新着

知識を操る超読書術

知識を操る超読書術 メンタリストDaiGo

この本を読めば「読書」が好きになれる。 というか、「読書」がなんなのかを考えられる。 「良書はインプット用、悪書はアウトプット用」というのはすごく好きな言語化表現。 この本自体ものすごくスイスイ読める。 どういうトリックなのだろう? 2020/09/28

B46bc3c4 6279 4489 9c62 8eb16ad583bbC28db777 ca68 439b 947f e02377ea337396977a0d 62d9 4140 94c7 f1f8cc728dc2F4ca47e6 4be3 4a65 934a 9aa505560dabQwswxusc normalCbf5359e 4a74 476c 92ff 8fd73b3a9988Db52ba9a 066c 4a52 8892 46b2d7f370d5 19
潮首岬に郭公の鳴く

潮首岬に郭公の鳴く 平石貴樹

論理、完全にロジックです 論理好きにしか勧められません 殺人事件が起きているのに 発表を淡々と聞くような 感情というものが一切排除された そんな進み方です 個人的には 全登場人物の倫理道徳観が昭和 捜査進捗が長く地味で、読み続けるのに根気がいる 警察の無能ぶりがありえない 聞き慣れない北海道弁が理解できず手が止まる 俳句の引用が小説に活かしきれてない 最後まで読んで良かったとは思いましたが 私には合わないです ただ、文体と舞台に寂寥感があり 不思議な読後感もあります 論理好きに感想を聞いてみたいです

文庫 星の子

文庫 星の子 今村夏子

映画化するんですね。 予告見ましたが、頭の中でのイメージそのままで本編見たくなりました。 傍から見れば歪な家族の形だけど、受け入れるちひろ。 この真っ直ぐなちひろ。 真実が分からない部分がいくつか残りますが、現実感がある。全てが綺麗に解決されることなんて、早々無い。 当事者だけにしか分からない世界ってものが、この本には詰まってます。

345a3cfb 0dc3 4591 91a5 dc5380e62d386603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Icon user placeholder76fef2e4 d7c1 41d1 ac40 1ed7fcd21f1a04b6a44d bb28 4174 a0c7 6f2f9ea7318d5f569a92 4174 4b20 a1e3 fbaa16475db7Icon user placeholder 26
オオカミを森へ

オオカミを森へ キャサリン・ランデル

(あらすじ) 100年前のロシア、サンクトペテルブルク。 大帝や貴族たちの間では、『オオカミが幸運を引き寄せる』と信じられていたため、高値で取引され、多数飼われていた。 が、当然野生のオオカミを飼い慣らす事は難しく、ケガ人が出ることもしょっちゅう、かといって悪運を招くのを恐れて殺すことも出来ない。 そこで、問題を起こしたり飽きられたり等して無用になったオオカミは、『オオカミ預かり人』に送られる。 先祖代々受け継がれる『オオカミ預かり人』とは、人が飼うことを放棄したオオカミを保護し、野生に戻すための訓練を施す人たちのこと。 『オオカミ預かり人』の1人である、少女フェオドーラが、オオカミを愛し、信頼し、守るために必死に頑張るお話。 (感想) 一本の映画を観たような充実感。 オオカミは絵本の中や童話では悪者にされがちだが、決してそうではなく愛情深く慎重で賢い動物。 またオオカミを好きになった。

Ac30a01b 5333 4b40 a946 44b2a165d273623a127d 9176 4da1 ba7b f51e0cdb903f
みんなの家出

みんなの家出 藤田のぼる/早川純子

(あらすじ) 親に反発したり、カーッとなって、無計画に家から離れるのが家出? それとも、 家族と心の距離を置き、将来家を出るための自立の準備を日々着々と行うことが家出? 小学4年生のふみは、読書感想文用に借りた本『どっちが家出?』を読み、考え続ける。 もやもやしたその気持ちを吐き出して、スッキリさせるために、その本の著者に手紙を出すことにする。 (感想) 作中の本の著者は、 『子どもには、家出をする権利がある』 『子どもには、家出をする力がある』 『大人だって家出をしたっていい』 と書いている。 自分の居場所を確保するための、生きる力を教えてもらったような清々しい気分です。

