ノンフィクション

51lqr4t0kcl

TL に「ボロボロ泣いた!」と流れてきて、タイトルから性格心理学の本と思って手に取りました。 自己啓発本じゃねーか 自己啓発本の王道として米国社会にいかに最適化するか、成功するか、を説いており、ここ日本だし。ってなる。「専門家になるには一万時間必要」とさらっと書いてあるのは気に入りました。高反応の乳児(20%)が長じて内向型になる、外向型は低反応で、より強い刺激が心地よい、は HSP 本でも紹介された研究。興味深い

040952a4 ee22 4a1c 9b66 f47234e30d5494610050 28a3 4194 bba5 b0de45b4447fF6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d5712428a6fa1f fabd 45f4 847f 6d05c9f02af7234d0023 c28c 44ab ac21 b2d5f88e802c4066852c d046 4e07 ae0a 8af4698cd70dFb40969a c470 4cd8 8de6 8c99337c81eb 14
41rlkqxljql

ヒラノ教授ほど読みやすくて、すっと納得できる文章を書く人はなかなかいない。 さすが、ブンジニア。

41mubmlthvl

絶対音感、青いバラとか、著作数は少ないけれど、実に読みごたえのあるものを出してくるので好きです。村上春樹→河合隼雄→セラピスト...ちゃんと繋がってるんだな。このアプリを利用してよく分かりました。

9911cd5c 6c45 49c6 a27c e6f9dd8db2001d6a936e 0a2d 484a 931a 4a3683f557aeE4d8f046 7597 4680 afbc 9a933d5c43f455726567 d82a 4e2a 8834 03827f5e7724C7a7291f ee4b 4dc7 ae5c fa99dc408c99978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2
51gwdxaih8l

いつか抜けると思えば、少しは楽になるかも。

7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5E9640120 30a9 4d5d 8183 fe541ce30b870afc5c62 11c6 40c9 9ca9 cbcb848a43c0E153f4f1 5633 42a2 9622 6364109e014780c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f69343974a7a af02 4b08 9dc4 5536af07ca5dDd941b90 88b9 425c 9cca f8c6c38d532f 38
51xe1ce9pjl

寺山修司の怪人紹介 全部見てないけど、サド侯爵は笑

41eocg9iffl

1999年9月30日、茨城県東海村の核燃料加工施設「JCO東海事業所」で起きた国内初の臨界事故。会社が安全教育や監督を怠たり、会社承認の違法行為「裏マニュアル」によって放射線被曝してしまった大内さんの83日間にわたる壮絶な闘病記録。 放射線被曝が人体に及ぼす影響の惨たらしい事実が分かります。 茨城県大洗町の日本原子力研究開発機構大内研究開発センターで発生した被曝事故が発生した事で、あらためて手に取った一冊。 是非読んで貰いたいです。

41djtqaktal

かつて大西洋にあったとプラトンが語ったアトランティス大陸。あるいは現生人類を作ったのは遥か彼方から地球を訪れた宇宙人で、その宇宙人の存在は聖書に書き残されているという文明宇宙人起源説。そんなことは科学的に見ればありえないことは明らかだけれど、それを頑なに信じる人々がいる。中高生くらいならともかく、いい大人になってまで。そしてそうした妄説は意外にしぶとく生き残る。 なぜそうした妄説が生き残るのか。妄説は、黒人やユダヤ人、そうしたマイノリティたちによる精神の拠り所でもあるのだった。ここでは取り上げられてないが、ウラ・リンダ年代記や日本の竹内文書、あるいは韓国起源説などという偽史も自分たちの祖先の権威づけだ。それが日常生活に何かをもたらすわけではないが、時折過激な形をとることがある。苦笑いしてやりすごせるだけのリテラシーが必要なのだということか。 詳細な記述がときおり退屈で、何度も寝てしまったけどよい本。ただし校閲はだらしなさすぎ。わずか2ページの間に同じ人物の表記が異なる3通りで出てくるとかありえない。数行先に出てきた人名表記が違うって普通気づくだろ。訳者も悪いけどこういうのは編集がなんとかすべき。何やってんだ版元。

41x73yafp6l

真に新しいスタイルを作るということは、過去を否定すること。だからこそ彼女のスタイルの根底にはおしゃれさよりもある種の無骨さがある。 「宝石で人目をくらまそうなんて執念は、胸が悪くなる」

4692462d e698 4e50 8343 f3ac63fbbe39Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064cc9a2bf2ad ba91 4cdb bd69 308786eb24ff
51veuoydlcl

