ビジネス

51uucxtrtcl

たくさんの例とまとめからなってる。機械翻訳のようでで淡々としてるが、量の割にすっと読める。チームで働く大切さ、チーミングという行為に焦点を当てている。トップダウンではなく、あらゆる境界をまたぎ仕事をしていく現代的なやり方が、まとめられるほど当たり前であることを再認識した。

6f26cf51 a7b8 4d6d 9dd6 6f9cafa7fb1a89e302dc 61e2 4acf b97e bf2a8c22fa0eFebeb070 c2d9 4cc0 9fa4 7cf87da3b3ac2d0bcb9a 404d 4bfd 80e1 c0018c7fc7ff
51fwgsdu%2bnl

睡眠Howto本。睡眠に困っているならまずこれに沿って一つずつ実践していくのがいいかも。内容としては、全体的に筋もある程度通っていて良い内容だった。

15c05a4e 8805 40d5 a9b4 2481c644f2fa27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f5C4cf15ad cbc0 413d 94bc d34e9ff51ce9E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7f3a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f43A4c7c3c4 ba16 4d0a ad4e a687a2af724f866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4 19
51r6mkhzejl

ホントに基礎です。特にスポーツビジネスを専攻しているわけではないですが、ほとんど一般常識レベルです。 でもコラムが面白いです

51rhawajpxl

何より読みやかったです。ボリュームありますけど、気づいたら二巻行ってます。 後、アップル製品ほしくなりますね

27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f568fd0e0b 174f 4ea3 82e7 8968004e0464E84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a75E10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb8244f4b97 4e82 4e13 99c0 a89e48252464581aa174 8276 4f0a a2ae 001b98052e859fb85e53 2fce 4eb0 9794 a044d43a50bb 8
51h7%2biqqvel

スポーツの国際組織で働くには競技歴、学歴は絶対的なものでないことがわかった。一方世界トップの大学院に行くことはほぼ最低条件であるため、学生の内は少なくともGPAの維持と語学力は身につけるべきだと思います。

51nkdwbysql

ネット黎明期から現在まで、「IT小作農」として活動してきた著者の記録。ネットニュースの現場が垣間見られて面白い! ネット人脈の広がり方も興味深いところですが、著作をキッカケに敵対してしまった方々との和解はちょっと肩すかしを食らった気分になります。朝4時まで飲みながら仲間認定されていくようで…。 ネットでお仕事したいと考えている人にはオススメ。

51nrrcoctql

図書館にありました。30分程度でフロー。実は「結果を出している人のノート術」というわけではないんだよね。なので自分に合うかどうかでチョイスするしかない。例えば「安価なノートだといくらでも書ける」という人もいれば「高級ノートでテンション上がって書ける」という人もいるように。タスクの大事なものはGoogleカレンダーやExcelと連動するクセつけたいですわー。

14d36fc1 921d 45bf b89e ca3ad9d4e061Ad228ae1 9d47 4d0b 9b0b b9896aacfca92e5dc871 06cd 477d a58b 269c9a235209902529ec fd5b 4d87 a8d6 84ae7a22f7e3712a6dde 0281 4cff 8610 2b01636254b36eef2349 00df 4cc3 bf03 72b9edd11ac1
51qdrj06xrl

いい本です。広告、広報担当者は必読。 メディア戦略を考えるときには手段ではなく、目的・インサイト・体験を考えなくてはならない。

E62f0c3c f8ba 47a7 a44e a1b165318b7fEa4c9baa 908e 404f 8144 70c6f019ae20C04ec274 d51d 4585 95ad 53e29d1fbc0d0731509b 1626 4bd2 a788 59dbc54a3cba
51kh5fowrgl

2006年、今から10年も前に、機械に仕事は代替されると説いていた。 人間だからできること、6つのポイント(デザイン、物語、調和、共感、遊び、生きがい)を磨くことが大事。個人的には常にユーモアを発揮していきたい。

60c975e3 584e 4464 8fda cb46a3cda45dC9740941 08fc 4240 84de 4d2945692e74D790da81 b81c 47c2 b2b8 3363ed255de5B2380b4a 127d 4f09 abad 8522096599b75c1a005e fed2 49ba 9c5e a0686e3da3f32e4e4985 0349 407e ad9e 458f7734305bPicture 9
51q9ydi6ptl

この人の本が好きなのは、この人が本を好きだからなのかもね

5a20e99d e9ce 46ec b737 1a6afce281b2B7c07a55 361d 4690 b7f4 b95d617328d535540627 6853 4b39 b8cf 561b2074b924Icon user placeholder79bdf11b 9b08 4820 bda5 cc662a7d484b1b6fd883 d28d 4fe4 b39b 3874aac85119469dc581 d1f4 41c6 8dea eb5ff9a64ae3 14
51lt71bfs2l

人を動かすプレゼンテーションにはしっかりしたストーリー作りが必要、というのは数多の類書で述べられていますが、この本のウリは、ストーリーを引き立てる図表の作り方とデータの扱い方です。 簡単に取り入れられそうなアイデアがたくさん載っていますが、いざ実践しようとすると、かなり頭を使わないといけません。ただ真似ただけでは、地味で味気ないプレゼンになっちゃう。逆説的ですが、プレゼンで一番大事なのはストーリーなんだなということを実感しました。