オックスフォード物語 : マリアの夏の日

オックスフォード物語 : マリアの夏の日 Avery, Gillian

(あらすじ) イングランド1875年。 早くに両親を亡くしたマリアは、厳しく支配的な大おばの家に住み、規律正しい女子校に入学する。 が、窮屈な環境に耐えきれず、オクスフォード大学寮の寮長をしている大おじを目指して家出をする。 (感想) とにかく現状を打破したい一心で、真剣によく考えてアイデアを捻り出し、勇気を出して行動に移す少女マリアに、尊敬の念が芽生えます。

ハッピーエンドにさよならを

ハッピーエンドにさよならを 歌野晶午

タイトル通りにハッピーエンドはひとつもないが、だからといってアンハッピーエンドなのかというと、すべてがそうではない。 それぞれの短編ごとにオチがついていたり、風刺や皮肉が効いていたりと、読む者を作者の世界に引き込んでいく。 「葉桜の季節に君を想うということ」から入った読者にとって、最後に仕組まれるどんでん返しには、やはりさすがと唸らされる。

9056a1ae eb11 4125 954c 15481ae9ec1071abaace c584 498d 84e5 e132c188cdecE749421d ae14 439a b62a 1f895b073eabD4f645e4 009c 4f5c 8e85 b59f721be82aIcon user placeholder0e27f352 c5d2 4655 aad6 a96c61963620F6dfa475 f015 477a a2a7 177e44d57124 8
「良い質問」をする技術

「良い質問」をする技術 粟津恭一郎

「質問の差」が「人生の差」になる。 質問とは自分が情報を得るためだけではなかった。相手に気づきを与え、思考や行動を引き起こす力となる。 人間は「問い」や「謎」に本能的に惹かれるものである。 2020/09/27

239a838e a03e 4a6e ac21 c22db90a5f22C1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4Be32b7b2 9634 4ece 8e1e 1146cb0027975f052e40 b5a1 4c3b ba61 392ba44cebb9F4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbf1df6722b c5f1 4381 a6ef cad8155f68fdB2e3040f 2db9 4d0b 9b20 7416d6a3f7d4 16
世界からコーヒーがなくなるまえに

世界からコーヒーがなくなるまえに ペトリ・レッパネン/ラリ・サロマー

気候温暖化と目の前の利益の最大化、そして、大量の肥料と殺虫剤を撒く農作物栽培方法によってコーヒーの作地面積は小さくなり価格が高騰。2080年には特別な時しか楽しめない贅沢品になっているか、さもなくば既に絶滅し、思い出の中の嗜好品だろうと予測されているとのこと。コーヒー好きにとって(そうでない人も)由々しき事態について考えさせられる一冊だと思う。

A0aa09f5 02c0 4afe a65d 2bb7bd1c304a243edcd5 c941 484e a844 080fc25a7a05F483711e 1287 4c51 8ce7 ba8a956d108f
横浜イノベーション!

横浜イノベーション! 内田裕子

横浜の生い立ちから今までどのように発展してきたががわかる一冊。確かに横浜が発祥とされるものは多いが、海外から陸揚げされるのが横浜港であるが故に当然のことだったのかもしれない。本書を読み進めていくうちに『過去の栄光』という言葉が頭をよぎった。横浜ファンの一人として潜在的なポテンシャルに期待できればと思う。

夢見る横顔

夢見る横顔 嘉成晴香

(あらすじ) 未婚で働く母のために、家事を行い支えながら暮らす、中学2年生の詩乃。 母は、フルタイムの仕事以外に、副業で、自宅でハンドメイドの帽子(ウェディングハット)をネット売買する。 狭いアパートは、母の作った真っ白い帽子だらけ。商品を守るため、匂いのする食事は作れないし、食べられない。 月に一度の納品日だけが、料理も作れて母とコミュニケーションを取れる日。 (感想) 大変な生活の中でも、友達からの良い刺激も受け、恋もし、自分のやりたい事も見つける詩乃。 置かれた環境を受け入れて、腐る事なくいつでも前向きに物事を捉える詩乃が眩しく見える。

