフィレンツェや戦時下のマルタなどなど舞台がくるくると変転する中に見え隠れする謎の女、V。 19世紀末から現在にいたる戦争や騒乱の後ろで糸を引いていたとされるVだが、彼女は何者なのか。信じられないほどに膨大な百科全書的知識と迷宮的に入り組んだメタフィクショナルな構造がこれでもかと詰め込まれている。サービス精神旺盛過ぎる小説ではある、が。 世界は生起する事実の総体であるというウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』の最初の命題が登場するが、この小説世界ではそこに描かれた事実は想起したようにも思われるがそれを示す手がかりは周到に拭き取られていて、小説という仮想世界の中でさえもメタフィクショナルに骨抜きにされている。 再読してもついていけないさまざまなレベルの遊びや企みが満載だから三読、それ以上でも、何かの発見がありそうだ。 とはいえ、半可通な一読者はそこで何を語り得るのか。まさに語り得ないものについては沈黙しなければならない、のであった。

E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b135540627 6853 4b39 b8cf 561b2074b924D08aad16 7164 44b9 b623 a979101cee00E3429d5e 1734 460e 8d95 f9e374d2854aMaman putain6 normal3880d9eb 7863 43f1 907c da7c9c26944c
51t%2bfrtemhl

短い章の連なりから構成されていて、切り取られた様々な場所、時間、人がパズルのピースのように組み合わさっていき、最後まで読み進めるとそこに時代の変遷と人の一生という壮大な物語が現れる。 タイトルの「すべての見えない光」という言葉が、盲目の少女やラジオの電波のことだけでなく、戦時下という状況の中で「見えない光」の存在をどれだけ信じて生きることができるかを描いたこの物語をうまく象徴しているように思う。

32c5d8c6 3afc 4495 a930 f1f622a959d091fba8d4 45a7 468d 8cab 5d9e0a246ab5C9c3940b 7ba5 4fb1 ad36 c879a05d3fbbCe6676dd 05fe 4fe1 bd60 44f7b05f9af3999efc08 1d6b 40cc a69f d91e24e0b66218d2694b a8cc 4091 a62d 30453f59d20bE913465c 24fe 47f0 b46a de17f579871c 10
51vay7qzphl

メタファーの意味を知っている?

Ec3aa304 f8ad 4c36 ba38 b47dd07e80e038e6da79 d16f 446c 84d6 13b9464b182348259a9f a5ec 4e92 a6b6 a93aed926da9F08b30b2 2a02 45ec 9a46 9d8e834c0d28
次のページ