社会

さいごの色街 飛田

さいごの色街 飛田 井上理津子

確かに日本ではもはやここだけ、と思われる特殊な街を描いた作品。特段風俗好きというわけでも無いのだが性風俗ものには何か心惹かれるので手にとってみた。本業は旅行が専門の女性ライターがたまたま宴会で訪れた飛田に興味を持ち12年かけて取材したものらしい。昔からの色街で古い形態のまま商売してるのは確かにもう飛田くらいなのかも知れない。作者のスタンスがこの特殊な街のことを世間に知らしめたいというだけで変に悲惨さを強調したりせず事実を淡々と述べているところが良い。アポなしでヤクザの組事務所にまで取材をかける根性にも驚かされた。読んでて気持ちのいい話では無いが変な偏りがないので読めたのだと思う。興味深い街だし面白いと思ったがおそらく一生行くことはないだろう。本だけでじゅうぶん。

地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか

地方創生の正体: なぜ地域政策は失敗するのか 山下祐介

151203読了。 「地方創生」において、国や大都市圏が地方(自治体)を守ってくれるなんてあり得ない。自治体にとって必要なことは、自らの頭で考え、行動すること。 まずは、「理論的」に現状と課題をしっかり認識した上で、『地域・ふるさと』を経済大国に代わるもうひとつの「ネーション」の核としてしっかり据えて守っていくことが大切。

杉並区長日記―地方自治の先駆者・新居格

杉並区長日記―地方自治の先駆者・新居格 新居格

1947年に杉並区長を務めた自然体で穏やかなアナキストそして自由人、新居格(にいいたる)。 杉並区を自然豊かな日本一の文化村にしようと尽力した方だ。自分はこの本で彼を初めて知ったが、魅力的で信念を持った人物だと感じた。左傾、モボ・モガなど誰もが知る造語を生み出した人物でもある。幼少期から青年期まで杉並区に住んでいた者として、こういう気風溢れる文化人が首長になったという事実はなんだか少し誇らしい気持ちになった。

老人の取扱説明書

老人の取扱説明書 平松類

最近自分も身近に耳の遠くなった老人がいて、お互いの立場から学べればいいなぁと感じて購入。すごく学べました。

世界一周ホモのたび

世界一周ホモのたび サムソン高橋

著者をご存知の方には当たり前のことかも分かりませんが、タイトルとイラストに反し中身は結構リアルなホモホモしさ全開です。

ルポ 不法移民――アメリカ国境を越えた男たち

ルポ 不法移民――アメリカ国境を越えた男たち 田中研之輔

著者はエスノグラフィーの手法で不法移民の日雇い労働者と共に働く。不法移民労働者の人間臭さと温かさそして生きる現実の厳しさと切なさを地べたからの視点で綴っている。 「条件のいい仕事は、一緒にいる仲間に譲ることもする。俺たちは一人一人で仕事を待っているけど、 仲間で仕事をしている。バルバスが仕事に行ってハッピーになれば、俺はそれが嬉しい。」 自分だけを優先して目の前のことに飛びつかない。フェルナンドは仲間へのおもいやりがある。フェルナンドと一緒にいると、大きくゆったりとした時間の流れを感じることがある。自分が仕事をとりたいという焦りを抱くことが、その時点ですでに今の社会を構成している資本主義のメカニズムに従属する行為であり、自らの中にそのような生き方を再生産をしていくことになる。P46

稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則

稼ぐまちが地方を変える―誰も言わなかった10の鉄則 木下斉

150627読了。 経済の視点からいうと、行政の「補助金」は麻薬のようなもの。中毒になると自立できない。これからは、行政からお金をもらうのではなく、儲けた上で如何に行政に対してお金が払えるか(税金を納められるか)という視点が重要。 縮小社会において「量」を求めるのは無理がある故、重要なのは、「売上」ではなく『利益(率)』。 問題なのは、人口減少そのものではなく、減少することがわかっていながら、それに対応しようとしないこと!

