新書

新版 うつ病をなおす

新版 うつ病をなおす 野村総一郎

うつ病の体系本。分かりやすいんだけど、どうしても新書は患者実例が薄くなって、病に対する深い部分での納得や理解がしづらくなる。うつ病患者の心情(特に初期)を深掘りした小説があれば教えてください!

5b6e947e 300d 4207 80b8 d2f07e579aa3920e4bda bbbf 4954 bccc b3d1529f62ea4d9421b7 30ff 445c afdf 7120ac33f6dcAeb0149f 2241 4034 8ca1 ca68432bd9a8D81b3ea6 da9a 46a7 a154 b3cccb67b4caB32c5f49 cbe0 40c0 b191 a7bcb64a3eae
日蓮 その生涯と思想

日蓮 その生涯と思想 久保田正文

P97 これは安国が目的で、その手段として立正すなわち正法を立てるということをするのではなく、人々の心の中に正法が立ち、人々がこれによって行動するようになれば、その必然の結果として、国中安穏にして天下泰平であろうというのである。

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで

聖地巡礼 - 世界遺産からアニメの舞台まで 岡本亮輔

P83 現代の巡礼者は、旅立つ前に映画・小説・巡礼記・ネットなどを通じて、自分自身の「あるべき巡礼」「あるべき他者との交流体験」を思い描いているのではないか。そして、それに合致するような体験を積極的に探し、強調しているように思われる。

わかりやすく技術

わかりやすく技術 池上彰

リードをつける、地図を描く、図解 見出しを考えてから再び原稿を直す 大変なんですという隠れワード また読み直そ。

E7b02377 24b8 4102 a5af b06d832915479f99e6ba 62f0 4777 9c98 abb3497924ec70d81d96 50de 4c84 8dc8 ccbe1a698e5d
大放言

大放言 百田尚樹

160125読了。 人が評価されるということ➡︎その人が普段何をどう言い、どう行動しているかということ。 自分自身が自分のことを最もわかっていない場合が多々ある。他人の目は大凡ただしい。

6f010d11 5165 461f aef4 862b15e17f707116c435 90fa 4d0d bd69 a2a488cb04e95cbcd84a 868c 44f7 8a6e b15698abb7187d9f429e 1f0b 4fe6 b81b b70a0cfa60bf
生命知としての場の論理―柳生新陰流に見る共創の理

生命知としての場の論理―柳生新陰流に見る共創の理 清水博

生命の進化と柳生新陰流。必殺の太刀ではなく、相手との即興劇の中でこちらが勝つために相手を動かす活人剣。いかなる場面にも対応できるためには場を作りあげる。理解する。相手の鍵穴に自分の鍵を合わせる。相手の動きに合わせてリアルタイムに対応する。いや、一つ先を読む。 1996年の著書であるが、柳生新陰流が今日のAI技術に生かされているのか気になるところ。 下手なSF小説よりエンターテイメント。

Smallpolo normal9182be3b afc8 4b74 8335 7d2cccdf86bd24249490 c6b8 4eef a753 5e6fc02be739
生命保険のカラクリ

生命保険のカラクリ 岩瀬大輔

結婚して妻を持ち、生命保険への加入を検討していた頃の話。 会社には毎日のように様々な大手生命保険会社の生保レディが来て営業に来ていることもあり、話を聞くことにしました。 生保レディの話を聞くと、あれにもこれにも備えておかないと将来が不安に思えて来る。 話を聞いただけでは保険の内容も複雑で良くわからない。 まぁお任せしていれば大丈夫だろうとなっていました。 「では来週までにはサインします」と生命レディに伝えた帰り道、ふと本書を発見。 良く考えずに一千万円近くの買い物をしようとしてた私を助けてくれた本です。 どんな生命保険に入るべきかというよりは、生命保険はどんな仕組みで儲けているのかに重きを置いた本です。 これから生命保険に入ろうと思ってる方ぜひ。

