ビジネス

採用基準

採用基準 伊賀泰代

リーダーシップについて、著者が在籍していたマッキンゼーの体験を元に語られている。 人事や社員教育、研修などに関わってなくても読んで欲しい。 リーダーという肩書きは、集団の中で1人いたら良いのかもしれない。 でも「リーダーシップは全員が持つべき」という考え方には納得。 さらに「マッキンゼーなら、私がリーダーならこうする」という言い方が普通である文化。 こう言った部分は、外資やグローバル化に関係なく、取り入れていきたい。 タイトルで損をしている本の様に思う。 けど、賢い作者なので、このタイトルにも何かマーケティング的な知略があるのかもしれない。

66514ac8 9f5d 49d0 819d e8978ce3832dIcon user placeholderE1fbbdac b3c9 4e6a 9f42 ff2bbcb68876Icon user placeholderCb9755f4 5d35 4752 a38c 2a2627674f72Akiaivjyeuyp25rambwaIcon user placeholder 47
人望が集まる人の考え方

人望が集まる人の考え方 レス・ギブリン

★★★★★ 自尊心を満たす。毎日これを考えて生きようと強く思う。明日から実行あるのみ。 恐らく自分の尊大な自尊心とプライドから相手の自尊心を傷つけ、自分を築いてきた。その行いが1番無駄な事がようやく理解出来た。

5681e11b 594b 45b9 903a f89e7063e251Bd8068de 7d23 4c66 bfa4 ba57767db09b022f1e16 8c71 40d6 a9f3 2362b2a2b1c8Dcc15505 1ec5 4fe6 beff 96b73e1bc6b7D9806298 18c8 4c32 854b c66d14090aa1
極度集中 世界500万人が支持する最強の自己啓発入門

極度集中 世界500万人が支持する最強の自己啓発入門 ブライアン・トレーシー

kindleで読んだ。すごく為になったけど、他の本と同時に少しずつ読んでいたせいかイマイチ頭に入った感が無いので紙でもう一回読みます…。 どうでもいいけど表紙スタイリッシュでカッコいいのに、挿絵のゆるゆる感が…(いや分かりやすいんだけど)個人的にはもうちょっとシュッとした絵が良かった笑

4e1c3589 2eb0 464c bd94 6d3a5133c1cc2217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c0bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd17561
「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす!

「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす! 池田千恵

昔一度読んだのですが、また改めて読んでみると色々実践出来そうなことが盛りだくさんで本ってその時の自分によって受け取り方が全然違うな〜と実感しました。作者の経歴に同性として、ん?と思ってしまう部分もありますが、逆に言うとありのままのを隠さずに書いていて、そこから朝4時起きでうまく行くように自分で頑張ったんだな、とも受け取れます。早起きしたい方にオススメ。

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい

無印良品は、仕組みが9割 仕事はシンプルにやりなさい 松井忠三

企業の成長には、マニュアルによる人材の早期育成が大事なのか、教える・教わるという人間関係の醸造が大事なのか、この二つの価値観が大きくぶつかると思う。 どちらか一方のみを重視し過ぎると、また別の時代の変化に崩れてしまうと思う。 マニュアルを成長させていく仕組みは今の時代に合うと思う一方で、更に10年後無印良品がどんな姿になるのかによって本当の評価が出来ると思う。

6b31f307 af95 4f03 bb36 9a3dc3d81ccc5f2cc981 6491 4f27 9a38 0469c789c8b8Fa0daa59 bc4e 4413 9c03 ca7e0ba877642217ec47 cf62 46d7 9a1b 8be5c7340c0c2ccaa2f4 f2d4 4b20 be5b b26502efa76bIcon user placeholder9c8fb263 ada0 460c ab02 e8ce70259afd 36
FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 ハンス・ロスリング

「ファクトフルネス」とは著者ハンス・ロスリングの造語で「事実とデータに基づいて世界を正しく捉えようとする態度」のこと。彼が作った13問の3択問題、通称チンパンジークイズはダボス会議参加者などのどんな優秀な人たちに解かせても母集団の正答率は滅多なことがなければチンパンジーがランダムに選んだ回答(33.3%)を越えられない。 人は様々な本能に縛られていて世界を悲観的あるいは劇的に捉えてしまっている。そして、それはネット上で糾弾されがちなメディアやプロパガンダのせいではない。自分自身の無理解やドラマチックな世界の見方から来ている。 この個人における「不都合な真実」を目を逸らさず受け入れることが、著者の遺作となった本書で訴えたかったことであり、ビル・ゲイツが本書を全米の大卒希望者全員にこの本を配ることを決めた理由なのだと思う。 世界を今より高精細な解像度で見つめ直すきっかけになる一冊。

