新書

投資家が「お金」よりも大切にしていること

投資家が「お金」よりも大切にしていること 藤野英人

投資、お金、会社、真面目、安定の考え方を変えてくれる本。 日本人の性質を分かりやすく教えてくれる。 ブラック企業を生んでいるのは消費者、貯蓄は死んだお金、孤独を埋めるための消費、その会社は真面目かどうか。 学校でこの本を教科書にしたら、日本は変わる気がする。

6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81cccCb6fee81 97ab 4c85 9b00 6906ef9481a0F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cd98bae72e a574 4d2a b035 328820cca0a8802370bf 36ec 47c8 9ae1 351b440ad83230acae4a 6218 4f12 aace 9f0d875ad40c6ce17271 e83d 44c4 ae56 c7e82c207e36 24
やってはいけないランニング

やってはいけないランニング 鈴木清和

普通のランニング本とは一味違う一冊。自分に合ったフォーム、練習が大事という主張で、大きく3つのタイプに分けてランニングの練習法を解説してくれます。とても良いランニング本だと思います。自己評価90点。

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで 岡本亮輔

「聖なる巡礼者/俗なる巡礼者」という二分法を丁寧に解体し、「宗教が自明のものでなくなった現代世界において、聖なる場所や聖なるものがどのようにして社会の中に姿をあらわすのか」(p.v)考察した1冊。 聖地は以下の4つの類型に分けられる。(a)制度的聖地、(b)共同体的聖地、(c)イベント的聖地、(d)個人的聖地である。 著者は、多様な価値観や世界観がフラットに存在する現代社会を背景に、個人と個人が何かを共有できる可能性をもつものとして、聖地に可能性をみる。 宗教と社会が新しい関係を結ぶ中で、記憶ー場所ー共同体といった概念が今後どうなっていくのか(べきなのか)、考えさせられます。

D70bfac7 b50f 4a31 902b bf858029009c8b59dc2b 2e4c 4f14 9f40 a2f550bfc48a
未来の年表 人口減少日本でこれから起きること

未来の年表 人口減少日本でこれから起きること 河合雅司

これは恐ろしい本。今の日本は少子高齢化社会といわれているけども実際にどうなっているのか、を具体的な数字を元に説明したもの。その事実を踏まえてこれからどうするべきか、の提言もきちんと書かれているところがよい。しかし女性の過半数が50歳以上になるのが2020年と言われたらそれはもう未来ではなくて再来年の話だしオリンピックで浮かれている場合ではないな、という気がする。作者の提言は一言で言うとコンパクトな社会に変革しましょう、ということで確かにそれ以外の選択肢はない気がする。若い世代にも内容を伝えたいということでかなりコンパクトにまとめられており読みやすくてそれも良かった。 読み返したいのでKindleで買いました。

Icon user placeholderB81800bb dff5 4674 8664 9d67deed5bbd2e660f9d 042a 43c9 8a83 ab9221e5f4a4Picture421b7531 6270 43bb 98c1 c6004cdc45c87bd7133f b54d 4025 8ba0 f3c0c50f2b3eBe90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a1 76
寂しさの力

寂しさの力 中森明夫

芸能界や各業種で成功している人は寂しさをバネにしている と言うことを具体的に説明している 引き込まれて一気読みしてしまった 母の為に必死で書いた本だからかとても読みやすかったです

A3b121bd 6a81 4ff1 b277 28707d9fdb065efbc12e e565 4bbf ad47 52662f6c5b5f89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0e402ef02f 62ef 4324 af17 52f675c5368fA1303786 5caa 48f9 8dbb ccb0c69fabb9Ba6f3735 afec 45f6 b78e 96c6b0ae0c6641c99d01 a47b 4885 bf48 5bcbf83debe2 8
すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論

すべての教育は「洗脳」である 21世紀の脱・学校論 堀江貴文

もっと柔軟に考えて、行動していかなきゃ!!と焦りを感じる内容だった。 子育てをするときにも自分の成功体験を押し付けないように気をつけよう。 〜要約抜粋 サッカーが好きな子には思いっきりサッカーをさせればいい。プロのサッカー選手になれる可能性が低いから進学校に行かせる、という考えは思考停止している。サッカーに関わる仕事は無限にある。

Icon user placeholder2ac06068 6e11 4f1b bfe1 9bcfd18b6f0f7170d921 f67d 4cde a69e a1139f55f9feC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb46Icon user placeholder5f92758c 5a27 4366 bb72 bdfc67f0662f4a8519d0 fe16 472b a13c 945e37858a40 50
外国語上達法

外国語上達法 千野栄一

うちの教授の指定図書。 指定図書は全部読む勢いで読めと言われたので早速一冊呼んでみた。 シンプルに、読みやすいし面白い。 千野先生の語り口が軽妙で、ご本人のエピソードも織り交ぜられているので、まるで目の前でお話されてるかのような錯覚に陥った。 本当に頭のいい人は難しいことも本当に軽々と書いてしまう。 30年近く前の書籍ではあるが、現代でも十分通用する指南書だな、と感じた。 語学習得に苦手意識を抱いている人にこそ、ぜひ読んでもらいたい。

661b2f09 abf3 4a0a 83b9 1f972e0aac5dAf663ff4 7637 486d 92ce ba17b87157184e3ae819 a6c6 4978 9759 fcf4035717d6Icon user placeholderEcc9c7f3 65a4 449d 977a 76162a9b4794Be90100b 5690 4385 a6cd b5ce4757d9a156a03690 63b8 4975 853f fac13092849b 10
教養としての聖書

教養としての聖書 橋爪大三郎

旧約、新約それぞれから3つずつ解説をしていく講義をもとにした本。 聖書そのものを読んでから読む方がいいのかもしれないが、読んでなくてもこんなことが書かれているのか、ということを知るキッカケ、読み始めるキッカケ、としても良いと思う。 ぜひ、そのあとは、聖書を、はじめから順々にでなくても、好きなところからでかまわないので、読んでみることをお勧めします。

9886eb0d 0656 4452 84b3 c8168afdb00c6fc04b4b a740 4783 bf2a e249d1b2b6bdBdda8cb0 e275 4b1a 8897 f91ed8e5e311Icon user placeholder6cb5df69 ceea 4233 aaae 413922b5218c75dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab18c180de7 b117 4c6e b01f b88b628c421d 11
次のページ