Fe400ef2 da70 43f7 bcf9 524e23af68c495db8e51 2601 4c3e a38c 143244a97677
すべての疲労は脳が原因2 <超実践編>

すべての疲労は脳が原因2 <超実践編> 梶本修身

還暦まで後2年。10年前、5年前の自分を比べてみると、やはり疲れているような気がします。「すべての疲労は脳が原因」ということは実感的に当たっているように思います。最近、良く思う「何となく、やる気が起きない」。これは脳から来る司令が弱くなって来ているというのが実感です。 で、題名に惹かれ本書を購入。理屈よりも実践と思い、「2」を読み始めました。結論を言えば、おススメです。 本書は疲労は交感神経と副交感神経を司る自律神経の消耗と疲弊によって起こると断言します。 「運動に限らず 、デスクワ ーク 、緊張するコミュニケ ーションの場においても 、交感神経が優位になります 。交感神経が優位な状態で休息や睡眠をとらずに 、無理に活動を続けると 、やがて自律神経の中枢 、つまり 、コントロ ールセンタ ーが疲労を起こします 。では 、その自律神経のコントロ ールセンタ ーとは一体どこなのでしょうか 。それは 、脳の中にあります 」。 であるので、疲労回復には交感神経と副交感神経バランスの再構築が必要であり、本書はその効果的な方法を説きます。 著者の梶本修身さんは疲労と睡眠を専門とするお医者さん。二〇〇三年からは産官学連携 「疲労定量化及び抗疲労食薬開発プロジェクト 」統括責任者 で、疲労についての説明は納得のいくものでした。 例えば、疲労回復には鶏肉を食べれば良いとされます。イムダペプチドという成分が有効のようです。「本当か?」という気がしますが、「渡り鳥の研究をしていたある食品メ ーカ ーから 、 1万 ㎞以上も飛べる渡り鳥の体内には 、何らかの疲労回復成分が含まれているのではないか 。調べてみてはどうだろうという提案があったのです 」のようなエピソードを読むと単純な私は納得してしまいます。 本書では食事、睡眠、環境において疲労を予防するコツが記されていて、すぐに始められるのもたくさんあります。私が実践したのは、 1)寝るときは右側を下にして横になって寝ること 「そうすると胃の入り口が上に 、出口が下になるので 、重力に従って胃の内容物が移動しやすくなります 。消化吸収の働きによい影響を与えるため 、自律神経の負担が減り 、疲労の蓄積が避けられるメリットもあります」。 2)寝る前に白湯を飲むこと 「眠る前にホットミルク (温めた牛乳 )を飲むとイライラが収まって落ち着くという説もありますが 、これは牛乳に含まれているカルシウムの効能ではありません 。温かい飲みものが胃腸に入り 、副交感神経が優位になるからです 」。 本書は読みやすい文章で短時間で読めます。現在、知人から借りている「満州国演義」(船戸与一著)全9巻を読んでいますが、その合間に読みました。お疲れの方は是非お読みください。★★★★

Icon user placeholderIcon user placeholder
男と女の理不尽な愉しみ

男と女の理不尽な愉しみ 林真理子

お二人の話が面白いのと分量も少ないので一気に読んだ。林真理子さんが壇蜜さんの話を上手く引き出している。また第二段など出るならば読みたい。

Icon user placeholderIcon user placeholder
隠れ疲労 休んでも取れないグッタリ感の正体

隠れ疲労 休んでも取れないグッタリ感の正体 梶本修身

メモ ・脳の疲れがピークに近い状態になると、脳は半ば強制的に意識をシャットダウンし、本人の意思に関わらず休息に入る。これが『寝落ち』。 ・朝の習慣を整えると、疲れにくくなる ・食後は『牛になったほうがいい』身体の右を下にして横になったほうがいい

F8e80262 ca12 4db5 9c41 3b27c383ccc165849271 36ae 4822 8e11 f99b95e99f71Icon user placeholderE62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f
次のページ