F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113C42c5512 d7b1 4647 be4b a17f175c0a68571941e4 2a7c 42b8 980d 652171f1833fD83b6695 3143 4a9f 9dff 36f8cf4e6fd62a424aa4 a0ed 4638 9c9a da9203ffa4ed75dd2710 dc1f 4b08 a7b9 20e4b8794ab14936812e bdf2 4b26 a801 6ed8e2c459d9 11
LIFE SHIFT

LIFE SHIFT リンダ・グラットン

身近な、引退された皆様から感じた、恐怖に近い感覚、老後の『変化』について、これだ!と思わされた本です。 今はまだ、怖さしか感じていませんが、備えて生き方を変えて、長寿の恩恵を感じたいです。

5a1780f9 adda 4530 969c d2bf5236c9132c0e8e23 d08e 4c6c a8d8 d7064a0452679f533d99 3cb0 4178 a63f 2dd4049c5322F323259c f50a 4e7a b901 7ff05ad808cdAd0b0ef9 7756 4a11 a5ad f5eede4c9571Icon user placeholderD6630da9 772e 49b5 b568 1d687963fbe0 91
持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない pha

自分の生活を心地よくし楽しく暮らすことこそが、社会に対しての一番のレジスタンスなんじゃないかと思う。 正社員として働く。結婚して子どもをつくる。老後に備えて貯金をする。それらはこれまでの社会ではほとんど必ず「すべき」ことだとされていた。でも時代は流れ、それらを実行したからといって、それら「すべき」ことが必ずしも自分を「幸せ」にしないことが少しずつ空気として生まれつつある気がする。 「世の中の空気のようなものを変えるにはどうすればいいかというと、結局、それぞれの人がしっかりと考えながら自分の人生を生きていくしかないのだと思う」 「生きることは世の中を変えることに繋がっている」 家族みたいな古い慣習でも、ビットコインみたいな新しい概念でも、公的サービスでもなんでもかんでも、自分が幸せで生きられるかどうかを基準にして、使っていけばいいというphaさんの柔らかい考え方に、気持ちが解きほぐされる。 phaさんは一見投げやりにも見える表現を使う人だけど、人一倍命みたいなものを慈しんで生きている人なんだと思っている。

57d9fb16 4562 4be2 808a 4eff17e74227Ef861b1a a3b8 4ad3 9303 1426eb76443d7f4b8b04 20e8 47d9 916f 73e91a4f10deB8836f8e 8779 47c5 bc73 eeba65ece6ee805c6a6e d8dc 4d01 9c11 096b293c0681C0d400f3 81e8 40c6 af29 62ed32c2d008A5842465 cd81 4d78 acd9 29b6e11548d3 29
飯場へ: 暮らしと仕事を記録する

飯場へ: 暮らしと仕事を記録する 渡辺拓也

サブタイトルの「暮らしと仕事を記録する」とあるように、著者は実際に飯場で働いた経験をもとに働くことの現場で起きる矛盾とそれに気づくことの大切さを書いている。 「飯場とは、言葉通りにとれば、労働建設者のための作業員寮を指すが、実際には「飯場制度」とでも言うべき、労務手配・労務供給の仕組みである。」 「寄せ場の仕事の中に飯場があるのではなく、飯場制度の下で、労働力調達手段の一つとして寄せ場が活用されてきたとみるのが適切である。」P18 「寄せ場労働者や飯場労働者たちが従事する仕事は一般に「手元」仕事と呼ばれている。手元という言葉のニュアンスにも表れているように、基本的に補助的な役割であり、熟練を要さない「不熟練労働」とされている。」P344 しかしこの不熟練労働は誰でもできるわけではなくその場その場において常に気を利かせることが求められる。 そしてその気を利かせるということが労働現場における矛盾に繋がっていく、 「結果として、労働者は「気を利かせること」を際限なく求められるようになる。なにをどこまでやればよいかというルールを定めるのは使用者であり、しかも、使用者はこのルールをゲームの途中で変えてしまうこともできる。場合によっては使用者自身の中でその日の作業方針が決まっておらず、手探りで作業が進行していることもある。 それだけではない、極端な言い方をすれば、「ルール」は 「あるようでない」のである。労働者は「○○をしろ」という指示がなくても、あらかじめ何かをする準備を整えておかねばならない。漫然と指示を待っている状態は「怠けている」、あるいは「気が利かない」姿勢としてマイナスの評価を受けることになりかねないからだ。」P348 出た!職場にありがちなインチキシステム、更に 「「勤勉」と「怠け」の概念を持ち出すことは、構造的な矛盾から目をそらさせ、矛盾への対処を個々人に背負い込ませる効果を持つ。「勤勉」であろうとすることは権力に追従する主体になることであり、集団の中での「勤勉」と 「怠け」の対立は、この権力を持続的に生み出す装置となっているのである。」P368 と可視化していくことで矛盾を暴いていく。

