コミック

51swqpp7eql

面白いんだよ〜

31xs8m7dc2l

マンガなのですが、かなり面白かったです!連作の短編の集まりで、2巻まで出ています(もしかして完結か?)。余白を嫌っているかと思わせる画も素晴らしく、幻想ものであるのに説得力を持たせる事に成功しています。 物語についても、画についても、主人公の性格や動機についても私個人が考える「宮崎 駿」の正当な後継者と言えるのではないでしょうか? 個人的には最初のスピンドルの話しと、隕石の話しが素晴らしいです。 「風の谷のナウシカ」を漫画で読んでいて、気に入っている方(もちろん映画は別物という認識で、マンガの方が好きな方)、「となりのトトロ」の自然派に偽善性を感じても許せる方、および細かい画が好きな方にオススメ致します。 2007年 8月

Be5ca7d0 d344 4cfb 9f7c 9986a19e6125Ce60fb58 f031 45ef 8389 dd44b74f6a4b5ee131da 086a 4caf a85d 98dea591fa307e7c25d0 bbf1 4242 9eed d99032b3cf33
61fxdp7hqbl

デザイン力、レイアウト力とイラストの独自さが絶望先生や化物語など、シャフトの新房を思わせる ごはんが美味しそうというよりは見ていて楽しい作品 テンポの軽快さもまた心地いいのでよくある飯マンガに飽きた人にはいいかも

51kyi1owrql

前向きな内容でいつ読んでも励まされる漫画だが、この巻の途中で登場人物に大きなアクシデントが起きて、読むのがつらかった。 登場人物の成長を見守るうちに、実在の人物に対するように感情移入するようになっていたのかもしれない。今後を何としても見届けたくなってしまう。 たんに「励まされる」だけの漫画ではなく、どんな状況でも何が起きても前に進めるという信念がものすごい熱量で描かれていて、結果的に現実に尻込みする読者の背中まで押してくれる漫画になっているような。

84383179 92d2 43e0 9b89 fe92d74a67cb712a6dde 0281 4cff 8610 2b01636254b34714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b2078140ac 3dc7 41f9 a497 3422e719a3069232e116 3121 4636 a43f 0b2da7bd21a4Fde97e63 084b 420f 83e6 70a12951ba1bEc489134 ffa2 4123 b8df fa9f0c7a4459 10
616 0tkr90l

全体を通してエキサイティングな展開。展開がどんどん覆される。まるでジェットコースター。これだからこの作品はやめられない。

614agmgnlhl

アイヌ文化と歴史物と、オリジナルの要素の絶妙なバランス。これがあるからギャグもちゃんと面白い

19ef990e 8142 47e3 b2af cba2920c8c2a9232e116 3121 4636 a43f 0b2da7bd21a4B9dfb243 6d9b 4040 b316 a4949b6c4fef04ddc4a9 a261 4b42 9b0e 5f0ebbad88ca
61doammvw8l

絵を綺麗にした「魔法陣グルグル」?

Afe9a1ca e3e7 40ad 9bb1 d03c1a656a79F305cac8 e136 4eea 9e0c ce6b9c1f47e9Cc5a96fa 4cbe 44c2 90c3 aa641708ed204714e3c6 f8f1 42a0 86bf 6363689cd0b239ab553c c44b 4182 85e3 20c9abed19e03345d88c 160f 482c 88c5 eaa998b5ab488f4d391f 24ce 46f0 a579 cb89f81d8205 32
41c2c24giyl

夜の静寂さ、星の輝き、朝をむかえる時間の不思議な感覚。鹿が夜の森で聴く音、遠くに見る夜の街明かり、まるで隣で一緒に歩いているよう。

954dbfde 19e9 4dc5 b907 c45f8bd7e27e014253d4 6080 4951 9119 24735184a69689e1a425 48f4 4270 9a97 b5c9fb7772514b166917 9bfd 478b 81d1 ed200c78d6845b870c08 c1e6 460e bb52 131ec3384664
51kjkemontl

週刊文春の最後のページに載ってる1コママンガ、「手塚治虫文化賞受賞作」です! 私の中では今(2007年の時。現在はかなりアクが抜けてしまい、そこが好きだったので読まなくなりましたが)マンガ界の中で、日常のちょっとした違和感をテーマを描かせたら1番(私の中でですが...)のマンガ家さんです。笑いのツボが私のツボです。 今ちょうど新刊で伊藤さんのマンガが何冊か出ていますが、この方はおもしろいです!特に恐らく女性の方にはオススメ致します。あと、猫好きな方にもオススメ致します。 おんなの感覚で描かれているものの、日常の些細な物事や、ふとした発見を、思わず男性のあなたも「うんうん、分かる」と頷きたくなるマンガ家、それが伊藤 理佐さんです(ちょっとした可愛げのある下品さも、また笑えます)。 できたら、最初は「チューネン娘。」(今どきの30歳オンナを鋭くエグリつつ、なんとなく可笑しくも哀しくも楽しい生活 祥伝社)か、「やっちまったよ一戸建て!!」(30代、独身、社会的信用のない「女」が家を建てるドキュメンタリーギャグマンガ 双葉社)あるいは「おいピータン!!」(男気溢れるデブが主人公(?)の食に関するオムニバス 講談社)がオススメです。 が、マッタク絵は下手です。サイバラさんと比べるとちょっと負けちゃう気は致しますが、痒い所に手が届くマンガ家さんです。 2007年 1月

