コミック

咲宮センパイの弓日(1)

咲宮センパイの弓日(1) 天野茶玖

弓道がめちゃくちゃ上手い咲宮先輩は、後輩から慕われている。 しかし本性はというと「ド天然」で、弓を引いている時とは全く別人のよう。 電車の切符が買えず、自動改札では躓き、今時ポケベルを愛用している、、、変人のような人。 彼女のバイトは一見変わっている。 それは、「弓を使った殺し屋」なのである。 やるときゃやる姿と天然さと、そのギャップが楽しみの1つであります。

進撃の巨人(29)

進撃の巨人(29) 諫山創

ジークの復活劇。 …巨人って本当謎すぎる。 ジークとエレンの目的。 だけどきっと、そこに至るまでの経緯は各々内に秘めた考えがあるように思う。 二人とも嘘つきだ。…さすが兄弟。 エレンVSライナーの因縁の対決は燃えるものがありますよね! それと、ガビが外の世界を知って、偏見の目の間違いに気づくシーンが印象的でした。 教育って、大事だな。 それも、「正しい教育」が、ね…。 あっ、リヴァイ兵長とハンジさんの行方も気になります‼︎‼︎

56a03690 63b8 4975 853f fac13092849bB0f9ea06 54a7 4d2a 89d6 34058285639dF3fb9d54 e8fd 4202 9f24 9d77cb6f41b0
進撃の巨人(27)

進撃の巨人(27) 諫山創

積んでいたのを、やっと読了。 展開が凄くて、、、ついていくのがやっと。 ヒストリアー‼︎

Icon user placeholder56a03690 63b8 4975 853f fac13092849bDd86b2a4 07cc 4964 8ea6 dc319910df47
婦警さんと暗殺さん(1)

婦警さんと暗殺さん(1) おりはらさちこ

「営業」の肩書きで正体を隠す、お人好しの“暗殺者”。 彼が狙うのは、危機感の薄いマイペースな“実業家”。 その2人の間に、なぜか登場する天然な“婦警さん”。 命のやりとりをする関係なのに、何故かほんわかとした雰囲気を醸し出す…。 天然な婦警さんは所々で暗殺者の正体を気づいているかのような素振りを見せていて、「バレているのか、そうでないのか、…一体どっちなんだ⁉︎」と思わせるシーンが面白いです。 表紙もカッコイイですよね! ただ、裏表紙を見るとビックリです!(笑) このマンガがどんなマンガかは、そのイラスト1枚で分かるかも…?

亜人(14)

亜人(14) 桜井画門

読んでいてハラハラした。 IBMには本当色んな性格の奴がいるんだなぁと思って、秋山さんのIBMは信頼しあってるように見えて興味深かった。 佐藤を止めるために行う作戦、その全貌が明らかに。 手段だけでも難しいのに、さらにタイムリミットも付けて、数字で物語を進行する。 すごく論理的で、頭の良さを感じる。 永井の作戦はどう決着したか? 結果が次巻に持ち越されてて、すごく気になります‼︎ 相変わらず、上手い展開です。 佐藤側の高橋とゲンは同情できなかった。 全くと言っていいほど。 意図的だとしたら、表現力がすごい。 あと、戸崎さんも気になるし、戸崎さんが信頼したジャーナリスト・島さんの存在も見逃せない。 『亜人』はやっぱりすごい作品だな。

C5c18958 4d1e 4e3a aabc cbbb089efcb09b92c5df 953f 473f be92 1f218474893d
空挺ドラゴンズ(2)

空挺ドラゴンズ(2) 桑原太矩

漫画版ナウシカのような絵につられて購入。絵も魅力的だが、お話も面白い。今後どのような展開になっていくのかわからないが期待して読みたい。

SPY×FAMILY 2

SPY×FAMILY 2 遠藤達哉

遂にアーニャがエリート名門学校に入学。 これまでは「スパイの父」と「殺し屋の母」との関わり合いが全てでしたが、学校に行くことによって同い年の子と関わり、アーニャの世界が広がっていきます。 子供にも色々あるようで、学校生活編も楽しめそうです。 そして、ヨルさんの弟が黄昏の天敵という…! こっちの関係も見所です。 よくありそうな設定だけど、でもスパイ×殺し屋×エスパーの家族関係の行く末が楽しみに思います。

フェルマーの料理(1)

フェルマーの料理(1) 小林有吾

人気上昇中のサッカーマンガの作者が描く、料理マンガ。 ただの料理マンガではなく、数学的思考でレシピを思考する論理的な料理マンガ。 その着眼点は面白いと思いました。 個人的には、海さんが主人公の方が新鮮味感じたかもです。 岳は、顔がそのまんま“アシト”で、髪型変えただけに見えて、キャラ的な魅力は薄い気がします。 『アオアシ』が面白いからこそ、それを超えにくいですね…。 そんな感じ。

のこのこ1

のこのこ1 明治カナ子

闇の世界の住人「影人間」から貢物をされ、福の神のように慕われる少女・のこ。 特に誕生日は盛大に祝われることから、疎ましく思っていた。 その貢がれた物というのが、他人からコッソリ頂いた盗品だったりするので、迷惑な話。 のこの苦難を支える兄との不思議な物語です。 この、のこという少女がサッパリした性格なのも、読んでいて深みを感じました。 くよくよせず、何事も程よく切り替えて、面白い主人公だと思いました。 周りの人物達も魅力的ですね。 「燃える」「感動する」、そういったジャンルでなく、かといってほのぼのを貫き通している訳でもなく…。 本当に不思議な魅力のマンガです。

今日どこさん行くと?2

今日どこさん行くと?2 鹿子木灯

戸部下くんと上司さんのドライブは、熊本周辺を超えて福岡県にも進出。少しづつ上司さんの素性が分かり、友人の須賀さんとも……。熊本発のドライブコメディーは、熊本の漫画を支える作品へと化している。

moonlight

moonlight フライ

色づく世界の明日から、弱キャラ友崎くん、百合姫をメインに2016年〜2019年までに刊行されたアニメや小説にCMなどに連載されたイラストが網羅!オリジナル絵もある。色づく世界の明日からはアニメ以外で補完ができなくて、図録のように見ることができるのがとてもありがたい。

次のページ