雑誌

519fnqyrsjl

数学者です、と言われて、一体何をしている人かイメージを持てますか?私は正直、さっぱり何をしているかわからなかった。 でもこのほんを読んで、数学者の人が、この著者の森田さんが見る世界は、なんて繊細で面白いんだろうと思った。だから、私にとって数学者は、目に見えない世界の秘密を解いて教えてくれる人になった。 私は数学が苦手で、学生の頃面白いなんて微塵も思わなかったし、むしろ数学、算数的な授業は苦痛に近かった。でも、もしかしたら、本当の数学を知らないだけで、ちゃんと正しい扉を開けば面白い世界なのかもしれない。 最近、どんな分野も最初の扉の開け方で、その後関心が持てるかどうかが大きく変わってくるように感じている。 アリの視点で見る数字の世界は、新鮮で輝きに満ちていた。たくさんの子どもがこの本をきっかけに数学の世界に興味を持つだろう。これは、いい扉です。月刊 たくさんのふしぎ、初めて読みましたが、すごいいい!定期購読検討中。 個人的に、アリに噛まれて、じゅわっと甘い汁が漏れだす描写と、食感で水滴に触れるシーンが瑞々しくて好きでした。

Fa8271f3 60a4 44e6 a532 08894ae2c002E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e3bf4db9a 7533 4c1c 8782 8c0734cfc662
61c6k0yujkl

これはいい! オシャレなハンギングプランツを中心に、ショップ案内も充実 植物好きにオススメ!

41cevz2ozml

特集「翻訳は嫌い?」に惹かれて購入。外文が好物なので。 巻頭の「日本翻訳史 明治篇」では、坪内逍遙や二葉亭四迷らが、西洋文学の翻訳を通して、新しい日本語(今私たちが読み書きしている日本語)を生み出していった歴史が述べられており、大変興味深く読みました。 「翻訳講座 村上春樹+柴田元幸」は、原文とお二人の訳文を比較しながら、良い翻訳とは何かについて論じています。私は柴田氏の翻訳が選書も含めて大好きなのですが、正確さよりも物語の雰囲気を重視した村上春樹の翻訳も読みやすくていいものだなあ、と思いました。

Fe34ee18 e693 4a17 81eb bebb3c00afa46dbdc6a4 9d7e 4688 a23d b7db3958e1b5
61fxqm2y1cl

毎年購入しては枯らしてるアジサイのために購入。

410kloten9l

購入。橋口亮輔監督の講義採録にあるワークショップのエピソードが良い。

61q1dx6g4cl

読みやすい。分かっていることも、再確認出来て、気持ちが楽にスッキリする。

40fe8af8 9603 4e8f 99c8 24c5cf65289060729d69 c811 4eed a64c f6dc1a34a835
51v9tihenll

上がる。マウイの情報は載っていない。2017.7

51g1jyzuvsl

読みかけ。掲載シナリオもいいけど、佐伯俊道氏のたこ八郎についてのコラムもいい。

51firsszbwl

特集「一汁一菜」 日々こんなオシャレなご飯など作ってられないけど、ページをめくって眺めてるだけでもなんだか体にいい事してる様な気がしてくるから不思議。 個人的には掲載の一汁一菜メニューだと全体的にタンパク質と炭水化物メインで野菜が足りてない気がした。

513ggzzouil

未公開映画が一本まるごと収録されたDVD付録に惹かれて購入。でもいつ観るのかわからん。

41n2hxcykjl

30代のための社会文芸誌を創刊しました。ターゲットはサイレントマジョリティ。 まさに中間層に浮遊して、黙っていた私たちが、「なぜ黙ってしまうのか」を突き詰め、考え、突破口を見つけようとしたものがたり。 「誰の話も自分のことじゃないように思う」。この感覚の正体から、本来的な他者との繋がりをどう作るかまで。 安心して読める社会メディアです。

Bb44d9de 0b58 4d8a 8ecc 7816a1c80f9aB752a251 8147 4dac 86ca 1175f9705644Fbad6930 13ee 4484 b2de 3e4dd1e15de598a453c1 a3a5 41af aa18 8a5f286b154219827526 a639 4044 9981 d86c526cb750Ac175e93 27ca 4cda 822b e41d829b5f1e70c679a8 051c 463d be3a 04f64f2a4544 13