40を超えて知り合った年下の友人が、プロレス弱者(プロレスについて詳しくない事を指す言葉です)の私に、どういう感想を持つか知りたい、とオススメされたので手に取りました。 著者の増田さんの文章はとても上手いですし、読みやすいです。しかもエモーショナルでいて、しかしノンフィクションライターとしての矜持からか、冷静になろうとする部分を隠さずに見せる方です。そんな人の文章が面白くないわけないです。 私の小学校くらいまでは、たしかタイガーマスクが流行っていて、1回プロレス観戦にも出かけたのですが、うん、なんか興味が続かなかったので、そこでほぼプロレスについては観なくなってしまいました。多分子供心にも、なんか嘘っぽい、という感覚もあったのを覚えています。 その後ほぼプロレスには触る事ない生活でしたが、大学生の頃、友人の知り合いとお酒を飲むことになり、どういったいきさつか?は忘れてしまったのですが、プロレスの話しになり、何気ない私の、しかし心無い「何となく全部が真剣勝負じゃないですよね?」という一言で非常に怒らせてしまったという事件ががあってから、一層プロレスに対して興味が無くなりました。でも私だって自分の好きなモノを否定的に言われたら嫌な気持ちになると思いますが、その熱量や感情の表出に際してプロレスファンの方は振れ幅が大きいような気になってしまったのです。きっとお互い酔っぱらっていただけなんでしょうけれど、その時はそうは思えなかったんですね、ただ単に幼稚だな、と感じてしまったんだと思います、私も同じように幼稚ですね・・・ それでも、その後にも格闘漫画「修羅の門」を面白く読んだり、ふと目にしたパンクラスという格闘技の中継で観た舟木選手が腕を決めて勝った試合は単純に凄いな、と思った記憶があります。でもパンクラスをもっとちゃんと観ようとは思わなかったのですが。格闘技とか武道とかにあまり関心が続かなかったのです。 なのでこの本に出てくるプロレス用語の意味が間違って読んでいる可能性もありますし、イマヒトツ理解出来ない単語もありました、注釈が付いているんですけど(例えばアングルというプロレス用語はなんとなく文脈からするとブラフという意味だとも思うのですが、アングルって角度の事なので、根拠はあるけど大げさにしている、という事なのか、全くのウソなのか?が分からなかったり・・・)。 非常にセンセーショナルなタイトルですよね。 木村政彦の弟子である岩釣氏とプロレス側との交渉を冒頭に置いていて、この先どうなるんだろう?と思わせつつ、次に木村と力道山の世紀の対決の結末を書いておいて、結末を知っているのに、本当のところがどうだったのか?を知りたくなるフックが非常に強い、読ませる導入だと思います。円環構造になっているのもいいです。プロレスに詳しくなくても、柔道に詳しくなくても、木村と力道山の試合の結果ではなく、何があったのか?がとても知りたくなります。 これは相当に、力道山を代表とするプロレスという視点、それも勝者の視点が流布されて、木村という柔道家側でも、プロ柔道側(柔道で興行を行う寝技を含んだ、技の上での1本ではなく、参ったというか、意識が無くなる事で、負けの判定が下るシステムの事:私の認識)からも評価されず、1個人木村政彦という柔道家の側面を、見事に削られているのが現状だったんだと思います。負けた側の視点立つ著者の増田さんの激しい怒りと共に、時系列を追いながら、柔道だけでない、世界レベルの格闘技や武道や護身術の興亡を描いたノンフィクション作品です。 柔道という武道の流れや、講道館というスポーツに特化した柔道の形、サンボとか、バーリトゥードとか、MMA(総合格闘技)とか、ブラジリアン柔術とか、とにかくたくさんの格闘技の話しが出てきますし、セメント(真剣勝負、多分あらかじめ勝敗を決めない、しかし何をもって勝ち負けの判定をするのか?はルールによる)とか、口に出してみたくなるカタカナ語が多く出てきます。その詳しい違いについては分からないものの、何となく、プロレスとは違うんだな、という文脈でのニュアンスだけは理解出来ました。 さらに昭和史における石原莞爾や頭山満などの右翼の大物政治家などの交流も描かれています。 多分著者の増田さんの立ち位置は完全に木村政彦サイドだからなんだだと思います、プロレスを軽視するわけでは無いが、武道ではないから、というスタンスは理解出来ました。もっとも私はプロレスにどのくらい筋書き(ブックというらしいです、この辺の単語のトリビアルな面白さがあります)があるドラマなのか?が全然分からないのですが、まぁワカラナイまま楽しめる人と、物語としては全部を受け入れる人や、たった一つの真実として受け止める人では結構見え方や熱量が違うと思いますし、これってリテラシーの問題だと思います。 