51lixlnolzl

一緒に暮らした3匹の猫のこと。いなくなってもそれは愛しい日々。

616nmxybrml

絵津鼓先生の描く人物のタッチとか、建物や風景の質感とか、線がすきで、更にはストーリーも厚みがあってしんどいとしか言いようがないのです。

51a2nxeuzdl

タイトル通りのルポルタージュかと思いきや、なぜそうなったのか、その後どうなったかなど作者のパーソナルな部分に寄った内容で、しかもその中身もかなり切実なものだっただけに面食らった いわゆる"普通ではない人"がどういう生き方をしてきたか、またどういう部分に苛まれているのか、他人事ではなく自分事としても捉える事ができる、目からウロコなマンガだった

Da0b5002 3a8d 4aa3 a621 f238dd8128d8Afbad0e2 07ad 46e4 9eb8 de2357ec1535163c2225 ac93 4fc3 98d3 2c5b0f4b8182B6efce8b bc9a 4c64 b3f8 4c287e7cd2c896720e30 7fbb 4be5 9f88 65102b0ab49e4fc4d1d2 1398 48ef b5d7 1022bca7fde9E829a2b0 dcc1 4eaa 879f 53e0982a8bc7 11
31nkapmfpql

中身はいつもの通りの「本」にまつわる話しです。本が好きな人の心をくすぐる小さな何かをネタに吉野さんとその友人(歌人で妄想家のフリが上手い穂村 弘さんや、精神科医で著作も面白い春日 春彦さん等いろいろな方が出てきます)たちの顛末を描くエッセイマンガ。あなたが本が好きで、本屋も大好きなら、是非第1巻の「お父さんは時代小説が大好き」から是非どうぞ! 吉野さんのクールで(もちろん自分にも)公平な視線が私は好きなのですが。 2007年 6月

89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eF37a7b3a 68ca 4679 820d be410780daf9
51pi0eiuz2l

相変わらずキャラを覚えられない。君のいない世界のスピードに僕はついていけないよ

51bxke%2bh3ll

男になりたい女の子と 女になりたい男の子と 女になった男と 女になりたい男の子を好きになった女の子たち そんなふうにいろんなジェンダーの人たちと友達と家族や恋人が出てきます。 小学生から始まって、高校生まで彼らの成長を、悩みを、葛藤を その子たちの友達や恋人や学校や家族を 一緒に見守り続けた私の大切な大切な漫画です。 自分らしく生きるって、性別って どういうことなんだろう、何だろう、と 何を思って、どんなふうに生きて どんなふうに悩んで、周りはどんなふうで… そんな色々を、一例だけど、でも彼らは私にそれを見せて、教えてくれました。

51dcysshfxl

3巻まで読了。 面白かったです。最近流行りの異世界転生もの。疲れた時にぼうっと読めていいかんじです。名前をつけるとモンスターが進化するという仕組みが面白くていいかんじです。 スライムかわいいです。スライムのままのほうがいいのになーと思わなくもないですが話を進める上でぽよぽよぷにぷにの物体では難しいこともあるのだろう……。 一番驚いたのが表紙の女性。カ彼女がヒロインでいい感じになるのかとおもいきや……。

Dddb8b95 2af3 4126 adec ad5c37cb808c9bc2e8ed 2e44 4b5c aba8 c17c5df5fb3c
51lqvgk9d0l

4巻まで読了。 からだのなかで起きている細胞たちの働きをわかりやすく面白く教えてくれる漫画。 勉強になりそう。 わたしには合わなかったけど普通に面白かったです。

Ee0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d545807d47 fbcd 4c67 a800 0cd4d91dbfe13a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f4382601801 ea3f 44cc 87ab f777bbe715d0A788f34a 209f 4667 a403 bc54a985be3a266d4001 a219 428c b8e7 41af412e2abfA6397955 7f8b 4ec0 92d4 a0a4eb51dfcc 17
61806pyatsl

白石くんの顛末、迅三郎の過去と義経流を使う異国の敵と、次回に期待をもたせる中間エピソード巻という印象。義経流の謎が深まるが、義経生存説の流れをくむ展開なのかしらん。気になる~

次のページ