HDR写真 魔法のかけ方レシピ ~撮ったあと生まれ変わる、写真のあたらしい楽しみ方

HDR写真 魔法のかけ方レシピ ~撮ったあと生まれ変わる、写真のあたらしい楽しみ方 石川真弓

⚪︎HDRとは、「ハイダイナミックレンジ合成(High Dynamic Range Image)」の略。 ⚪︎暗い写真と明るい写真を別々に用意して、合成し、いいとこ取りをする ⚪︎ダイナミックレンジとは、カメラのセンサーが感じ取ることが出来る、最も明るい部分と最も暗い部分の範囲 ⚪︎肉眼>カメラセンサー、カメラのダイナミックレンジより、ずっと多くのものが見えている。「白とび」「黒つぶれ」もない ⚪︎iPhoneにはスマートHDRの機能あり  但し、全てオート ⚪︎映えるが、モノによってはCG感が出るか、見たモノを超えてしまう、全く別物になってしまうかもしれない ⚪︎個人的には、撮ったモノを色々編集して保存したいとは思わない(煩わしい)、その時のその場所やモノ、人を思い出すだけでいい。現時点iPhoneのオートのHDRだけで充分か。 加工のやりすぎ→「加工中毒」なる言葉あり ⚪︎写真編集・加工をやろうとは思わないが、「こういうことができる」と分かったことが◎。

看護リフレクション入門

看護リフレクション入門 東めぐみ

自分が経験したことを人に伝える時にどのようにすればきちんと伝える事ができるだろうか?参考になるかもしれないと思ったのが看護の世界では当然のように行われているリフレクション(振り返り、省察)と経験の可視化だった。どの職種でも個人の経験がどのような効果をもたらしているのか定量的にはわからないため、各々が振り返りや省察をし、そして可視化することが必要なことだと思う。業務の可視化ができず、担当替えの引き継ぎに困っている際の解決の糸口となる一冊。

拳闘士の休息

拳闘士の休息 トム・ジョーンズ

物語のために良くしたり悪くしたり削ったり足したりした人間じゃなくて、生き物としての人間そのままを見てる感じがした。たまに生臭くてしんどかったりもしたけど、特別な才能を持ったすごい作家さんなんだろうなと思った。

0a943c0e fdf8 4c9c baf7 8a10dca25c21Icon user placeholder722c0bca 3b87 4156 94ec 10234f3745dd2293e5aa 24ce 4093 bccc d5c73982411d1d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aaC60636bf be22 48e5 a535 a6350f936443B46867b6 d26f 44c3 9ff4 ea2fe9ea6135 11
あやかしの裏通り

あやかしの裏通り ポール・アルテ

おもしろかった! どちらかというと、この人の本は、「日本人作家が書いた海外もの」という雰囲気があります。人物描写が表面のみで人物に好感が持ちにくい…とか、なんだか「その曰くありげな行動は何なんだ?」と読者が突っ込みたくなる箇所があったり…などです。 そのあたりを、読んだ人と語り合いたいですね。 今後は、綾辻行人の作品だと思って読みます。

7735f997 3879 4462 b098 45474928d55dC1243901 d6eb 4606 9351 ea9d9d21c2c4A433c3d7 bfb2 4e0e b771 1cc3c540c94aBb45dc8a 9f14 44d7 8234 a9f64ec199d6Cs5oora5 normal
ラストスタンド 感染領域

ラストスタンド 感染領域 くろきすがや

まばらな伏線と、その回収といった終わり方だった。 前作はハラハラするような感覚があったので、次回に期待? 今度は別の世界がいいな...。

王国

王国 中村文則

一人の娼婦とすべてを操る男 掏摸の兄妹編 人生は自分の行動で決まるのか 既に決められ操られているのか

6769ac77 9def 4f72 b890 551bbd23d057Icon user placeholder8882723f c37f 49b9 88aa 82ac48c10498Icon user placeholder4fd6ba7a ad0c 4e5e a982 4f7eed1de3a28e3dc1fe b2ad 42ea 9adb 907da9f82d9f22461bf2 dedd 4a1a a3b7 eab34b1bc5f1 43
次のページ