45122d4d 760d 4ee8 8f3b 9f2de9a84a6c028d77ed a285 4e4c bec1 758e36993306Icon user placeholderIcon user placeholder648a6c74 06dc 445d 8e27 cea5c74c312aIcon user placeholder95f2f8d6 b287 42fe 82b8 83d6fae8d5ca 32
世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」

世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 山口周

★★★★☆美意識を鍛えた方が仕組みを現実的に変更する力を得ること、さらに個人の自己実現が増加するビジネス環境において、世界がワクワクするビジョンをプロダクトやサービスのキラーコンピテンシーに出来る事が良くわかった。 美意識の鍛え方ももう少し論じて欲しかった。そのため一点減点。 とにかく幅広い読書をしようと思った。

Icon user placeholderDa3b1879 4d03 4418 b1a0 b96928ed83e1667bfa82 5337 4a3d 888c f3ecd403dd6d0fd5fa12 f0a5 41ae accb 7eb20b229fb10bf64941 7f34 4cc5 bb39 922fcdd175617ecd3867 4232 4a75 8738 cbe1e11b727c7996973f 240d 4bae 8c3e d55d0bbb8490 64
ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現 フレデリック・ラルー

これまでの組織モデルの変化と新しい組織モデルについて。進化型という新しいモデルについても、合わない人がいる、という事を書いているのが良い。 ただ、この進化型の組織の例だと、役割が変化していったり曖昧になったりするように見えるので、専門職として技術を伸ばしてキャリアを積みたい場合、そこが障害になったりはしないのかという疑問がわいてくる。 合う人と合わない人の勤続年数のギャップが大きそう。こればかりは経験してみないとわからないな。

86282199 9512 4e78 9383 9c8045c6c51878c5345e d02a 4ad4 899e 40f89c28aaed7e9d2c76 6e89 4427 afdd ff5ad1f84dfbIcon user placeholder6279c3dc c4e6 441c 886d a8c1c7d5204a5d73eff4 0256 4f77 9928 429d911b6f53723bd9f2 aec1 4e77 b275 589055bf3624 65
こうすれば必ず人は動く

こうすれば必ず人は動く デール・カーネギー

この本100回読んで実践すれば人間関係においては大抵上手くいくと思う。ひいては人生も上手くいくよ。私もあと5回は読むつもり。オーディオブックでも買った。いっそのことこれを学校の教材にすれば良いよ。デール・カーネギーの偉大さを知って今は「道は開ける」を読んでます。

F5acdf0a 9d26 4489 be07 ea75c418152f9e5180a4 069c 49d9 a9d0 b81bd71d0ffaIcon user placeholder6603f993 76fc 4a32 b727 770c596558d1Icon user placeholderEbb96471 43e1 4f35 9c81 1840af3c3422Icon user placeholder 15
努力が勝手に続いてしまう。---偏差値30からケンブリッジに受かった「ラクすぎる」努力術

努力が勝手に続いてしまう。---偏差値30からケンブリッジに受かった「ラクすぎる」努力術 塚本亮

初めは読んでいてぐいぐい引っ張っられる感じでしたが、中盤あたりは割と他の自己啓発書やビジネス本にも載ってるかな、という内容がチラホラ。同じように英語に関して留学や資格などを目指す人にはやる気を出す意味でも、とても参考になると思います。もちろん参考になる点もいくつかあったので、実践してみようと思いました。

95334630 3abc 43ca 90c3 8007922b1193Bc482d25 4e64 476f 975e 4e550ae3be15
多動力

多動力 堀江貴文

kindleで読みました。文体が全体的に読みやすかったです。自分語りに自慢めいた所が多く、鼻につく方もいるかもですが…。確かになぁ、と納得させられる部分と、それは自分には真似出来ないわーと引き気味になる部分があり参考にできる事だけ覚えとこって感じでした。

1792bb40 369e 4f51 ae31 3725280c42c2102baf44 fde8 402a a417 d72e9c1d729bBe661945 743c 49a5 9137 1888f25b7c4aEe0f4619 0f4b 4035 96aa 44537c5295d5B1fd3374 5115 4fbb a3d4 f51e3acf276750000362 fe6e 460b a08a e06ba07d19a4Dc8fee7b 2e04 4d2f 98cd 8c51f65eba46 159
センスは知識からはじまる

センスは知識からはじまる 水野学

しばらくしたら読み直したい センスの最大の敵は思い込み 客観情報を集めることが大事 センスがない人は情報を集めていない 効率よく知識を増やすコツ ・王道からとく ・今の流行をしる 感覚的には禁句 精度の時代 デザインは細部に宿る

F4c1fa3c 6885 451c 8caf f2d7c5982bbfIcon user placeholderD2e3f5a7 ca3d 4fbc a529 fb7802d27c86B51ed931 1fb9 4e78 8f63 eeb4b4fa47e2Icon user placeholderFe789b40 eba6 44e1 a6b8 90882761e35e08fc9c77 cadb 45b0 ad62 b2ef52f84320 144
次のページ