その辺はこの本の最後はまさに白眉の展開で、木村側に立ち、擁護し、検証し、インタビューし、様々な角度から考えに考え、18年に渡って取材してきた著者増田さんの、木村政彦の尊厳を取り戻そうとして始めたこのノンフィクションの最後に、それでもなある地点に到達するのが、個人的には最も素晴らしいと感じました。言い方として変なんですが、この本を書く動機としては、かなりのルサンチマンから生じたはずなのに、そのルサンチマンを乗り越えるところが、素晴らしいと思います。そのきっかけを作った太田章氏とのインタビューの記述が、そのクライマックスだと思いました。 私は木村政彦の存在も知らなかったですし、力道山という人物も、空手家大山倍達という人物も名前は聞いたことがある、くらいの認識でしたが、それぞれの事情の一面として、著者が検証した範囲の真実として、昭和の時代の流れとして理解出来ました。 知られなていなかった人物の生涯を追う物語として、とても面白かったです。まさに鬼と呼ばれるのも理解出来る人物です。また師弟という物語でも、とても面白いと思います、ある意味3代に渡って続く、武道を追及する男の話しです。 と、大変面白く読んだのですが、冷静になると気になる部分もあって、確かに、木村、力道山戦の視聴率は100%だったでしょうけれど、それは全国民の興味が集中したとは言えないとも思ったりしますし(少々大袈裟に、風呂敷を広げ過ぎているような・・・)、タイトルのセンセーショナル過ぎる部分にプロレス的なアングルを感じたりもします。私は木村政彦が、興行という意味で(観客なんか入れないで関係者だけで果し合いをする選択肢だってあると思うのです)力道山との闘いのマットに上がった以上、どんな結果であっても受け入れるべきなんだろうと思います。そして、力道山への怨嗟を乗り越えた後半生を、凄いと思います。多分簡単には認められなかったでしょうし、それこそずっと重い心の蟠りだったと思います。それでも、生活していった木村政彦の方が、強さだけを求め、師匠には異を唱えない、鬼の木村政彦より、ずっと強さを感じます。 本当は、木村政彦の事を、噂でなく自分から知ろうとすれば、プロレスで力道山に負けたことなどたいした事ではないと思います。事実木村政彦の周囲にいた親しい人々は、その素晴らしさを知っていたわけです。だいたい世間的な評価なんて、本当の鬼の柔道家『木村の前に木村無し、木村の後に木村無し』とまで言われている事実を知っている親しかった人たちからすれば気にする必要は無かったのかも知れないとも思います。 どんな分野だって、有名だから凄いわけじゃない。本当に凄い事に気が付くためにはその世界そのものを理解するだけの自分の『好きさ』が必要で、だからこそ知りたくなるし、関連する物事を知ろうと能動的になると思います。受動的に見ての判断ではあくまで表層的なものでしかないと思いますね。 その上で、著者の増田さんがここまでルサンチマンをため込んだのには、それだけの理由、あくまでプロレス側の、勝者の側の理屈でしか判断評価されなかった事への不満があったのだと思うのです、それも世間的な・・・。本書を書いてくれた動機にはイマヒトツ乗れなかったけど、書いてくれたことで木村政彦を知る事が出来て良かったです。熱量も高いけど、それだけではなく、物書きとしてのクールさを同時の持てる増田さんの文章を読むのはとてもエキサイティングな体験でした。 読み終わってから、動画でいろいろ見ましたが、力道山戦の木村政彦の倒れ方、そして足先で頭部を蹴る行為は、ちょっとリラルで恐ろしいです。この試合の結果、プロレスはフェイクじゃなく真剣勝負なんだ、という勢力を後押ししてしまったのだとしたら、増田さんのように柔道を愛する人からするとルサンチマンをため込むこ事になるだろうと理解出来ます。映像を見なければ分からなかったです、かなり衝撃的ですね・・・ 個人的に印象残った人物は阿部謙四郎という方です。非常に愚直で組織の中では生き残れなかったであろう融通の利かなさと共に、ある種の爽快感さえある人物だと思います。かなりキツイ道を歩まれると共に、木村と再会するシーンはとても印象に残りました。 あと、表紙に使われている写真、とても素敵な顔してます。かなり優しい顔に見えますが、筋肉は凄いですね。そのギャップが印象的でした。本も凄かったけど、人物木村政彦が凄くて、さらに評伝を書く増田さんの文章がエキサイティングなんだから面白いわけです。 格闘技に興味のある方に、プロレスに興味のある方に、オススメ致します。

