ビジネス

ビジネスの限界はアートで超えろ!

ビジネスの限界はアートで超えろ! 増村岳史

読了。美術は見るも描くも感性の賜物、天賦の才能で成立する、という近代日本教育の誤りは世界の諸国の芸術教育の違いから現れているという話。実践編は少ないながらも模写で見つかる三角形に着目すると描きやすい、というのはなかなかびっくりだった。クレヨンは12色買っても二本三本と増やして使わせましょう。

Icon user placeholder743b9593 b409 4abe b6c1 e420eae4686d19786693 4dd7 4754 bf4f 48a56fd7edd6774e46cf 8ca0 4737 8faa 1bc2305b2958
本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR

本気でゴールを達成したい人とチームのためのOKR 奥田和広

何事も「目的」から入ることの重要性を感じるこの頃。チームビルディング、組織論関連の本が多く出ていることからも、今、組織で働いている人が何に悩み、何に不安を抱いているのか、がよく分かる。 大切なのは、本を読んだ後、何を考え、現状をどう分析し、どう動くのか。 自身の意識を自分自身の意思で変えることはできても 他者の意識を自分自身の意思で変えることはできない。 仕組みの重要性に改めて気づかされた一冊。

新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには?

新宿駅最後の小さなお店ベルク 個人店が生き残るには? 井野朋也(ベルク店長)

個人店が生き残るにはいかにすべきか、本書は激戦区新宿駅で資本の力を入れることなく孤軍奮闘するベルクがいかに生き残ってきたかを綴っている。読みながらワクワクするオペレーションの醍醐味と実践的な利益率表は参考になる。昨今の商業施設に数多く存在するのっぺりしたチェーン店は一定のクオリティーと安心感はあるけどそればかりじゃつまらない。「書店に恋して:リブロ池袋本店とわたし」菊池壮一著晶文社にもあったけど定期借家法は資本の論理としては正解かもしれないが利用者の目線から見ると全く持って相容れない只々消費するだけの存在となってしまう危険性をはらんでいる。

B895e8fe f2e0 4393 b335 c54abfd41f56C0f655d8 2708 4387 8151 aef6b5d7e746656673eb af9a 412b ab81 2d9e2efc9d2d9bcf1d24 14bb 4deb bda4 1a2d15d743f8
センスのいらない経営

センスのいらない経営 福島良典

本書はグノシー創業者の経営にテクロジーをどう活かすのかをまとめた本で、スタートアップを始めようとしてる方に一番響きそうな一冊です。逆に、グノシー流の経営手法は理解できるものの、グノシー社内でのデータ活用術や日々の運営スキームなど内情を知りたい方には不向きな一冊かと思います。 前半では機械学習や情報テクノロジーが発達することで、機械に代替されていく領域は今後益々増えていく、その中で人間に残されている領域は知的労働や合意形成に集約されていくだろう。後半では、テクノロジーを用いた組織のあり方や今後のエンジニア的思考の重要性について書かれています。 数字は嘘をつかない。とにかく数字で見切る、定量的に考える、そのために正しいモデリングをする。そうしたスキルを磨き、できる限り数字で議論するというデータドリブン思考が本書では随所に書かれてあり、グノシー社の経営個性が読み解けます。「間違ったデータに注目して結果を読み違えるのは習慣に過ぎない。」という言葉が特に好きで、ほんとあるある過ぎて自戒。またグノシー社の哲学として成果に結びつくのは実験と失敗の学習の総量とし、チャンレジを奨励し、社内賞など用い結果として企業文化を成熟させていく経営手法は非常に学びがありました。 全体を通して、グノシー社の思考法をある程度理解されている方には、学びは少ないかと思いますが、さくっと読めるボリュームなので、最先端のエンジニアリング組織の視点を覗く上で良い一冊かと思います。

CASE革命 2030年の自動車産業

CASE革命 2030年の自動車産業 中西孝樹

あらためて、自動車産業が100年に一度の大変革期にあること、その内容がよくわかる内容です。 よく、ここまでまとめ上げられるな・・と素直に思います。

D813a3cb 04c0 4bfc 9e55 97d89fdaf4f9A232096a 9751 491d 8e85 267c5dc760a5
Excelピボットテーブル データ集計・分析の「引き出し」が増える本

Excelピボットテーブル データ集計・分析の「引き出し」が増える本 木村幸子

担当配置換えで引き継ぎデータ処理の話が出てきたところで、Accessなくても十分集計できることがわかった。いままでのExcel格闘20年はなんだったんだ??ビジネスデータ処理、結局個人でやらされてる中小の会社の営業さん、セル結合とかやってる場合じゃないですよ。

Icon user placeholder7e68813f 9531 4777 af18 075b4b4f122bIcon user placeholder2702abd2 7390 448c 97f0 e3349a72d541
会話は、とぎれていい

会話は、とぎれていい 加藤綾子

題名のように、会話はとぎれていいって言われると少し楽になる。一つの章自体も短めで読みやすい。タモリさんやマツコ・デラックスさん等の話が書かれていたりするので裏話的な視点でも面白い。

実験思考

実験思考 光本勇介

CASHやSTORES.jp生みの親である光本さんの本書。そもそも価格¥390、kindleだと¥0だったり本の値段を読者に委ね定価販売より儲かるか公開実験したり発想から面白いです。 すべてのビジネスは「実験」であり、実験なら失敗しても、それはひとつの「検証結果」なので、むしろ「価値」になる。と述べており、打席に立ち続ける重要性を説いています。その実験を因数分解すると、性善説を信じ利益の最大化を図ること、違和感をスルーしない、思考停止の時代、半歩先など、いくつものキーワードが浮かび上がります。またその思考法を軸に、最終章では「こんな実験をやってみたい」と複数のビジネスアイデアが出てきますが、どれも面白いし、読み終わると著者が話してきたビジネス着眼点の共通項が、サマリーのようにスッと頭に入ってくる読後感の気持ち良さ。 本書、とにかく読みやすく、人柄が文体から読み解け、有名起業家の深い考察力から考える切り口が知れる一冊になっています。この値段で、このセンスに触れることができ満足度が高かったです。おすすめ。

8cadae10 e5fe 4997 bcba 969444a8154fIcon user placeholderCe91adb0 0ccb 47b6 b18f c31d78e5b00bD5061594 40e8 4e46 859c 9c57e2e0b35e4222be95 10ec 4dbe b725 1349d8aceb4b
論点思考

論点思考 内田和成

あとがきにも書いてあったが、仮説思考は問題解決、論点思考は問題発見の思考法でロジカルな指導をするための参考にしたい。

A174cd4c 0806 4668 8940 992e2d13b877F4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbfEed2419f 2b1b 46e7 a20a 7a322cb7e9dcIcon user placeholderF64adade 26bd 472c ac66 0aa7661a28f02217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c15807308 83f2 4ab3 aaf8 9c984727f5de 20
僕たちはもう帰りたい

僕たちはもう帰りたい さわぐちけいすけ

漫画形式で若手社員からベテラン上司まで多種多様な「帰りたい」が描かれている。 各章毎にコラムがあり、「あぁそうすればいいのか」「これぐらいだったら自分でもできるかも」という気持ちになる。 仕事に対して小さな目標を持って取り組もうと思える。「毎日定時で帰りたい」

次のページ