文庫

きみの鳥はうたえる

きみの鳥はうたえる 佐藤泰志

佐藤泰志作品は一見、重く暗いと捉えがちであるが(もちろんその側面もあるが)「言い終わらないうちに、左の奴に脇腹を蹴られて、思わずうめき声をあげた。体勢をたてなおそうとすると、もうひとり男の腕が斜めからでてきた。あやうく顔をそらした。こぶしが耳にあたって、切れたように痛んだ。そらした顔に別のこぶしが当たった。よろめいて地面に手をつくと背骨を思い切り蹴られた。続いて、めくらめっぽうに脇腹を蹴りあげられて、腹が熱くなり、胃液がこみあげてきた」素手喧嘩の流儀をわかっているというか実は躍動感あふれるリアルな暴力性が魅力でもあったりする。 8月に映画が公開になったが下記はその感想 「延々と流れるクラブと夜遊びのシーンのように若さと3人の関係はいつまでも続くと思われたが、突然にそして静かにその終わりを迎える。しかし終わりがあるからこそ始まることができるのだ。ハセガワストア、鈍色に光る市電のレール、佐知子の上げた髪。」 良い映画を見た。

7759613b 4b4b 4668 9bdf 28c7ce12026bC0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e7463925dcbe bbbc 4663 a407 b1c0f7ef4113
白い犬とワルツを

白い犬とワルツを テリー・ケイ

コウラはこんなとき俺のそばに坐って本を広げていた。読んでいるふりをしながら、痛がっていはしないかと、俺の顔をそっとうかがっていたものだ。

Icon user placeholderA0500975 1da1 49a2 8a06 c884da5456ef2ca45f9c 2423 40ae 8733 77dde49f47bd246a41a8 167e 4122 836b 828d20ae7c372de1903e 2a7c 4f53 8419 a14eab2ad6315fd0a7ea d0f2 45ee a4e3 7058bfcfafeeFfad8bf2 fa37 4ec0 a2d0 274e903649cf 9
本日は、お日柄もよく

本日は、お日柄もよく 原田マハ

読みながら人生を振り返り、これからの人生に想いを馳せた。 言葉で世界は変えられる。人の心は動かせる。 スピーチライターという仕事を通して、普通のOLだった主人公が人を言葉で勇気づけ、自分自身の人生にも勇気を持てるようになっていく。 何にもない人生なんてあり得ない。 いや、可もなく不可もなく“普通”であることにコンプレックスがあるかもしれない。 それでも悩み、ときに留まり、うじうじしながらもやっぱり人は前を向いて歩いていくんだろうなぁ、 そしてそんなときにどんな言葉を紡ぐのか。 語らなければ伝わらないことがある。 言葉のもつ力を貸りて、自分の人生に重ねて、何度も「うんうんわたしもがんばるぞ」と涙を拭きながら読んだ。

B8c2e030 0301 4465 b70f 9864d0ec55380c9e5b34 e634 45da 8420 13ba465719a480d5593d 19b1 49a9 8089 776340a0d15aD3310f09 5cd9 4d11 b327 55e3f756cd29Icon user placeholder35c5fa07 46a3 4ac8 8671 433e5affda5b33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 226
武士道セブンティーン

武士道セブンティーン 誉田哲也

2018/09/21読了 後輩ができて香織が先輩になってるのがよい。後輩思いだし。 清水くんもまた出てきて面白かった。彼も苦労している。 ラストは切ないけど、次の巻を読むのが楽しみ。

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eIcon user placeholder3230f102 4838 4de8 8ec8 2a4615cf8d4c33d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb37869020539a6e9 70a2 403b 8838 d3791f5468eeIcon user placeholderDff7ae3c 7499 4ddf 9c50 5b333164bce0 20
天空の蜂

天空の蜂 東野圭吾

何の思考も持ち合わせずに物言う事を嫌悪する。 気軽な風刺や憐れみは人を殺す。 投げ掛けた言葉の後始末は、自分でするものでしょう? そう思って沈黙する。

733fb976 460c 4f6d a16f 15f7de97eaacF47d0951 7455 4e86 b9c7 8bcd46ae10b35d15128d ef58 4c74 8c74 e383fa662ca3Df2bb78b c139 417c a9e7 3ae0491d324e47b1a636 c8e3 413e b60b b500b8e3f0433e1121ed 700a 416a 811f 0058fc6c88be6c196f0d b107 480e 8ccc 043dc6e00bf8 53
空色勾玉