51sanfvpknl

全ての本好きの方必読!かな? 3/11からの復興の未来のある話。感動ですよ、マジで(^^)

978030b8 5d27 45ce a8ec ef18a8f163c2174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f7
61 rgetzeil

真面目な人ほど、視野狭窄に陥ってしまう。頑張らないですぐ逃げる卑怯者になるのは楽だよ。

7e4f6841 2bd6 4a4a a7e4 4f1cd15e4e5dDccc2d34 c877 4202 bf22 35032161a1401d6a936e 0a2d 484a 931a 4a3683f557aeF6fbb620 882f 4d6b 9665 bc962b11d41a174636fc 64b0 4154 8e1f 24126c9a62f70d306957 5b49 4253 b7b2 0007a4a8d6874048bf88 ec1b 4d8b 87ce 07661f5260a2 21
51nbcio0syl

ノンフィクションはあまり読まないのだけど。 笑いながら読めました。 研究成果が知りたいと思います。次の作品で、ぶっちゃけてくれるのかな?

497c3a12 691e 4572 a291 303879b1d33862a61c21 60ab 40d0 9127 a1f3555474a1014253d4 6080 4951 9119 24735184a6960b02c911 36ec 4e00 8722 3c2f5a4f0637Bede488f eb09 4e91 9a54 e8af296f0c617de200af 7e46 40cd 9d50 310b7e69aa81E3694df3 1876 489a ac2f 241db0ffe47b 16
51p%2byhrg4ll

丸ごとの自分を理解してくれるパートナーに出会えた著者でも、まだ生き辛いという。ゆっくりと生きてください。

51e2ymoomwl

少し小っ恥ずかしいタイトルですが(笑)オススメです。 一気に読みました。 うつ病について書かれた本はたくさんあるけれど、この本はその中でも最も具体的かつ実践的に前向きになれる方法を指南してくれています。 毎日三食きちんと食べるとか、睡眠8時間しっかり取るとか、ちゃんと運動をするとか「そんなのできたら苦労しねーよ!」という事ではなく、自分の横に放置されてたペットボトルを10秒だけ試しにゴミ袋に入れてみた、というところから始まっています。 うつ病でなくても、部屋をなかなか片付けられない自分にほとほと嫌気がさしてる人やいつも自分を責めてばかりの人、毎日後悔ばかりしてる人、この先いいことなんて何一つある気がしない人、そんなたくさんの人に読んで見て欲しいです。

B4f0ccae 34de 47a8 a150 5c46e2c373061d6a936e 0a2d 484a 931a 4a3683f557ae7f77d33f 35da 4899 aafa 92ab5949891f79887820 f565 4157 afbd 20a48b6202a792b278d9 69e7 4bf5 8439 9ea7057e2c86E9640120 30a9 4d5d 8183 fe541ce30b8700a6cf1a c5e2 4331 ad04 f26bd088f920 10
519nmp9azrl

立ち読みしたところ、大変面白そうだったので、一瞬買おうかと思って値段みて躊躇。じゃあkindleでと検索したら、ない。orz...古本で値段下がるの待つか。しかし、下がるのか、この本。

41xitx4nnfl

天才は天才なんだけど、たくさんの蓄積があっての坂本龍一なんだなと思いました

31 sm0gqs7l

居てもいい、のではなく、居るのだ。

A1715068 f216 45a3 bb82 bb7f421b9f6eE7d2840e 54ea 43f9 a28b f02fc753afbf5bedf201 55fb 47e0 93dd ec6d122fa067Maman putain6 normal7cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa5
41byhg3yeyl

あまり見ないお産にフォーカスしたルポ。 特に、紛争の影響などで、適切な環境で子供を産むことの出来ない人たちがどのように、新しい生命を誕生させるのか、それについてまとめられていた。貧困や治安の悪いなか、子どもを産み、育てる。困難なことは間違いないだろうが、そのなかで描写される親の力強さ、子どもへの愛情は胸を打つ。

51lodm uc9l

読了。「ブライズメイズ史上最悪のウェディングプラン」は観たいですね。「ネルーダ事件」について、そのシリーズについてもおっかけたいところだが、著者の映画からくる興味の掘り進み方と読書については-本人ビジネス書大っ嫌いみたいだけど-どこかの編集さんアプローチしてもいいのではないかと思う。あと、カーのグンターシリーズあたりを読んでたら感想などうかがってみたいものだ。 #stand

E68539b9 8045 49ce 8030 1bd4fe68d0b180c9af28 2457 4c13 b006 8462e2d6f693D50e1592 1ca7 443c b464 1c47ead491f778d11b03 4372 4070 b3a0 f36ef6ff662bBafb97dc 70d4 4e52 ae4d e4a561050bd05e7cb613 c27b 4500 9adf a469433e5207C5daf3e9 68fa 45de 811b eac04c3c7005 20
51geafunyjl

2017/5/9読了 このコンビの前作「大世界史」にも政治的に独裁色を強くしているトルコやロシア、中国指導者に対しての意見は触れられていたが、今回はより詳しく語られている。伊勢志摩サミットの日本の対応の不味さなど、普通に新聞やテレビで見ていた時には気付かなかったので、報道を鵜呑みにしがちな自分を反省した。

次のページ