文庫

十二人の死にたい子どもたち

十二人の死にたい子どもたち 冲方丁

おもしろくて一気読みしてしまいました! 安楽死をするために集まった少年少女12人。 そこになぜか13人目の死体が、、、 なぜ12人は死を選ぶのか、13人目は誰なのかとミステリ好きにはたまらない内容でした!

052029ef dda7 4173 81d0 754c485703c2Icon user placeholder135675b6 fcaa 47ab 87c3 8e7cd4987971Icon user placeholder093a9df0 2125 4a7e b799 91523832c148733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaac271304f9 b552 42b3 8622 c7423f12a715 8
天久鷹央の推理カルテ

天久鷹央の推理カルテ 知念実希人

謎の正体はみな病気、の短編集。ずば抜けた腕、理事長の娘で副院長で若くして部長、人付き合いは苦手だがたった一人の部下の男を喜んで振り回す。何だか、男の子はこういう女の子がすきなのねという気分。要素は世の名探偵とそんなに変わらない気がするのに。かわいいから?

0460a6b6 843d 43c3 bd90 d447727707a78d351b00 fcd1 43c6 a954 213513da572cCd62eee1 ba5e 474c b10b 7773ddada4bdEd29570f 015a 4682 acc4 80544369b6447f1f7231 6172 48ea b7ea c223d5bc00c5A11dea54 e6c6 403c b79e 1ad2ca361d4e95ecefc8 1fb3 4784 9b5e 215a9a3ed5dd 33
落下する夕方

落下する夕方 江國香織

不思議で自由で独自の時空間を持つ華子に魅了されてった。なにひとつ羨ましい生活はしてないはずなのに、あぁこの人になりたいって何度も思って。たぶんみんなから執着される。でも誰にもどこにも依存も執着もせず何も考えず生きる。そんな女性になりたいって心のどこかで思っとるんやろな。

4266a9e9 81d3 419b 949e 371c8935ce585f459b8d 75b0 42e4 9cac bc368d8d7a8e000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d89c9d8cbb b044 4f02 bd5d d7dd1d070fcdA12a5249 b612 4153 9316 2db5f8c3836181b325a4 3128 49d4 b65f 14c97e51ba5777404981 fc50 4a53 a1a2 da9d0bba4746 75
ドミノ

ドミノ 恩田陸

恩田陸さんの作品の中では普通。スピード感があって、、確かにドミノです。

A65483fa 242f 43b1 ace0 93ed216c7413Ea9d5273 f6f5 4f0e b666 e2dcf9d1dcbeIcon user placeholderDe620377 d7b3 413f 908d dc24e769262a1150a2aa ed78 4c13 afc1 9dd85572e01fIcon user placeholder75979b9d 65f7 4445 a7b4 41fb5e93f4c8 51
つきのふね

つきのふね 森絵都

登場人物たちの成長をとても感じられる物語だった。 人のために生きて、自分のために生きる。簡単のように思えることがどれだけ難しいことかを教えられた。どんなに小さいことでも、ほんの少しのことで人は一人じゃ歩けなくなるんだな、と思った。 大人でも充分に楽しめる内容だと思う。 特に最後は、感嘆してしまう。

880d5e72 80e3 47f0 8394 0e9677a95e525107dca6 e6a9 479c ab42 72ca6aa63a38E829ad87 c222 48c5 aa75 39fb69803defDdf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e1be4bb52 e5d8 48cd a771 693e9ac02cfbIcon user placeholder9de8a6e9 8ead 4e7a 9fd1 811a28cd3db9 33
神様の御用人 (4)

神様の御用人 (4) 浅葉なつ

シリーズ4作目 今回は 天道根命(あめのみちねのみこと)の御用のみの長編でした 手元にある簪の持ち主を探すことから始めたが 埋もれた歴史を紐解くのはなかなか大変で そんな中 かつての野球仲間に再会して 彼のお父さんが詳しいことを知る 姉弟愛、家族の絆 その強さはたとえ記憶をなくしても心の片隅に残るもの 最後に天道根命がしてくれたことは一番の贈り物ではないでしょうか

Icon user placeholder942d620a 76e2 480c 8c6a eef346e8f228C183958e 6d67 4025 a791 a3b8b6488135Deb7f72f b8fd 4142 8c4f 64e568f2bfbdE8b2865c 78e4 492b 9967 712bb4cb6e1b39a72946 663f 46a7 9f82 d3ca1ec2e87d1443234f e064 4776 a6a5 dcfacc05c97d 9
海辺のカフカ (下)

海辺のカフカ (下) 村上春樹

カフカと大島さんと佐伯さん ナカタさんと星野くん 2つの別々のストーリーが徐々に接近していく。 結果として2つの関係性はイマイチわからず。 ナカタさんが星野くんの手助けで一つ一つ問題を解決しながら、意志というものを持ち始める所で亡くなってしまったのが痛すぎる。 純粋な心で素直なナカタさんとやんちゃながらも人の良い星野くんのコンビはとても面白かっただけに残念。 途中からカフカの方は同じことの繰り返しでつまらなかった。内容もしょうもない。