空色勾玉 荻原規子

古事記を元にしたファンタジー。 古事記の話は誰もが知っているだろうけど、なぜか漠然と温かみの無い話じゃないか!と、凡人は思っていました。 その神話に「空色勾玉」が形と色を付けてくれて、ポンと渡してくれました。 神様と人間の境界線が緩い時代の素敵なお話です。 姫巫女「狭也」のキャラクターが現代人ぽくて、感情移入しやすかったです。 ファンタジーを愛する方には是非お勧め! 美しいお方、激しい争い、三角関係、片思い、永遠の愛、神秘、ピュア、運命、神様。 全てがギュッと詰まってます。

E60d665d 8e63 47e5 bc6f 9b04dae698ca607f134e fad1 40e8 885b ab9956c45623E33033b8 a96e 40e4 8beb 8087eaaed0a4Icon user placeholder921ace39 5704 46db bb90 a5e7d4ea4a4cF7c576e9 180f 4041 ab2a 70765d8c4cac344d13b7 53ef 45f2 aeea f22c29672455 33
さよなら妖精

さよなら妖精 米澤穂信

ミステリーにして青春小説と言える。パズルのような謎解きと、そしてラスト。太刀洗シリーズに魅せられ手にした本書。期待を越えた仕上がりに感動すら覚えた。

883f2a9c f4ba 4fdd b1d7 26bc64e04093Eae20dc9 4ff6 4b67 96b1 fce2d79b1823242810c2 8f91 46d4 9b1c a8aa10baddaaB63b7a21 ea34 4e7e 87ce 03a9e96bb849D4c06578 5e19 4a84 93eb 1b41497073b91d5586ae 5320 49a4 909a 337ef92532aa51667b5a 3429 4a5d 813e ba6eed68b938 38
武士道シックスティーン

武士道シックスティーン 誉田哲也

2018/09/19読了 剣道全く分からないけど、面白かった! 対照的な2人の剣道がよい。 あと掛け合いもおもしろい。暴力は良くないけど! 章立てが2人を交互に見せてるのが面白かった。 五輪書も読んでみたくなった( ˘ω˘ ) 横浜の話というところも良かった。しかも場所のチョイスが。 2007年ということでドンピシャに刺さる…。 高校の時に読んでいたかったなあ。

D3e4c275 4ddb 4e6d 82d6 df5fe724e79eIcon user placeholderIcon user placeholderIcon user placeholder3230f102 4838 4de8 8ec8 2a4615cf8d4cEae1d91c cd3e 4a68 849b 084ddf1bb9e133d1a7c3 2893 4250 97a7 7eccb3786902 37
友罪

友罪 薬丸岳

手に取るには躊躇いが生じるほど内容は重い…。だけど、筆者の力なんでしょうね。頁をめくる度にその世界に入っていき、登場人物達をリアルに感じることができる。 一つだけ「ん?」と思ったのは、傷口(損傷部位)撮るのは異常性の現れでは?って記述があって…私、ケータイ保存してあるけど?って。まぁ、自分の怪我だけど(笑)処置室では流石に言い出せなく、軽く後悔してる←だって、そうそう見られるもんじゃない

50e70c11 298b 4473 9b19 76e576d95dd9Icon user placeholder8ba141db 1012 47f1 ae85 f0d69d58b184F1102485 2d7b 4edc b4e8 e8b7f69c48d9Ca7346d1 cd09 445c 85a9 060282f0bd48Ce97f46b 2ccc 4f39 befe c3b9094a0dc870823200 e58a 4519 9542 9ee10d79f58f 45
砂漠

砂漠 伊坂幸太郎

清々しい青春小説。大学生活って一瞬だ。そんな一瞬をこんな素晴らしい仲間と過ごせたら最高だろう。 余韻がまた心地よい。 あの頃の友人は今何をしているのだろう。

Icon user placeholderC6b45a2e 33ea 4545 89ad 965500c3d563Icon user placeholder007b2062 83bd 431b 8702 9dc14032d264Icon user placeholder4c412943 1757 438d ac15 338661518ed9Bed08483 f99a 40de 9dc0 ff0a96a68a4b 184
次のページ