パリの国連で夢を食う。

パリの国連で夢を食う。 川内有緒

2018/2/11読了 とてつもなく行動力がある人だと思う。こういう生き方が出来たら、人生の意味が全然変わるんだろうな。川内さんの十分の一くらいでも自分に行動力とか決断力があればなーと思わずにいられない。そして、そんなにも行動力も決断力も才能もある人であっても、国連という組織の中では思うようにはなかなか生きられないんだなと思った。組織は大きくなればなるほど、思考停止に陥りやすいんだなー。オフィス内の紙のリサイクルさえ即座に対応できないという国連内部の現実に驚く。

71e6b2db 7e99 449e b476 de55f5908e95Aac560d0 7532 40fc a3f8 21dc0a764269307eef99 fb35 48c8 911f 426e97a738f9A26e4845 1e26 4848 be07 0d7579fc67eb39fe78b1 42a3 400d bfa8 5f21d59a91f34f0c1db2 02ee 4bf4 b103 14eb1cdcd6f07762ca02 cda2 4461 a67f 257023c22ee1 12
戦争と万博

戦争と万博 椹木野衣

前回の東京オリンピックと、大阪の万博とがあった頃の日本。アートは今よりももっともっと自由で面白かったんだなあ。そしてダサいけれどお金と権力を持っている側の大人に翻弄されるアーティストたち。そのダサい提案をのむということは、自分もそこに成り下がるってことなんだけれど、やっぱりアーティストも生きていかないと行けないし、社会の中でうまいことやっていかないと潰されてしまうし、結局悪魔に魂売ってしまったなあと思いながらやるしかない。同じことが次のオリンピックでも起こるのかも。

戦争と平和

戦争と平和 百田尚樹

何となく集団自衛権に反対していたけど、なぜ必要なのか分かりやすく書いていてよかった。 戦争したくないから武力を持たないだけではダメで自分の国を守る力が必要だということが分かった。

Bf0c5949 b450 4f44 8dd8 6236a7a65f26F1cbc8fe 8677 45c1 b00f 1bf7f89ad113D0673300 0bad 4bbb 996a 8ebeb30b179f
暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出

暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出 彩瀬まる

東日本大震災に遭遇した著者のノンフィクションです。この経験を元に「やがて海へと届く」を上梓したのでしょう。 被災地のためになにかできないか、被災していない人たちに何か伝えられないかという事と、放射線への恐怖から自分も被災者を差別しているのではないかという葛藤が伝わってきます。 被災地支援のため、合計3カ月間ほど現地に行きましたが、発災直後の状況は語り継いでいくべきものだと思います。記憶が薄れかけている今だからこそ、多くの人に読んでもらいたい一冊です。

魂をゆさぶる歌に出会う――アメリカ黒人文化のルーツへ

魂をゆさぶる歌に出会う――アメリカ黒人文化のルーツへ ウェルズ恵子

今やロックのルーツと言われているブルース(ブルーズ)、ゴスペル(黒人霊歌)などの黒人文化のお話。奴隷制度時代、また奴隷解放後の時代背景を踏まえながら、当時歌われていた歌や民話を引用して人々がどう生きてきたかを知ることが出来ます。 "黒人が自分たちの文化を捨てなかったから、リズム&ブルーズは世界中の人を踊らせるほどの力をもてた" 色々な人が多様な価値観を持っていますが、皆平和や幸福を願っている事、自分にとっての幸福を改めて考えました。

F217e061 8321 473a bb2f 30bdd9bc1f0d057d2afe 8924 450d bb96 3e12f5f89a9408634c99 3a43 40c1 9ad5 6ba772150f2c2940cc50 8cbe 406d 8e8d 632cb98ce232
藻谷浩介対話集 しなやかな日本列島のつくりかた

藻谷浩介対話集 しなやかな日本列島のつくりかた 藻谷浩介

【始読メモ】2014/09/27(土) 日本中の田舎が、幸か不幸か踊らされていると言っても過言ではない、新書『里山資本主義』(NHK広島)の共同著者のおひとり。 今年の春に発刊された、田舎の経営学をテーマにした対話集。 気になってたけれど、意外と書店にないため、すっかり忘れてた σ(^_^;)。 つい、時差ボケな寝ぼけ眼の勢いで買い込んだ書籍の1冊なり (^_^;)。 … ☆ … ☆ … ☆ … §『しなやかな日本列島のつくりかた - 藻谷浩介 対話集 -』藻谷浩介 (新潮社)1,200円

A2c42132 e90d 4fe1 b5ef 607b02b1326194610050 28a3 4194 bba5 b0de45b4447fD81f9fdd 70ba 48d4 8a9e 43a2b096324030157175 1e5b 4aae 8390 eaefeaad5c02
次のページ