66f17c7f 0733 4bab b7ae 16ca078d5eb4Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064ccC38a491e 6396 4375 a09e ec086dbcdb469698a22b ae92 4fe6 a378 f70a92d4859e40da6799 ece1 4b93 961c 03374f289ff0Dc63dd8e 427b 4abb 98ca b52941f37789866f24ab a98d 4cbc 9881 c512fc7ca5b4 33
51svtjfztpl

i phone登場の章がピークです。熱いです

27dd1aaf 4baf 48e0 9f98 4797ae8947f568fd0e0b 174f 4ea3 82e7 8968004e0464E84971bf 3031 4171 85f9 e46a3b515a75E10011be ab46 4be8 a3bf 3f715462ecb89fb85e53 2fce 4eb0 9794 a044d43a50bb
51gvs6h%2bk1l

汎用AIが完成すれば、生産はすべてAIがやって人間は必要なくなるので、限界費用逓減の法則が成り立たなくなり、生産量が無限に拡大する社会になる、という論が興味深かったです。

E04e893f 60f8 43aa 8b9e 51713e6d3fe0Aaa44b68 d736 48b4 bc15 f33cf39d36cdA1929880 87dc 4b28 8771 9e0441fc6c273a54a5ce 6490 4a67 9561 6cb5bc450f430857be53 5037 4f47 8418 6ec0d377595c
51q tkspgol

図書館返却日前、読み切ったよ。行動「経済」学の書籍だが、けんかの仲裁に「どちらの側がどの行動をとったのか明かさない」目隠し条件を根気よく続けることが助けになるかもしれない、という話は今の世界に必要なソリューションではないでしょうかね。

51jrzdxqlsl

新しい福祉の形?ではなく、新しい食堂の運営方法で、それに対するハウツー本というかなんと言うか。 子ども食堂の次はこれかな?と勝手に思っていたのだが、読んでみて間違っていた。 純粋に小さい食堂で、結果的に貧困者であたったり、様々な方を適量な量でさり気なく地域を支え、時には支えてもらってるんだなと。

A903902a b2d5 4ad8 aa49 01641034b8324ee75187 3bfd 4650 9e8e d8b1fd1da9097cf89040 903d 4577 9f5d 18ed1a8c7fa57d2626ba 2296 4f4d b565 b8a106ecc4b934ae4be5 b1b6 4f64 83a1 30de4e71cb60Daf6073a 6c66 4126 bc03 676433aab319Fbfa30dd e745 4005 ba38 1017ef14bd40 8
41mlleukvtl

同じ性別でも年代別で好みの色とかカタチとかのちょっと一工夫のデザインでこうも心理的なデータが違ってくるのかと感心する、データ分析づくしの本で面白かった。

41jccfuj9pl

自分の手元に入ってきたお金の動きは、自分の生き方そのもの。 継続して稼いでいる社長は「美しい財布を使っている」 財布には、その人のお金に対する態度を変えさせる力がある。 お金を大事に扱う人は、人も大事に扱い、情報やモノも大事に扱います。 ポイントカードに踊らされないこと。お金の使い方を自分でコントロールする。 「すみません、古いお札で」という。お金に好かれる人たちは、常に他人のことも気を使っている。 お金にも「いってらっしゃい」「おかえりなさい」をいう。お金付き合いと人付き合いは一緒だ。 税金は気持ちよく払うということ。利益は努力や苦労の結果得たものですが、社会があるからこそ生まれたことを忘れない。 買い物で損をしないためには、買った価格の7割で売れるモノ。 お金に好かれる人ほど、そういった身なりや外見をきちんと見る。外見の変化に気づけるからこそ、普段から周囲の人の心の機微を理解できる。 お金持ちで幸せな人のお話を聞き、自分で実践できそうなものはマネていく。

41uvbro81il

2017/06/14 読了 「なぜ」と問いかけ、問題点を明らかにし、それを解決していく。などなど、引っかかるポイントはいくつかある。 結局、勉強を楽しめるようになることが必要。

Ad228ae1 9d47 4d0b 9b0b b9896aacfca9A655de1b b796 49d8 b2ee dd34acb24dc939604701 26a0 44a1 a64f e4f6ef2ee442B531c9bb 2ecf 4088 ae24 8931bb4201c5A7c28a86 8f38 4505 a5b1 0290d15f3b57705a3186 26f6 4491 b78f 518c621045c5272492b6 d6db 4ed6 aa02 37ab6d2d62aa 9
51m d6a2cfl

モノ⇔人 ⇔この部分を行動と定義し、そのデザインこそがいま要請されるマーケティングなのである!という本。 モノを安くする・増やす・軽くする、のではなく、手に取る仕組み(行動)、考えて(デザインして)いきませんか?ということでござる。 んー!ごもっとも!

39604701 26a0 44a1 a64f e4f6ef2ee442Aa26433a ad66 4799 ae27 ac58304064ccB0107b7a f449 4a64 a939 34a41ef6c632
次のページ