Icon user placeholderC424a61a 1d94 40f4 a0e1 1f1328a0966769f5d3cc f806 45c1 9795 79436b418028Ac8450bb 96b6 475d 9a26 f8a500cd5ed607f984ff 131e 4f80 99d7 0ab8007ce29eBd8139b9 4767 4df5 912c a342c94a27bd7feea44e 704e 48cf 9272 d842a7e0e2df 102
笑うな

笑うな 筒井康隆

筒井康隆が好きだなあと言うと、時をかける少女ね!って言われるんだけど、それも好きなんだけどどちらかというと俺が好きなのはブラックなユーモアこれでもかと突きつけてくるところが好き。

Cee9898e 9704 47ce 97e2 a3a55b47bfd7B07d5f9b 9d10 4fca 86b0 7d27ef4169472c144179 394e 42df a05f 5d380807297cD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder3f10325b 249d 4bf9 809a 0c01f5c7460b07ea0989 5b9b 4ff5 ab31 a9b038fff99b 20
水沢文具店: あなただけの物語つづります

水沢文具店: あなただけの物語つづります 安澄加奈

ペンとノートを買った方、希望者にオーダーメイドのお話を書きます。小学校教師の栞は、張り紙を見て、水沢文具店の敷居を跨いだ。小説の小説なんて、ずるいだけで無茶だと思ってたけど、彼らは懸命に生きている。打ち込んでいた大切な何かを無くしてしまった人に、きっと響くと思う。

鳩の撃退法 上

鳩の撃退法 上 佐藤正午

不思議な書き方だなーと思った。 時系列もそうだけど思ってもない方向に物語が膨らむ。それらが上巻の最後の方であーなるほど!とぴたりとハマる時がある。それから今まで読んだ所を読み返してみたり。 続きが気になるので下巻も楽しみ。

Icon user placeholderBbe7ac86 1927 4179 96ce a5abeeefd167A64335ed ab91 47bf 88a1 4f78255167d8Icon user placeholder89f691a9 f020 41fa b05f 5e39ad0486e8Cf2f2b28 0681 4f12 9f2c 6af3bf71ffa6B3fd0ffa e716 4bd9 b3c4 c042a9d23124 24
谷崎潤一郎フェティシズム小説集

谷崎潤一郎フェティシズム小説集 谷崎潤一郎

基本では足フェチのマゾヒズムって感じ。特に"悪魔"の文章、"青い花"の現実と妄想のゆらめきさ、すごく好きです。こんな女になってみたいと思わせてくる谷崎潤一郎、すごい。 頭のお散歩には煙草のステッキが必要なのサ。 う~む、なるほど!

4c39dd78 33f5 447d b8f1 7031c02b83b51e251ad4 6e1a 4aaf be54 1a999663ecf7063b1631 ea21 40b4 af96 a7ad390ccf1b2c144179 394e 42df a05f 5d380807297cBa706546 71cd 4fb6 b8b9 81c79853f170Ae8cfcb0 2072 4547 8dff 115b138b72e2C555e0cb 50f1 4d7b 83d8 f2ff66b6769c 13
共喰い

共喰い 田中慎弥

独特な感じの文章。 それが不思議な世界を構築する。 【共喰い】も良かったけど【第三紀層の魚】も子供の心理がリアルで、とても良かった。 他に無い読み物でファンになりました。

677b77aa 303b 48de b84f edfc5840fbd65db91d57 ea73 4322 a64f cce7542208c6Ddf01909 15e6 4b9a 97a7 21e23fc58f1e88eef93e a686 436e a004 0e3648fcbe22F5832510 ecec 4db7 979b 603ed8731c120b1940e1 27ce 42fd 90a1 3038f130f6d7Ee0afcc0 4d0a 4ebf 966d 9cd1e480d48a 15
タルト・タタンの夢

タルト・タタンの夢 近藤史恵

近所に欲しい、そんな類のお店。事件というには小さな、それでも人生にはこういう謎?が多いもの。それをシェフが解く、というよりほぐすに近いか?食べ物の連作短編集が好きなので手にしたが、滋味深い一品が何とも嬉しい読後感である。続きもあるそうな。

Icon user placeholderEe494f5e 3fb2 4a42 a84d 019463e66a09Icon user placeholderIcon user placeholder67e5c65e ab6a 44ca ba02 89653d9b008bIcon user placeholderA92df626 74c8 4dec b405 323b6d08955f 37
午後の恐竜

午後の恐竜 星新一

タイトルの午後の恐竜がすごく好みだった。読んで欲しい。

7b401418 5669 4657 b744 aeedef1eaea4000f7f04 309c 4d70 b17e a6dba3d145d8A892bcbe a4c4 4393 9c9b f86434c3df1137cfbb8a 5f84 433b ac05 d34858202f78Icon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder 13
次のページ